プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

やっぱり!

昨夜も0時近くにパソコンを切り、片付け始めると 0時01分 ピーポー!
御手洗いに行って布団に入ろうとすると、また ピーポー!
防御をしている間中 ピーポーピーポー!

起こされてラジオをつけると2時過ぎ、1960年代の歌「シェリー」など、ずっと聞いていました。
3時の時報、昭和40年代の歌特集をウトウトしながら聞きました。
4時の時報、ウトウト、5時の時報からは全く眠れず6時に起きました。

8時29分  髪を梳かし頭の防御、首の後ろに手が行くと ウ~ピー
        ポー! すぐに止めました。 防御を終ると隣家の雨戸
        音! 鳩尾の辺りがピリピリと痛くなりました。
8時55分  洗濯物をタンスに仕舞っていると 数台で鳴らす ピー
        ポー!
10時08分~10時18分 夕食にポトフもどきを作り始めると工事の
         音?と思っていると ヘリ音! 大きな音で延々と立て
         続け!
10時34分 お風呂の掃除をする前に ピーポー!
12時34分 歯を磨き終わる頃に ピーポー! すぐに止めました。

以後もお風呂に入り髪を洗い終わると ピーポー! 湯船に入ると 狂った様に ウ~! 食事中に何度もすぐに止める ピーポー! 御手洗いに入ると ウ~ピーポー! パソコンを始めてからも ウ~ピーポーピーポー!
今日は直ぐに止めるピーポーを大量に使っています。

10時のヘリ音は大きな音は10分間立て続けですが、前後も延々と続けています。
この様な大きな音を続けている時は、家の周りに何かの工作をしているのではないかと思っています。
人や車の動く音を、大きな音で消しているのでしょう。

以前は不審な事があると外に出ていましたが、今は全く出ない事を加害者はよく知っています。
此処は行き止まりで車も通りません。
テレビは無く、昼間はラジオも聞かないので家の近くで音がすれば分かります。

この為に地鳴り飛行機音など、大きな音を立てなければならないのではないでしょうか。
今日は目立つ飛行機音は無く、大きな音はヘリとピーボーでした。
ドアバンッ!も夜に配送様の車が入って来るのも平常通りです。

朝食を食べている時から首、背中に殺人波、頭を押されて動かなくなりました。
お風呂、湯船に入ると手、足がビリビリと痺れ、出てからも続きます。
痰が絡んで呼吸妨害、食事中は飲み込み辛くされています。

この犯罪は誕生日、お正月、命日、などは余計に酷く加害をします。
昨日は加害が少しはマシで、不思議に思っていました。
今日のヘリ音とウ~、身体攻撃でよく分かりました。 やっぱりね!!


今日のニュース engadget日本版 より抜粋

人工の太陽を造れ!美しすぎる核融合研究施設「LHD」の全貌
日本独自の磁場配置でプラズマを封じ込め

世界にはでっかい科学施設があります。最も有名なのは、スイスのフランス国境近くにある欧州原子核研究機構(CERN:セルン)でしょう。地下には全周27kmという巨大な円形加速器があり、それまでは想像の存在でしかなかった「ヒッグス粒子」を「99.9999%以上の確率で発見した」などの成果を上げています(2012年7月/2013年3月に発表)。

日本は国土が狭いですから、このように大きな科学施設を造ることは容易なことではありません。しかし、実は日本にもでっかい科学施設・装置があるのです。その一つが岐阜県にある『核融合科学研究所』の「LHD」(大型ヘリカル装置)です。

LHDとはあまり聞いたことのない単語でしょう。LHDはLarge Helical Deviceの略で、「大型のヘリカル・ヘリオトロン型のプラズマ装置」です。

このLHDは、核融合研究のために造られたもので「プラズマ真空容器」「超伝導磁場コイル」「断熱真空容器ベルジャー」から構成されており、高さ約9メートル、直径13.5メートル、重量はなんと約1500トンに達する巨大な装置です。

LHDは「核融合炉」の開発を目標に掲げ、その基礎実験用に造られた施設です。核融合炉が実現できれば、水素やヘリウムなど軽い原子を使って核融合反応を行い、膨大なエネルギーを取り出すことができます。簡単にいえば、太陽が行っていることを人の手でやろうというわけです。「海水中に豊富にある重水素」を燃料に使うことができますので、特に日本のように、石油・石炭などの化石燃料資源に恵まれない国では、核融合炉の実現は大きな意味を持ちます。

超高温プラズマを閉じ込める超伝導コイル
さてこの核融合炉ですが、核融合反応を起こし、それを連続的に維持できないといけません。そのためには「物質を高温(1億度以上)・高密度(1立方メートル当たり10の20乗個以上)」状態にして、「一定時間(1秒以上)閉じ込めておく」必要があるのです。

この1億度以上の高温状態は「高温プラズマ」を生じさせて実現します。プラズマは、原子を構成するイオンや電子がバラバラになった状態のことを指し、固体・液体・気体に次ぐ「第四の状態」と呼ばれます。プラズマというと何か特殊なもののようですが、実は私たちの身近に存在します。蛍光灯やネオンサインなどはその例です。

高温プラズマは、そのままでは容器の壁に触れて温度が下がるなど、エネルギーを失ってしまうのです。プラズマを高温・高密度のまま維持するために、

・磁場を利用する
・強力なレーザーを利用する

という方法があります。「LHD」では「磁場を利用する」方式をとっています。

ヘリカルコイル
▲LHDを特徴付けているヘリカルコイル。科学実験施設が美しいというのは不思議な感じがしますね。

ヘリカルコイル2
▲本体内部はこのようになっています。メンテ時には内部も確認します。

これまでの運用で、

・1200万度の高温プラズマを1時間保持
・10兆個/ccの水素プラズマで9400万度を達成(ヘリカル型では世界最高記録)
・300万度で1200兆個/ccの密度を達成

などの成果を挙げています。核融合研究はLHDでのこれらの成果を基に進められています。研究者の夢である「太陽を自ら造り上げること」の実現が楽しみです。

抜粋終わり


感じ方って人によって、ずいぶん違いますね。
私はこの写真を見て、美しいとは思えませんでした。 恐ろしい!
人間は自身の手で人間を絶滅させる事になるのでは?


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |