プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

今日も0時過ぎに布団に入りました。
防御を終るとベランダからカンッというラップ音で、背中の下に震動が来ました。
寝ている場所を変えると窓からピシッという音で、また揺れ始めます。

更に場所を変えると、裏の家の向こうの道をガァガァとローラー車でも走っている様な音が数分間続きました。
この後は、すぐに眠れた様です。

一度息苦しくて起こされ布団を除けて寝ました。
次に起こされると5時20分、明るくなっていたので起きました。

食事を始めるとアチコチからラップ音がして、飲み込み難くされます。
首よりも、右の肩胛骨から腕全体が痛く、浮腫んでいる様な感じもありました。

7時54分  着替えを出しに行く前 ピーポー!
8時50分  侵入防御を終ると ピーポー!
飛行機音も朝早くから大きな音を立てていました。

9時16分 起こされた時間も遅く、休みながら支度をしていたので出掛けるのが遅くなりました。
着替えている時にドアバンッをやっていた車が、玄関へ行くと出て行きました。
付き纏いは広い通りに出てからでしたが、その後は大量に出て来ました。

治療所も待っている患者は少なかったのですが、皆加害者!
祝日なので子供連れの子供が空咳をしていました。
すぐに終わり、買い物をして帰路に着きました。

最寄り駅から街道に出ると雨になりました。
なだらかな階段を上り始めると声立て!
上り切ると前を車が走り、左側の家でドアバンッ!車が出ました。

13時10分頃 食事の後洗い物をしていると、いつもの工事様の車が
          近くに止まりました。 ドアの音もしません。 二階に
          上がるとピーポー! 吐き気攻撃! キンキンという
          音が近隣でしています。
13時37分   歯を磨き終わるとカラス「カーカー」 ピーポー! 夕食
          の後の歯磨きを終った時もピーポー!
14時15分   明日が紙ゴミの日なので段ボールを纏めると、ピーポ
          ー! 二階へ上がり、横になるとウ~を数台で延々と
          鳴らしていました。 明日の合図までしています。

パソコンを始めるとピーポーを立て続け、窓の下で何度もドアバンッ!
吐き気攻撃に効果があると見た様で、朝も昼もやられました。
夕飯は少なめにして、具合を悪くさせられない様にしましたが、鳩尾の辺りがグルグルと鳴り、いつもの様に頭を押されました。


今日のニュース T-SITE より抜粋

足上げリラックスに動画視聴 相次ぐ鉄道運転士の「不祥事」
2016年9月19日 (月) 05:30 配信 しらべぇ

DAJ/Thinkstock

日本の鉄道会社が揺れている。

その原因は、車掌や運転士による相次ぐ不祥事だ。JR系列でも私鉄でも、日本の鉄道会社は運行管理の厳格さに国際的な定評がある。外国人から見れば、日本の電車はまさに時計のような正確さ。

だが、その評価が下方修正されてしまうかもしれない出来事が今年に入り相次いでいる。

■運転士が立ちション!?
JR総武本線の運転士が、電車から線路に向かって放尿していたのだ。

これは一般市民の通報から明らかになったことだが、この出来事の何が問題なのか。運転士も人間である以上、生理的現象は抑えられない。だが、だからこそ輸送司令室に報告してトイレに行く必要があった。

つまり「尿意を我慢できなかった」のは理由にならず、突き詰めれば「輸送司令室への報告が面倒だったのでは」という推測に行き着いてしまう。

■運転中にリラックス
車内で起こった事態をすべて輸送司令室に報告するのは、当然ながら運転士の義務である。

だが、ここのところ「それ以前」の問題も立て続いた。まずは今年1月、JR山手線外回りの運転士が乗務中にスマホを操作していた。それもゲームの攻略動画を視聴していたという。

さらに4月には、JR横浜線に勤務する車掌が、やはり乗務中に漫画雑誌を読んでいた。このふたつの不祥事は、共に乗客からの通報で明らかになった。

そして極めつけは「新幹線足上げ事件」である。これはとある鉄道ファンのツイートで発覚した。

酷いもんだよね〜!足を上げて運転してるよ!!新幹線の運転士がこれはアカンだろー!? pic.twitter.com/kgYq7IRqVS
— やまもと1号mark2 (@yamamoto1go2) September 6, 2016

あまりの非常識さに、当初はコラ画像ではないかという声もあった。だがその後、JR東海が社内調査を実施し、事実関係を認めたのだ。

■危うくなる日本鉄道の「信頼性」
世界では、鉄道網整備が急ピッチで進められている。

日本の鉄道関係者はシステム輸出を目指し、世界各地でプレゼン活動を行っている。そこにはフランスや中国などとの競合もあり、熾烈なビジネス戦争を展開しているのだ。

そんな中で発生した、一連の不祥事。視点を海外に向けるのはいいことだが、その目をしばしば日本国内に戻す必要も生じている。我々日本人が世界各国に売り込もうとしている鉄道が、果たして日本国内で安全に運行されているのか。

(取材・文/しらべぇ編集部・澤田真一)

抜粋終わり


最近は近場にしか出掛けないので電車を止められる事はありませんが、【日本の電車はまさに時計のような正確さ】などとは言えなくなったのではないでしょうか。
人身事故、線路に人が入った等々、あれこれの理由で止まったり、遅れたりがしょっちゅうです。
本当に人身事故が起こっているのだろうかと疑問に思うほどの多さです。

今日もホームでJRの掃除の人に付き纏われました。
先日はエレベーターに乗ると、拭き掃除をしながら、私の周りを一周しました。
今日はエスカレーターに乗ろうとすると下にいたので止め、階段を下りると、そこにも待ち伏せていました。
とても偶然とは考えられません。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |