プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

今日は0時過ぎ、パソコンを止め御手洗い小用から出るとピーポー!
布団に入ると、ゴーゴーと音がしていました。
すぐに眠れた様で、起こされてラジオをつけると5時を過ぎていました。

明るくなるのを待って、5時半頃に起きるとバイクの走行音!
すぐに紙ゴミを出しに出ました。
玄関に戻るまで、カラスが変な大声で鳴きわめき立てます。

土曜日が回収日のビンゴミが出してありました。
近隣の灯りも、先日とは違う所が点けてありました。
頭の防御をして階下へ下り、食事の支度を始めると、向かいの家からブライティング!

8時45分  食事の片付け、洗い物を終るとピーピー加害車が
        外階段の横に止まると ピーポー! 私のセンサ
        ーを鳴らし、工事のドリル音を大きな音で立て始
        めました。
10時44分 洋間に洗濯物を仕舞いに行くと ピーポー! 和
        室に戻ると ウ~ピーポー!
11時45分 食事中、飲み物を飲む前に窒息死狙いの ピー
        ポー! グ~ッ飛行機様の音!
12時09分 階下へ下りようとすると ピーポー!
13時50分 横になっていると カーカーカラス 工事がドリル
        音を止め ガチャン! ピーポー! ゴーゴー飛
        行機!

ここでメモを止めました。
お風呂の湯船に入ると、工事が ガンガチャン! 飛行機の大きな音! ピーポー!延々! 工事音は、洗いに出ると止めました。 洗って湯船に入ると、工事が掃き掃除の音立て! ジェット機音! ウ~!延々!

ピーポーも飛行機音も少ないですが、その分、工事のドリルを多用しています。
大きな音の後は、何かを削っている様な音もありました。
ドアバンッ! ガン! ガチャン! お決まりの嫌がらせ!

今日は電気料金の検針が来る日になっていました。
宅急便の日付指定が出来ない物を、今日届く様になっていました。
そこに工事車、加害者が入り、タイミングに合わせて音立て、嫌がらせをしていました。

被害は酷く、湯船に入っていても心臓加害、手が痺れ、ちっとも温まりません。
首の筋肉が拘縮し、伸びずに痛いところを更に押しています。
パソコンを始めるとネット妨害! 再起動、シャットダウンで時間妨害!



今日のニュース ZAKZAK夕刊フジ より抜粋

平幹二朗さん急死 ヒートショックか、浴槽で倒れ…ひとり暮らしに潜む危険性
2016.10.25

23日、東京都世田谷区の自宅で急死した俳優、平幹二朗(ひら・みきじろう)さん。82歳だった。ひとり暮らしの平さんは浴室で倒れているところを発見されたが、すでに心肺停止の状態だった。急激な温度変化に伴う「ヒートショック」の疑いもあり、ひとり暮らしに潜む危険性が浮き彫りになった形だ。

 関係者によると、この日、所属事務所が平さんと連絡が取れなかったことから、長男で俳優の平岳大(42)が自宅を訪問。午後6時半ごろ、浴槽のなかで亡くなっているのを発見したという。

 87年に肺過誤腫で左肺を4分の1切除したが、それ以降は体調不良とは無縁だったという。山野医療専門学校副校長で医学博士の中原英臣氏は、死因について「脳梗塞(こうそく)か心筋梗塞だろう。風呂場での突然死は割と多く、ヒートショックの疑いが考えられる」と話す。

 ヒートショックとは周囲の温度変化が原因で、血圧が急激に上下したり、脈拍が速くなったりすることを指す。その結果、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす恐れがあり、これからの寒い季節には注意が必要となる。

抜粋終わり


テクノロジー技術で遠隔から筋肉を操作する事が出来ます。
今日も、湯船の中で心臓に加害波を照射されました。
心臓を操作する事で、血圧も脈拍も変えられます。
ひとり暮らしの人を自然死に見せ掛ける事は、簡単です。
日本は、お風呂場で亡くなっている方が多いのですが、いつ頃からヒートショックなどという言葉が使われているのでしょうか。



鬱病の原因はセロトニン というのは仮説です。
血圧が高い、胃腸の具合が悪い、腰痛等々、痛い所が気になりますが、病気は症状の現れた所だけが悪いのではありません。
西洋医学は細かく専門に分かれていますが、統合医学、人体として全体を見なければ治らないのではないのでしょうか?


『うつは薬じゃ治らない!』宮島賢也先生 統合医学を開く講演&実践塾



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |