プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

昨日はパソコンを止めるのが遅くなり、1時近くに布団に入りました。
鳩尾の辺りにずっと電磁波照射をされ、横になってからもやっていました。
目が冴えて眠れず、漸くウトウトとすると東電でガン! 起こされました。

やっと眠って起こされると、防御がずれていました。
ラジオをつけると4時過ぎ、後はウトウトとして5時46分に起きました。
すぐに紙ゴミを出しに行きました。

玄関を出るとゴーゴーと凄い音! 向かいの家の室外機でした。
台所に灯りが点いていましたが、食事の支度の音も匂いもしていませんでした。
ゴミ出しから外階段に戻ると クラクション! 玄関に着くと「カー」!

薬缶に水を入れていると蛇口が外れ、また噴水の様になり頭から水を浴びました。
今回は何度やっても外れてしまい、水量を少なくしなければなりませんでした。

7時39分  歯を磨き終わると カーカー! ウ~!
9時34分  お米を砥ぐ前に ピーポー! 変な声で カラス「カァー」
        工事の車が来ると加害が酷いので、先に出来る事はや
        っておこうと思い夕飯のお米です。 早くやる事を続けれ
        ば、その時間に対応して加害工作をしますが…。
10時14分 水道の件で不動産屋さんに電話をして、携帯を切ると
        ピーポー! 大家さんに聞いて貰って、業者から電話が
        来る筈だったのですが、今日は留守電もありませんでし
        た。
10時23分 横になって休み、起きると ピーポー!
10時30分 布巾を洗う為に、シンクへ行く前にピーポー!
12時22分 佐川急便を待ち、横になっていると ピーポー!
13時04分 裏の家で ドタドタ! 数台で鳴らす ウ~ピーポー!
        下から細かな振動が来ました。
13時26分 佐川急便が来ました。

ここでメモを止めると、ピーポーは少なくなりました。
復活したのはお風呂から出る前、湯船に入る前に ウ~! 出る前に ピーポー!
食事中は、何度もピーポー! 頭を押され、殺人波照射! 口を開けるのが大変でした。

午後は低周波の飛行機音が多くなりました。
パソコンを始めると、ピーポーも飛行機も立て続け!
火曜日のわりには、マシだったような…。


今日のニュース 東京新聞 TOKYO Web より抜粋

【埼玉】
県内公立校のいじめ認知 最多4644件 小学校で大幅増
2016年11月8日

 県内の公立小中学校や高校で昨年度、いじめの認知件数が前年度比千六百三十七件増の四千六百四十四件と、一九九四年度の調査開始以来、過去最多となったことが県教育委員会の調査で明らかになった。学校側が、従来は対象としていなかった「軽微ないじめ」を積極的に報告するようになったためで、特に小学校で大幅に増えた。 (冨江直樹)

いじめ

 いじめの内容は、小学校では「冷やかしやからかい」など言葉によるものが千八百七十九件で最多。「軽くぶつかられたり、遊ぶふりをしてたたかれる」などの軽い暴力行為が六百二十四件、「仲間はずれや集団で無視」が三百九十五件だった。

 県教委は今年五月、文部科学省の通知に基づき、各校に生徒・児童間のトラブル事例を示した。いじめの判断が平準化されたことで、従来は「単なるいたずら」とされた軽微ないじめを各校が報告するようになったとみられる。

 一方、暴力行為の発生件数は全体で五十五件増の千八百七十八件だった。長期的には二〇〇九年度の二千六百七十三件をピークに減少傾向にあるが、昨年度は小学校で二百二十九件増の五百五件と急増した。

 いじめを積極的に報告することに伴い、軽微な暴力行為でも報告が増えたとみられるが、県教育局生徒指導課の担当者は「自分の気持ちや意見を相手に伝えることが難しく、つい手を出してしまう子どもも多い」と分析する。

 中学校の暴力行為は百六十四件減の千八十一件、高校では十件減の二百九十二件だった。

 内容は「生徒間暴力」が千二百四十五件、「器物損壊」が四百十九件、「対教師暴力」が百六十三件だった。

 年間三十日以上の長期欠席者は小学校が三千十七人、中学校が六千四百五十人で、小中全体では前年より七百八十四人増え九千四百六十七人。このうち、不登校は百六十人増の五千四百五十二人だった。原因は家庭状況や学業不振などによる「無気力の傾向」(35・4%)と家庭や友人関係に起因する「不安の傾向」(25・1%)が合わせて約六割を占めた。

 高校では長期欠席が二百八十七人減の三千七十六人で、うち不登校は二百二十一人減の二千百三十二人だった。

 県教委はいじめや不登校、学校生活の悩みについて、子ども向けに二十四時間体制で電話相談=#7300またはフリーダイヤル(0120)863192=を受け付けている。子どもスマイルネット(県子どもの権利擁護委員会)も年末年始を除く毎日午前十時半~午後六時、電話相談=048(822)7007=に応じている。

抜粋終わり 下線は私


学校で軽微ないじめと判断しても、子供さんにとっては大変な問題なのではないでしょうか。
全ての事を、先生に話しているとも限りません。
軽くぶつかられたり、遊ぶふりをしてたたかれるのは軽い暴力行為ではなく、嫌がらせ!

仲間はずれや集団で無視は、集団ストーカーの被害です。
「単なるいたずら」とされた軽微ないじめ、とありますが、いたずらは可愛げのあるものだと思っていました。
「おいたをしちゃダメよ」などと小さな子に言ったり、いたずらっ子というのはいじめとは違うのでは?

度を超した悪戯を「悪ふざけ」と言い、それを超えれば犯罪ではないですか?
ウィキペディアの例でも、他人を傷付ける事は載っていません。
自分の気持ちや意見を相手に伝えることが難しく、つい手を出してしまう子どもも多いそうですが、こちらも被害者かも知れません。

ちゃんと話を聞いてくれる人がいなければ、気持ちの持って行き所が無くて手が出てしまうのではないでしょうか。
中学生位になれば、対教師暴力、物にあたって器物損壊という事になるのでは…。
それでも分かって貰えなければ、長期欠席、不登校になって行くのではないでしょうか。
この様な状況の中で、学業不振、無気力、不安、になるのは当然の事だと思います。
子供さんの言う事を、最後まで忍耐強く聞いてあげられる人が近くにいると良いですね。


ウィキペディア より抜粋

悪戯(いたずら、あくぎ、prank, mischief, practical joke)とは、悪ふざけ、人を担ぐこと。度を超した悪戯を「悪ふざけ」という。

子供の悪戯
子供たちは、発達の過程の中で、親や学校、地域社会のルールとして禁じられた悪戯、悪ふざけをしたりすることがある。時には、危険を伴ったりすることであっても、彼らは成長の中での自分の力試しとしてタブーに挑戦することがあった。例えば、よその畑から農作物を失敬する、他人の家の敷地を通り抜ける、爆竹で遊ぶなど。

抜粋終わり 下線は私


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |