プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

今日も0時過ぎに布団に入りました。
近くでブーンという音がしていました。
起こされてラジオをつけると3時過ぎでした。

ウトウトとした気もしないのですが、ラジオで天気予報をやっていたので5時だと思ったら6時の時報でした!
すぐに紙ゴミを出しに出ました。
遅く起こしたのは付き纏いを出す為! 案の定、男の付き纏いが出て来ました。

家を空ける時には、必ずレコーダーを玄関に置いて出ます。
今、時間を確認しようと思うと消されていました。 家宅侵入!?
一日中置いてあるレコーダーで確認すると、メモリ消費の為にラジオの音が延々と入っていました。

8時00分  顔を洗う前、カーカー、ピーポー! ヘリ音!
8時25分  頭の防御を始めると、カーカー、ピーポー! 飛行機音!
8時37分  防御が終わり、片付け始めると、子供の声立て、ピー
        ポー!
8時50分  洗濯を干し始めると、子供の声立て、洋間の窓の向こう
        でガン! ピーポー! 和室に戻るとピーポーを止め、洋
        間に行くとピーポーの繰り返し!
9時16分  加害が酷く、横になるとピーポー! 足から腰の辺りま
        で、酷い痺れになりました。
9時29分  洗濯を干し終わり、洗面所にカゴを戻しに行くとウ~ピー
        ポー!

ここでメモを止めました。
メモをする時は不動になります。
そこを狙って身体攻撃をされ、時間の妨害にもなります。

今日もピーポー! ウ~! ウ~ピーポー! 何台もで鳴らすピーポー! 「道を開けて下さい」ピーポー! と様々に使い分け一日中立て続けています。

飛行機音も朝から立て続け!
14時45分頃から、私の家の上だけヘリ様の音! 4回!立て続け!
間を空けて、更に2回! 音は直ぐに無くなります。

洋間、台所、洗面所と、行き止まりの家に近付くと子供の声立て!
玄関に出ると、向かいの家の音立て!
嫌がらせも酷くなります。

右の肩胛骨が痛く、頭を押されて首が痛くて動きません。
ガスを溜めて腹圧を上げ、鳩尾の辺りをグ~ッと変な音を鳴らして合図に使っています。
鳩尾の辺りにずっと電磁波を照射している為に、シャワーのお湯が当たるとピリピリと火傷の様に痛みます。

車、バイクがウロツキ回り、今日も身体攻撃、嫌がらせの酷い、散々な火曜日です。
ここまで書くと、犬の吠え立て! 鳴き声を替え2匹でやっています。
そして、襖が揺れるドアバンッ!


今日のニュース BLOGOS より抜粋

畠山理仁 2016年10月11日 11:24
「自殺」は身近な社会問題。初の全国4万人意識調査でわかった課題解決の糸口

日本の自殺死亡率は先進7か国でトップ

「自殺したい」  面と向かってそう言われた時、即座に自殺を思い止まらせる明快な答えを返せる人はどれほどいるだろうか?
 筆者が過去にそうした場面に直面した時、やっとの思いでひねり出したのは、「どうか自殺しないでほしい」と訴える一言だけだった。

日本では、1998年に自殺者数が急増して以来、自殺者が年間3万人を超える時期が14年間も続いた。2010年以降、日本での自殺者は6年連続して減少しているものの、昨年の段階でも年間2万4025人が自ら命を絶っている。これは単純計算すると1日平均65人が自殺で亡くなっているということであり、極めて憂慮すべき事態である。

 日本の自殺率は先進7か国においても突出して高い。その数値はアメリカの約2倍、イギリスの約3倍にも上る。とりわけ若年世代(15歳~39歳)の死因第1位が自殺であるのは日本だけだ。

 自殺は個人的にも社会的にも大きな損失だ。また、今年4月には改正自殺対策基本法が施行され、都道府県及び市区町村に「自殺対策計画」の策定が義務付けられた。今後も引き続き社会全体で「自殺しなくてもいい環境」を作っていく必要があることは論を俟たない。

それでは社会から自殺を減らしていくためにはどうすればいいのだろうか?

 解決を考えるための第一歩は、やはり実態調査である。そこで「いのち支える自殺対策プロジェクト」などに取り組んできた日本財団(笹川陽平会長)は、自殺予防週間(9月10日~9月16日)を前に、全都道府県4万人超を対象とする大規模な自殺意識調査を行なった(調査期間:8月2日~8月9日)。

4人に1人が「本気で死にたいと思ったことがある」と回答
 
日本財団 自殺意識調査(速報)
http://www.nippon-foundation.or.jp/news/pr/2016/img/102/2.pdf
※確定値は日本財団ホームページで公表予定

調査を担当した日本財団ソーシャルイノベーション本部国内事業開発チームの芳川龍郎氏は、この調査から次の「10のファクト」が浮かび上がったと発表した。

1)4人に1人(25.4%)が、「本気で自殺したいと考えたことがある」
2)自殺未遂経験者(過去1年以内)は全国53万人超(推計)
3)5人に1人(21.7%)が、身近な人を自殺で亡くしている
4)若年層(20?39歳)は最も自殺のリスクが高い世代
5)その他に自殺のリスクが高い人は、「身近な人を自殺で亡くした人」「他者は頼れず、人間は理解・共感できないと思っている人」「過去に虐待を受けた経験のある人」「死への恐怖が薄い・生を全うする意志が低い人」
6)自殺のリスクを高める要因は「家族等からの虐待」「生活苦」「家族の死亡」「アルコール依存」「負債(多重債務等)」など
7)自殺のリスクを抑制する要因は「自己有用感」「社会的問題解決能力」「共感力」
8)半数以上が「自殺のことで相談しない」
9)住み続けたいという人が多い地域は自殺リスクが低い地域
10)自殺を思いとどまった理由は、自殺念慮のみの人では「家族や恋人が悲しむから」が最も多く28%。一方で、自殺未遂経験者の中には「試みたが死にきれなくて」という回答も多い(自殺未遂経験1年以内の40%、1年以上前の38%)。

調査結果の中でも衝撃的だったのは、「4人に1人(25.4%)が本気で死にたいと思ったことがある」という結果だ。調査に協力したライフリンク代表の清水康之氏は、「内閣府の調査でも『4人に1人』という結果は出ていたが、全都道府県の規模でやっても同じような数値が出た」と分析。今回の調査でも、あらためて世の中に自殺念慮を持つ人々が多いことが裏付けられたと言えるだろう。

自殺未遂者3千人にアクセスできたことが突破口に

 今回の調査では、実際に自殺未遂の経験がある人は実に7%にも上ることもわかった。これを日本の人口ベースに直すと、過去1年以内の自殺未遂経験者は53万人超と推計される。同時に「5人に1人が身近な人を自殺で亡くしている」という。自殺は影に隠れやすい社会課題だが、もはや放置しておけないレベルに達していることは明らかだ。

 孤立を生まない社会づくりが「生きづらさ」を軽減する

 自殺対策は困難な課題であり、今のところ万能薬はない。しかし、社会的な取り組みを続けなければ、課題の解決はますます遠のいていく。  幸いなことに、今回の調査では、今後の自殺対策を考える上でヒントとなる結果も出た。それは上記「調査結果10のファクト」のうち、「7)自殺のリスクを抑制する要因は『自己有用感』『社会的問題解決能力』『共感力』」、「8)半数以上が『自殺のことで相談しない』」、「9)住み続けたいという人が多い地域は自殺リスクが低い地域」というものだ。

 生きづらさを各個人のレベルだけで解消することは難しい。時間はかかるかもしれないが、自殺対策は「孤立を生まないコミュニティづくり」や、良好な人間関係づくりという社会環境の整備から始めていかなければならない。それが結果として各個人の「生きづらさ」を軽減し、自殺者を減らすことにつながっていくはずだ。

 [ PR企画 / 日本財団 ]

抜粋終わり


自殺者数が減っているとの事ですが、変死、不審死を統計から外す事によって減ったと書かれた物を読んだ事があります。
自殺を減らすには、会社や学校に精神科医を置く事ではなく、この方の言う通り「自殺しなくてもいい環境」を作っていく必要があると思います。

集団ストーカーはターゲットを孤立させ、自殺、精神科、犯罪者に誘導して行く犯罪です。
自殺をされた方の中に、集団ストーカーの被害者がいらっしゃらなかったでしょうか。

大津の中学2年の方が、いじめで自殺されて5年というニュースを、ここ数日で見ています。
消防士の、パワハラが原因の自殺から2年半という記事もありました。
根本的な事を解決しなければ、自殺は無くならないと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |