プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

今日も0時過ぎに布団に入りました。
布団に入ると、風でキッキツと鳴っていた雨戸の音はしなくなりました。
起こされてラジオをつけると5時過ぎでした。

ウ~、ピーポーを小さく立て続け、ラジオを切ると止めていました。
眠るつもりは無かったのに眠らされてしまいました。
次に起こされると6時近くで、すぐに起きました。

燃やすごみのゴミ出しに出ました。
遅く起こされたので付き纏いが出て来ると思ったら案の定、男が付き纏って来ました。
私を蔑む様に見て、急な階段を下りて行きました。

外階段に戻ると カラス「カー」 大声一声立て!
玄関に戻ると ピーポー!
家を出る時は、必ずレコーダーを置いて出ます。

ラジオで6時のニュースを聞いてからゴミ出しに出たのですが、レコーダーは5時59分に入れた事になっていました。
時間設定は、ソフトと同期にしてあり手動設定ではありません。
どうしても、カルト時間の表示にしたい様です!

7時頃    食事中に ウ~ピーポー! ワォ~ン犬! 加害車が位置
        替え! すぐに頭が押されて首も痛くなり、動かなくなりま
        した。
7時25分  歯を磨きに階下へ下りると ピーポー! ウ~!
8時19分  髪を梳かし終わると、この時だけ 雨戸のキッキッ! 頭
        の防御を始めると 近くからバイクが動きました! 首の
        後ろに手が行くと 私のセンサーを一回鳴らしました。
8時34分  煮物を作っておこうと階下に下りると センサー多用! ピ
        ーポー! 侵入防御は切れておらず、センサーは遠隔か
        ら鳴らしています。 階下に下りた時だけ受信機の電池を
        抜くと止めました。
9時21分  ガスの火を小さくしにガスコンロへ行く前 ピーポー!
9時55分  洗い物をしにシンクへ行く前 ウ~! 東電ガンガン! 
13時14分 頭を防御する物を作り始めると ピーポー!
13時29分 携帯の電源を入れると ピーポー!
13時34分 携帯の電源を切ると、 数台で鳴らす ピーポー!

ここでメモを止めました。
以後もウ~、ピーポー立て続け!
ウ~が増えて来ました。

飛行機様の音は小さく、少なく使っていました。
近隣ではモーター様の音、アイドリングの様な音、キンキン音が常時しています。
バタバタと大きな音がするのでヘリかと思うとバイクだったり、工事だったり!

今朝も起こされた時から首、背中が痛かったので、更に上乗せされています。
横になると、頭から足までの痺れも続いています。
ドアバンッ!等で、すぐに飲み込めなくなったりしています。


今日のニュース 大紀元 より引用

飛行機から排泄物が 被害者が航空会社を訴える=インド
2016/10/31 06:00

インド、インディラ・ガンジー国際空港(Indira Gandhi International Airport,IGIA)付近の住民は、国家グリーン裁判所(National Green Tribunal,NGT)に対して、住宅区の上空を通過した飛行機からヒトの排泄物が落下し、自宅を直撃したため、外壁が汚されたと訴えた。今月29日、NGTは政府関連部門に対して調査することを命じた。

 また訴えを起こしたインド陸軍退役将校サトワン・シン・ダヒヤ(Satwant Singh Dahiya)氏はNGTの他にも、航空会社に対して、空中からヒトの排泄物を落とす行為は関連条例に違反し、住民の健康を害すると刑事訴訟をも起こしている。

 ダヒヤは取材に対して、「この一週間、ベランダの壁と床に飛行機から落下した排泄物がたくさんあった。これが二度目だ」「前回は10月初旬だった。汚物の処理と壁の塗装に5万ルピ(約7万8千円))を使った」と話した。

 インド英字新聞「ヒンダスタン・タイムズ(Hindustan Times)」によると、NGTの通知を受けたインド中央汚染制御委員会(CPCB)は、ベテランの環境エンジニアを派遣して、ダヒヤの家の壁に人間の排泄物が付いていないか有無を調べ、サンプルの採集、分析などを行い、最終報告をNGTに提出することになっている。

 通常、飛行機のトイレはシステム的に排泄物を特殊タンクに貯蔵し、空港に到着した後、グランドスタッフが処理を行う。インド航空関係者は空中で飛行機からヒトの排泄物が落下することはありうるが、それが原因で航空会社を訴えることは稀であると語っている。

(翻訳編集・豊山)

引用終わり


飛行機からヒトの排泄物が落下することはありうるんだそうです!
一種のケムトレイル?


ウィキペディア より抜粋

アメリカ国内の小学校の教科書で「エアロゾルが飛行機雲を生成することにより日照に影響する場合がある」の記述も散見されるが、人体影響について書かれているわけではない。アメリカ議会へのWeather Modification Research and Development Policy Authorization Act of 2005[7]気候操作研究開発ポリシー承認法提出でアメリカ政府が存在を認めたと主張するが、これらは人工降雨など気象制御を目的とする公開された技術の研究開発で、ケム・トレイル論者が主張するような生物兵器の実験や製薬会社による病源体散布について述べたものではない。米国では事実と信じる市民が反対運動して研究サイトが散見される。

抜粋終わり 下線は私


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |