プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

今日も0時過ぎに布団に入りました。
被害初期からの、いつもの揺れ。
すぐに眠り、起こされてラジオをつけると3時過ぎ、小林幸子の歌をやっていました。

ウトウトとして時報を聞き、5時だと思って起きました。
シャーッという様な大きな音で包まれている感じがしました。
頭の防御を直していると向かいの家で音立て! 飛行機音!

時間の確認をしようと懐中電灯を点けると4時20分でした。
窓の隙間が明るく見えたのは、道の向こうから照らしていた様です。
布団に戻り、明るくなるのを待っていたつもりが眠らされた様です。

起こされると明るくなっていたので5時20分、起きました。
数字合わせが好きな加害者です。
今日はピーポーは小さな音で少なく、飛行機音を多量に流していました。

今日も遅くなり、9時29分に出ました。
カルトの数字に合わせて動かされているみたいです。
車の通る道に出ると、クリーニング屋の車がピーピー!

変電所の横でバイクに追い抜かれ、後ろを振り向くと何人もの人!
ここからは待ち伏せ、付き纏いが人も車も大量になりました。
JRの掃除の付き纏いも、元通りになりました。

今日はアチコチで電車が遅れていた様です。
理由は混雑の為、安全確認の為(ニュースを見ると、ガラスの破損)、異音の為。
異音で、私が乗る電車も遅れていましたが、それ程待たされずに動きました。

治療所には患者も居ず、受付も先生も周囲もわりに静かでした。
すぐに終わり、買い物をして帰路に着きました。
付き纏い、いつものポイントに待ち伏せは居ましたが、ピーポーも無く静かでした。

変電所の曲がり角で、共産党の宣伝カーに付き纏われました。
車も来ていないのに、私が近付くまで動きませんでした。
なだらかな坂の手前でバイク、配送業者の待ち伏せ、家の近くで女の付き纏いが出て来ました。

シャワーの支度を始めると、ここからピーポー! いつもと同じになりました。
お風呂場に入ると、ピーポー!
本当に猥褻な犯罪です。

髪を乾かし、頭の防御を始めるとピーポー!
髪を切ると、近くでピーポー! 延々と鳴らしていました。
食事を始めるとピーポー! ドアバンッ! 御手洗いへ入るとピーポー!

パソコンを始めるとピーポー立て続け。
飛行機様の音も、大きな音で流しています。
私の家の前に止めた車の引き戸音、ドアバンッ!もいつも通り。

今日は、治療所を出た時から頭が重くて上がりません。
音は小さくても、要所要所から加害をしているのでしょうか。
歯磨きの時に変なエンジン音の車が動くと、気持ちが悪くなりました。


今日のニュース 日本經濟新聞 より引用

別の男性患者1人も中毒死 横浜患者殺害 2016/9/26 21:03

横浜市神奈川区の「大口病院」で点滴を受けていた男性入院患者が中毒死した事件で、神奈川県警は26日、男性の2日前に死亡した別の男性患者1人の死因も中毒死だったとする司法解剖結果を明らかにした。県警は何者かが消毒液とみられる異物を複数の点滴袋に混入させて殺害した疑いが強いとみており、連続殺人事件として捜査を進める。

 県警によると、新たに中毒死と判明したのは18日午後7時に死亡した横浜市青葉区の無職、西川惣蔵さん(88)。20日未明に中毒死した八巻信雄さん(88)と同じ4階の病室に13日から入院し、点滴を受けていた。寝たきりの状態だったという。

 八巻さんのほかに、同病院では18~20日に3人の高齢患者が死亡。いずれも当初病死と診断されたが、八巻さんの事件を受け、県警が司法解剖していた。

 県警によると、八巻さんと西川さんからは、消毒液とみられる同じ異物が検出されたという。残る2人の患者の死因は病死で、事件性はないとしている。

 事件は20日に発覚。19日夜から栄養剤の点滴を受けていた八巻さんの心拍が20日午前4時ごろに急低下し、約1時間後に死亡が確認された。駆けつけた看護師らが点滴袋の中が泡立っているなどの異常を発見、同午前10時45分ごろに県警に通報した。

 17~19日は3連休で、20日朝までの3日分の点滴袋が17日午前に薬剤部から各階のナースステーションに搬入された。ステーションは無施錠。点滴袋には患者名が書かれたラベルが貼られ、机の上など鍵がかかっていない場所に置かれていた。遺体から検出された異物と同じ界面活性剤の成分を含む消毒液もステーション内にあったという。

 ステーションでは連休中、院内巡回などで看護師が不在だった時間帯もあったとみられる。

 八巻さんの点滴袋には目立った破損がなかった。このため県警は何者かが19日までの間にステーション内で注射器を使って消毒液を注入した可能性もあるとみて、17日以降に病院に出入りした人を中心に話を聞くなど捜査を進めている。

引用終わり


精神科はナースステーションも施錠されていますが、一般病院でナースステーションが施錠していないのは普通だと思います。
点滴や薬も処置台の上に置いてあるのが普通、休日、夜間に看護婦が巡回中でナースステーションが不在というのも普通だと思います。
全て施錠をする、必ず看護婦がいる様にするという様な事をしても、煩雑になるだけで事件は防げないのではないでしょうか。
原因は、もっと違うところにあると思います。

毎日新聞は無断転載禁止で記事を持って来られませんが、4階では今年7月以降に入院患者計48人が死亡したとあります。
大口病院は、 85床 (一般42床、療養43床) となっていますが、病気で亡くなられた方を入れたとしても凄い人数です。
本当でしょうか?
相模原の「津久井やまゆり園」の事件も異常です。
背景、事実を知りたいです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |