プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

歯も痛い

頭を圧迫されて顎が胸に付くと、それ以上は頭が下に行きません。
それを更に押されると、上から頭を、下からは自分の胸が顎を押さえる事になります。
結果、歯をくいしばる事になる様で元々駄目な歯が痛くなって来ました。

今日も0時過ぎに布団に入りました。
周りでゴーゴー音!
背中の下が小さく振動していました。

起こされてラジオをつけると3時過ぎ、公開録音が流されていました。
バイクが次々に走行音立て! 周りでゴーゴー、ブンブンと様々な音がしていて眠れません。
全身を電磁波で包まれている様な感じでした。

4時の時報で起きようかと思いましたが、起きても真っ暗で灯りを点けなければ動けません。
仕方なく寝ていると、窓の隙間から光が入って来ました。
5時前なので、何処かから照らしていた様です。

明るくなるのを待って、5時20分頃に起きました。
今日は早くから工事様の音立て!
ピーポーは無く、飛行機様の音は早くから小さく流していました。

10時17分 掃除を始める前にピーポー!
10時50分 掃除を中断、横になるとピーポー!
この後もピーポー、飛行機立て続け!

昼食の支度を始めるとピーポー! 食事中、飲み物を飲む前にヘリ音! 次に飲む前はピーポー!
食事を終わり二階に上がると、クロネコヤマトが来ました。
出ませんでしたが、不在メールが又入っていました。

来週に再配達のメールを送信したのですが、そのメールが見当たりません。
以前も同じ事があったので、写メを録っていたのですが引っ越してからは録っていませんでした。

不在票を入れた後に、毎日再配達に来る事があるでしょうか?

夕食の時も、飲み物を飲むとピーポーを鳴らし始め、次に飲む時まで延々と鳴らし続けました。
飲む事の妨害ですが、首が曲がっている為に飲み込めなくされると鼻に逆流します。
加害者達は、面白がって見ているのでしょう。


今日のニュース 東京新聞 TOKYO Web より引用

点滴から「界面活性剤」 横浜・病院殺人 遺体からも検出
2016年9月24日 夕刊

 横浜市神奈川区の大口病院で点滴に異物が混入され、入院患者の八巻(やまき)信雄さん(88)が中毒死した事件で、点滴袋や遺体から、洗剤などに使われる界面活性剤が検出されていたことが、捜査関係者への取材で分かった。界面活性剤は医薬品などにも広く使われており、神奈川県警は事件に市販されているものが使われた可能性もあるとみている。

 界面活性剤は、物質と物質を混じりやすくさせるもの。油汚れを分解し水に溶かし込む作用があり、せっけんや洗剤などに使われる。

 県警によると、死亡した八巻さんは十四日に入院後、四階の部屋で点滴を受けていた。三十代の女性看護師が十九日午後十時ごろ、点滴を交換した後、二十日午前四時ごろ心拍低下を知らせるアラームが鳴り、約一時間後に中毒死した。最初に点滴した看護師が点滴の袋を確認したところ、中身の異常に気付いた。点滴の袋には、目立った穴や破れはないという。

 病院は午後七時から午前八時の間、関係者以外の立ち入りを禁止している。八巻さんが死亡した当時、病院には看護師やヘルパー、警備員の計六人がいたほか、同じ部屋に患者五人がいたといい、県警は看護師らから事情を聴いている。

横浜殺人

また同じ四階に入院していた患者のうち、十八日には点滴を受けていた八十代の男性二人が、八巻さんが死亡する約二時間前の二十日未明には点滴を受けていない九十代女性が死亡。医師の診断では三人とも病死とされたが、県警は司法解剖して死因を調べ、事件性の有無を確認している。

 一方、横浜市には、病院スタッフの飲料に漂白剤が入れられるトラブルが伝えられていた。同市医療安全課によると、八月中旬、別の部署に「八月十二日、病院のスタッフが漂白剤混入の飲料を飲んで唇がただれた」とメールがあった。このため、同課が病院に事実確認したところ、飲料に漂白剤のようなものが混入したことや、看護師のエプロンが切り付けられたことが確認されたという。

 県警神奈川署にも八月、関係者からトラブルについて相談があったといい、県警は事件との関係を調べている。

引用終わり


神奈川署特別捜査本部が設置された為か、山形新聞は【横浜殺人事件】という見出しで記事が出ています。
山形新聞には無施錠で点滴保管と書いてありますが、私が医療事務員として勤めている時に、病棟では劇薬以外は施錠していなかったと思います。
いちいち鍵を開け閉めしていたのでは、急な処置の時に大変なのではないでしょうか。
今は厳しくなって、必ず施錠しなければならなくなったのでしょうか。
悪い人が悪い事をすると、全く関係の無い人まで、とばっちりを受ける事になるんですね。

山形新聞は無断転載禁止で記事は持って来られませんでした。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |