プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ピーポー!

毎日ピーポーピーポーと書いています。
今日は深夜から周辺でゴーゴーと大きな音を立て続けていました。
ピーポーは、時々小さく聞こえて来るだけでした。

お風呂に入る支度を始めると ピーポー!
これも、いつもよりは小さ目でした。
それでも、ここだけは止められない様です。

レコーダーを入れている時は、この1回だけでした。
朝からカラス鳴き、声を替え、回数を替えてタイミングに合わせて多用していました。
飛行機様の音も少なく、時々押し付ける様な大きな音で流していました。

充電の為にレコーダーを切り、パソコンを始めると東西でドアバンッ!
MLのマイページに接続する前からピーポーを立て続け始めました。
小さい音ですが、延々と鳴らし、ポイントで大きくしています。

レコーダーは大きな音の時しか録らないので、鳴らし続けています。
暗くなってからは、度々カラスを使う事は出来ないでしょうから…。
後はバイクの走行音と、時々飛行機様の音を使っています。


今日も0時過ぎに布団に入りました。
防御が終わるとベランダに何かが当たる音!
近くでモーター様の音がして、小さな振動と痺れが来ます。

起こされてラジオをつけると山口百恵の歌を流していて、3時過ぎでした。
ウトウトすると4時の時報、ウトウトすると5時過ぎでした。
ラジオで5時25分と言ったので起きましたが、お天気が悪い所為か暗く感じました。

洗濯、食事、洗い物等、カーカー! 時々 チュンチュン! ギーッ!
犬吠えも多用して、バイク、車がウロツイテいました。

首、背中への照射から逃れようと、椅子に座る時の場所を変えていました。
すると、今迄とは違う場所から殺人波の照射が来る様になりました。
違う方向から圧迫され、気持ちが悪く、また向きを変えなければなりませんでした。

横になると頭、手、脚の痺れが酷く、振動も来ます。
階下で何かをしていると、頭を押され、殺人波を照射されます。
パソコンを始めると頭頂部が痺れますが、メールや通販サイトに接続すると照射を止めます。

何かの情報を盗み取りたい時には、静かにするようです。
今日も右の首筋が伸び切って痛く、鳩尾と下腹部に空気を溜められています。
ここまで書くと、私の上だけヒュルヒュル 飛行機様の音! やり放題!



今日のニュース 西日本新聞 より抜粋

点滴袋3個に穴 北九州市の産業医科大病院 鎮痛剤も窃盗被害 折尾署が捜査
2016年10月21日23時41分 (更新 10月22日 01時14分)

福岡県警折尾署は21日、北九州市八幡西区の産業医科大病院で、入院中の男性患者に投与中の点滴の袋と、未使用の点滴袋二つの計三つに、針状の物による穴が開けられていたことが分かったと発表した。薬品保管庫などの鍵の束と、保管庫にあった鎮痛剤入りのアンプル(ガラス製容器)2本もなくなっており、病院側は会見で管理態勢の不備を認めた。署は器物損壊、窃盗容疑事件として捜査を開始。患者に健康被害は出ていない。

 病院や署によると、20日午後11時半ごろ、巡回中の看護師が9階の検査室で点滴中の患者のベッドがぬれているのを発見。ビニール製点滴袋の下部に穴が開き、液が漏れていたという。その後、同階のナースステーションの準備室で未使用の点滴袋二つに穴が開いているのを、別の看護師が見つけたという。9階に防犯カメラは設置されていなかった。

 病院の説明では同日午前9時ごろ、保管庫の鍵とアンプルに異常がないのを看護師が確認。午後1時ごろ、薬品補充を行う受託業者が看護師から鍵を預かり、作業後にいったんステーションの机上に置いた。その約30分後、同じ業者が再び鍵を使用しようとした際、紛失に気付いたという。午後6時半には、看護師がステーション隣の保管庫にあるアンプル2本の紛失も発見。約1時間半後、職員が110番した。

 紛失した鍵束のうち2本の鍵は医療用麻薬を保管する金庫用。産業医科大は「決まりでは、看護師チームのリーダーが鍵を首にかけて管理し、業者と直接やりとりしている」と説明。ただ実際には、業者が看護師に手渡ししないことが常態化していたという。

 病院側は今年7月にも、院内の別の階で、覚醒剤の原料にも使われるパーキンソン病治療薬1錠が紛失していたことも公表した。

=2016/10/22付 西日本新聞朝刊=

抜粋終わり


横浜の殺人事件もですが、点滴に穴を開けた犯人を捜査するというよりも、病院の管理体制を問題にしたい様な感じを受けます。
今は、薬品の補充も業者が入ってやっているんですね。
病院職員の同席も無く…。

私が医療事務員として働いている時に、院外処方が進められていました。
患者さんの金銭の負担も増えるのに、何故だろうと思っていました。
何が目的なのでしょうか、病院の経費削減?
営利目的ならば、仕方がないのでしょうか。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |