プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

今日も0時過ぎに布団に入りました。
やはり圧迫感か4時過ぎに防御を外すと覚醒させられた感じです。
以後は周辺のゴーゴーという音で眠れず、5時少し前に薄暗い中、起きてしまいました。

首というよりも、右肩胛骨の周辺が痛く、それが腕、首に広がって来ました。

7時36分 侵入防御を作り始めるとピーポー! 貼り終わるとピーポー!
ピーポーも、飛行機音も、ここから立て続けです。

8時56分に家を出ました。
急な坂を下り始めると、後ろでゴソつく音がしました。
振り返るとモバイルを向けて付いて来る若い男!

ピーポーを立て続けていたので、次から次へと付き纏いが出て来ました。
皆、行進の様に手を振りながら歩いています。
杖を突く人が多いのも特徴でした。

治療所にもレギュラーの加害者が待ち伏せていました。
受付を終るとピーポー!
前回大きな音立てをしていた女が入って来ました。

いつもの男が後から来て座り、空咳をする度に次の加害者が入って来ました。
治療をする部屋でも、レギュラーの女に挟み撃ちにされました。
治療所のドアを出ると、杖を持った女が待ち伏せていました。

駅ビルで買い物をしました。
中華の惣菜を買い、他の所を見ていると、惣菜を買った所の店員が二人付き纏って来ました。

駅にもいつもの様に付き纏いが大量動員されていました。

帰り道、変電所の横でガンガン音立て!
なだらかな坂の近くで佐川急便が待ち伏せていました。
坂を上り始めると、工事の音立てで、上から付き纏いが下りて来ました。

玄関に着くと、郵便バイクが駐車場に止まりましたが、バイクの音はしていませんでした。

帰って着替えを始めるとピーポー! ここからピーポーも飛行機も狂ったように立て続けです。
工事の音は止めていました。

お昼を食べ始めるとピーピー、いつもの加害車が近くに止まりました。
食べ終わる頃から具合が悪くなって来ました。
出掛けた物を片付け、お風呂の掃除だけして横になっていました。

夕飯も、悪くなってしまいそうな物だけ食べて横になりました。
階下に下りて歯を磨くと、具合が少し良くなりました。
二階に上がり横になると、道側の壁に加害波の音が何回も入りました。

これで、また気持ちが悪くなりました。
決め手はグ~ッと押し付ける飛行機様の大きな音の低周波加害でした。
これで嘔吐! ポスティングの時と同じ状態になりました。

不思議な事に、水分しか出て来ません。
みぞおち辺りで絞めているので、胃の内容物ではない様です。
少し無理をして、シャワーを浴びると落ち着きました。

朝からピーポー、飛行機、立て続け、付き纏いも大量動員されると、この様な事になります。
いつもの加害車も出て行った様子はありません。
今日も散々な加害をされた一日でした。


今日のニュース 日刊ゲンダイ DIGITAL より引用

被災地が激怒 “おんぶ事件”務台政務官はKY行動の常習犯

2016年9月12日

縺翫s縺カ隴ー蜩。_convert_20160912210433
何をしに被災地に行ったのか(C)日刊ゲンダイ

被災地の人は呆れ返っているだろう。務台俊介内閣府政務官兼復興政務官(60)が今月1日に、台風10号で被害に遭った岩手県岩泉町を視察に訪れた際、長靴を履かず、政府職員におんぶされて水たまりを渡っていた件だ。テレビが報じたそのみっともない姿がネット上にアップされ、非難が殺到している。

 務台氏が政府調査団の団長として訪れたのは、9人が死亡した高齢者のグループホーム「楽ん楽ん」がある地区。水害現場なのだから、あちこちに水たまりがあるのは予測できることで、視察するなら長靴は必須だが、務台氏は履いていなかった。

 避難生活が続く地元からは「一体、何しに来たんだ」「邪魔しに来たのか」との怒りが噴出。与党からも「立場を利用した甘え以外の何物でもない」との批判が出ている。さすがにヤバいと思ったのか、務台氏は10日に「猛省している」と謝罪したが、実はこの男、以前も“問題発言”で物議を醸している。

「待機児童が問題になった時、会合で『“保育園落ちた”という話もあるが、ある程度、東京に行くとコストがかかり不便だ、としない限りダメだ』と言ったんです。問題が深刻化する中、全く空気を読めていない発言で、当時の谷垣幹事長が不快感を表明せざるをえなくなった。東大法学部卒で旧自治省出身。態度がでかく“キング・オブ・官僚”みたいな人物です」(永田町関係者)

 務台氏の“上司”にあたる今村雅弘復興相は、おんぶ事件を聞き「(務台氏に対し)『何をやっているんだ』と叱責した」と語ったが、そんなエラソーにしていられるのか。復興大臣にもかかわらず東電株を保有。JR九州関連企業からも大量献金を受け取っていたことが判明したばかり。まずは自らの説明責任を果たすべきだ。

 こんなコンビで、復興や復旧が進むわけがない。

引用終わり


私だったら、いい歳をしておんぶをされる方が恥ずかしいと思いますが…。
きっと凄く良い革靴を履いていたのかも知れませんね。

以前から、学歴はその人を現すものではないと思っていました。
有名大学を出ても、上記の様な人もいれば、全く学歴など無くても頭の回転が良く、知恵が有り、他人を思いやる事の出来る人も沢山います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |