プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

昨日は又吉さん(ブログ、おリュウの独り言)にお会いして、ゆっくりと話をして来ました。
とても良い話を伺って、加害は酷かったのですが嬉しい気持ちになって遅い時間に帰りました。
外出している間、首、肩胛骨に殺人波の照射は無く、皮膚のピリピリする痛みもありませんでした。

8時13分 侵入防御を作り始めると ピーポー! ここから始め、飛行機様の音も始めました。
地鳴り飛行機の音はありませんでした。
10時半、相当の余裕を持って出たのですが駅に着くと発車時刻を1分過ぎていました。

広い通りの信号で長く待たされましたが、間に合わない筈がないのに…。
電車が出た後のホームなのに、待っている人は結構いました。
次の電車に乗り、待ち合わせの場所に着くと数分遅れただけでしたが、いつも又吉さんに待って頂く事になります。

ゆっくりと美味しいお昼ご飯を食べましたが、ここから結構な大量動員でした。
お茶を飲みに行った辺りから、更に大量動員!
又吉さんが、いつもはガラガラというお店が満席でした。

又吉さんのパソコンが動かなくなり、お店を移動しました。
ファミレスの男の店員が私の前のブラインドだけ2枚開けた頃から具合が悪くなりました。
ポスティングの時と同じ、胸とお腹がパンパンになり気持ちが悪く、何も飲む事も食べる事も出来なくなりました。

何回か吐き、それでも又吉さんと色々な話が出来ました。
ポスティングの時と違って、席を変わると水を飲んでも吐かずに受け付けるようになりました。
遅くまで付き合って頂いて、終電の一本前で帰りました。

電車に乗るとお腹が空いた感じがして、パンを買って帰りました。
最寄り駅の改札を出るとJRの工事?か5.6人、何もしないで待ち伏せでした。
駅を出ると重低音車が吹かし、東電の角を曲がるとクラクション!

1時近くなのに、なだらかな階段の上り口まで付き纏いがいました。
階段の半ば辺りで  ピーポー!
家の外階段を上る時にはフラフラとなり、落ちそうになりました。

家に着いてからは深夜でも同じ、飛行機様の音もしていました。
バンを食べましたが、不味く感じて閉口しました。
飲む前の周辺の音立も同じ事をやりました。

ファミレスで具合が悪くなった時、家と同じに左右の脇がとても痛くなりました。
首が変形した時は肩胛骨への照射から始まりました。
又吉さんに今度は背骨が曲げられてせむしになるとブログに書きなさいと言われました。

確かに左右から肋骨に加害をすれば、背骨にダメージを与えられるでしょう。
肩胛骨、背骨は充分に加害されていますから。
病死、事故死、自殺に見せ掛ける為の犯罪ですが、私に何か有った時は全て殺人です。


寝る前にパソコンのメールチェックだけして御手洗いに行きました。
何と午前3時に、隣家の窓から私の玄関を煌々と照らしていました。
加害が酷くても、嫌がらせが酷くても、おしゃべりの余韻で良い気持ちで布団に入りました。

起こされてラジオをつけると5時のニュース、すぐに6時の時報。
加害者の予定時間に起こされました。
周辺ではゴーゴー、ヒュルヒュル、クィ~ンクィ~ンと音が渦巻いていました。

8時30分  髪を梳かし、頭の防御を終ると 飛行機音! 隣家の雨戸
        音ガン! 
8時48分  洗濯物を出しに行く前に 近くからピーポー! 数回で止
        めました。
9時05分  洗濯を干し始めると ウ~ピーポー! 工事様の音立て!
9時34分  洗濯機のゴミ屑ネットを外そうとすると、右手が利かず手
        間取っていると ピーポー!
11時18分 食事中、飲む前に ウ~! 飲み辛くなります。
12時12分 煮物作り、お鍋に調味料を入れる前に ピーポー!
13時14分 ピーピー車、配送様の車がウロツキ始めました。

ここでメモを止めました。
以後もいつも通り、お風呂、頭の防御、食事、パソコンにピーポーピーポー!
工事の音は、時々使っているだけです。

今日の飛行機音 大!  8時10分~18時頃 29回
今日の地鳴り飛行機!  9時51分~12時頃 5回
今日のヘリ音 大!    10時40分~15時頃 4回

家にいると頭を起こす事は出来ず、本当に脊髄も圧迫骨折にされそうです。
手、足の痺れ、皮膚も全身がピリピリと痛みます。
揺れと電磁波が酷く、家の中でもフラフラとして階段から落とされそうです。



今日のニュース ITmedia エグゼクティブ より抜粋

2017年01月24日 10時23分 更新
小型ロボで天井裏点検 千葉工大、大成建設とシステム開発
千葉工業大学は、大成建設と共同で小型ロボットを使った天井裏点検システムを開発した。
[SankeiBiz]

千葉工業大学は、大成建設と共同で小型ロボットを使った天井裏点検システムを開発した。配管や配線が複雑に入り組んだ空間でも効率的に点検作業ができる。東京電力福島第1原子力発電所で活躍しているロボットをベースに開発され、天井裏で走れるよう、重さ4.5キロと約10分の1に軽量化した。

天井裏
天井裏を想定した狭いスペースを進む点検ロボット「CHERI」=東京都墨田区

 探査ロボットの大きさは全長35、幅25、高さ9センチ。専用のコントローラーを使って無線LAN(構内情報通信網)を介して動かす。本体と端部の計6本のベルトにより、約6.5センチの段差を乗り越え、約10センチのすき間もくぐり抜けられる。暗所でも撮影できる小型の高感度ビデオカメラを搭載し、ロボット本体から約30センチの高さまでカメラ本体を上げ下げできる。千葉工大の古田貴之・未来ロボット技術研究センター所長は「6畳間の天井なら約15分で点検が済む」と話す。

 1960年代に建てられた建築物の老朽化が進み「劣化診断や耐震診断などへのニーズが高まっている」(大成建設の上野純・技術センター建築技術開発部長)。一方、天井裏への人の立ち入りは難しく、配管の裏側など、死角部分では検査が十分できていなかった。

抜粋終わり


天井裏に何か工作されそうです。
狭い所の隅々まで、くぐり抜けるそうです。
頭は天井に近いので悪用されると恐ろしいです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |