プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

今日も0時過ぎに布団に入りました。
すぐに眠った様ですが、マイクロ波を照射され暑くて起こされると背中も痛くなっていました。
まだ暗かったので防御を変え、暫くすると眠れた様です。

次に起こされると明るくなっていたので起きました。
5時2分、すぐに燃やすごみを出しに出ました。
木曜日と同じ、カラスが大騒ぎでした。

昨日からずっと、背中に加害波を照射し続けているので痛みが取れません。
頭も自分の力では上げる事が出来ず、顎が胸を圧迫しています。

昨夜、火災報知器の防御が落ちてしまいました。
今日、直そうとすると、顔が上を向かないので天井を見る事が出来ませんでした。

ずっと加害を続ける事により、こんな妨害も出来ます。
どうしてもやらなければと、アチコチから挑戦して、上手くは出来ませんでしたが何とか2つは直しました。

8時47分 シンクへ行こうとするとピーポー! すぐに手を洗う癖があ
       り、そこを狙っている様なので止めて別の事をしました。
8時57分 又シンクへ行こうとするとピーポー! 二階へ上がると襖が
       ガタガタと揺れる共振ヘリ様音! 玄関に置いてある人感
       センサーが鳴りました。 これを合図に工事の音立てが始
       まりました。

この人感センサーは、アパートに居た時にベランダでゴソつく音がしていたので置いていた物です。
鳥の鳴き声が凄くなり、センサーが鳥に反応して鳴っているという設定で鳴らし始めました。
雨戸を閉めっぱなしだったので、結局は何の役にも立ちませんでした。

ここへ来てからは、ずっと玄関に置いてありました。

昨日から、加害者が鳴らし始めました。
今日は8時57分に鳴らした後は何回も! センサーの音を合図に使っています。

赤外線で検知している様ですが、玄関の侵入防御は切られていませんでした。
赤外線はドアを透過しない筈ですが、何故鳴るのでしょうか?
加害者が家の中に居る!

他人が家の中に居ないのであれば、遠隔から何らかの方法でセンサーを鳴らしている訳です。
指向性スピーカーを受信機に向けて、同じ音を流す?

私はテクノロジー犯罪の被害者です。

11時頃に工事の車両が近くに止まりました。
ドリル音、モーター音、ガチャン嫌がらせの音立てを15時過ぎまで続けましたが、以後出て行く音は有りません。

いつもウロツキ回っている車が、ポスティングの報復という事で嫌がらせもやっているのでしょう。

この車が止まると加害は更に酷くなります。
今日も首は伸びないまま、肩甲骨、背中全体が痛くなっています。
ピーポーは小さく続けていますが、飛行機様の音はレコーダーに入り難い、低い音で今も立て続けています。


今日のニュース  WIRED より引用

NEWS

2016.09.05 MON 17:00

抗菌石鹸「効果に科学的根拠なし」で販売禁止に:米国

米食品医薬品局(FDA)が、抗菌(薬用)石鹸の販売を禁止することを発表した。抗菌石鹸が普通の石鹸よりも優れているという科学的な証拠はなく、長期的に見れば殺菌成分は有害無益だという。

TEXT BY BETH MOLE
TRANSLATION BY HIROKI SAKAMOTO/GALILEO

ARS TECHNICA (US)

米食品医薬品局(FDA)は9月2日(米国時間)、各種の「抗菌石鹸」の販売を禁止するという声明を発表した。この最終決定に先立ちメーカー側は、こうした石鹸が安全で、普通の石鹸よりも効果的であることを示すことを求められていたが、FDAによると、それが示されることはなかったという。

連邦政府による今回の決定は、薬用ハンドソープなどに広く含まれるトリクロサンやトリクロカルバンなど、19種類の特定化学物質をひとつ以上含む、あらゆるハンドソープや殺菌洗浄料に適用される。各メーカーは1年の猶予を与えられ、自社製品を見直すか、市場からの撤去を求められる。

トリクロサンなどを含む抗菌石鹸はほとんど効果がなく、むしろ消費者にリスクをもたらす恐れがある、という科学者からの指摘は以前から行われてきた(日本語版記事)。例えば、抗生物質耐性菌の強化や日和見病原体の助長、マイクロバイオームの乱れといったリスクがある。

9月2日に公表された最終決定のなかでFDAは、こうした研究結果に同意しているようだ。FDAの医薬品評価研究センター(CDER)でディレクターを務めるジャネット・ウッドコックは声明のなかで、「消費者は、抗菌作用のある洗浄料は細菌の繁殖を防ぐ効果が高いと思うかもしれません。しかしわれわれは、そうした洗浄料が普通の石鹸よりも優れている、という科学的な証拠を得られませんでした」と述べている。「むしろ一部のデータは、長期的に見ると、殺菌成分は有害無益である恐れがあることを示唆しています

FDAは2013年に初めて、トリクロサンの安全性について検討するという考えを示した。そしてメーカー側に対して、製品が無害で、細菌の除去において普通の石鹸より優れていることを示すデータの提出を求めていた。FDAの今回のリリースによると、メーカーはデータの提出を行わなかったか、あるいは提出をしてもデータの説得力は欠けていたという。一方、すでに多くのメーカーが、トリクロサンをはじめとする抗菌成分の使用を徐々に減らし始めている。

アルコールを主成分とするハンドサニタイザーやウェットティッシュなどは今回の決定の対象外であり、こうした製品に対しては現在、FDAがまた別に見直しを行っている。また、医療機関で使われている消毒薬なども規制対象外となっている。

RELATED

身の回りの「殺菌剤」がマイクロバイオームを乱している:研究結果

TAGS #Antimicrobial   #Ars Technica  #FDA   #Soap

引用終わり 下線は私


ノロウィルス等で、私も抗菌作用のある物を買っていましたが、自分が持っている常在菌も殺菌してしまうようです。
なので、長期的に見ると害があるという事なのでしょう。
日本は衛生的で清潔という印象の様ですが、何事も過ぎたるは猶及ばざるが如しのようですね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |