プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

狙われている事ばかりで恐縮ですが。
歯というより、口全体を狙われているといった方が正解かもしれません。

これも昔から狙われていたようで、歯科医院での記憶は悪い事ばかりです。

元々受け口で、人から言われた事が気になり治そうと思いました。
病院にも行かずに受け口ではなくなった事を考えると、元々歯並びが悪かったのでしょう。
自分で噛み合わせを変えた事で、さらに歯並びが悪くなったようです。

歯科医での最初の記憶は小学校の3年の時です。
府中街道沿いの、自宅からは遠い歯科医院ですが、何をしたのかは忘れてしまっています。
学校の指定医で、その医院へ行ったのでしょう。

今迄で一番の影響を及ぼしているのが勤めに出てからです。
痛かったのだと思いますが、掛かり付けの医者などいません。

何かの折に話でもしたのでしょうか、同期の一人が行っているという職場の近くの医院へ行きました。

年寄りの医者でしたが、何の説明も無く、すぐに抜かれてしまいました。
後の説明も無く、医者にも聞きづらく、何の知識も無いので、そのまま放置する事になりました。

今思うと、この同期は創価学会員だったので、この歯科医に誘導したのでしょう。
創価学会が、このような事をしているとは全く知りませんでした。

何年も経ってから、一人暮らしをしていた所の近くに歯科医院が出来ました。

抜いた所とは別の歯が虫歯になったので行くと、抜いた所をブリッジにしてくれました。
本来ならば、抜いて傷口が治った時にブリッジにするのでしょう。

抜いたままにしておいたので、他の歯が動いてしまい、さらに噛み合わせが悪くなっていました。

ブリッジにしたのは良かったのですが、虫歯の方が問題になりました。
たぶん、削らなくてもいい所まで削ったのではないでしょうか。
ここからは、将棋倒しのように悪くなりました。

被害報告集に書いた歯医者に行くまでにも、被害に気づかされる前には何回か歯科医院へ行っています。
本に書いた歯科医院へも、長く通いました。

一通り治して貰い、数か月メンテナンスに通っている内に不具合が出て来ました。

医師に言うと、様子を見ましょうと言われました。
翌月に行っても、同じ事を言われました。
治さないという事なんだなぁと理解して、通院を止めました。

不具合はそのままなので、当然具合が悪くなって来ます。

加害者はとてもよく知っています。
歯を磨いていて、具合の悪い所を磨く時になるとバイクを吹かしたり、近隣でガンッという合図を送ります。

食べている時も同じです。
筋肉を動かすのでしょうか、舌を噛んで切れたり、頬っぺたの内側を噛んで血豆が出来たりします。

歯医者に行きたいのですが、どこへ行けば安心して治療を受けられるのか分かりません。

歯医者だけではなく、初めは普通の対応だったお店も、業者も、回を重ねる毎に不審な対応になります。
どのような風評を流すと、全く見ず知らずの人が信じるのでしょうか。


昨日の記事の追記です。

病院に勤めている時に、フードプロセッサーで指を切り落としてしまった方が来院しました。
医者は直ぐに、切れた指を持って来たかと聞きました。

ご存知と思いますが、体の一部が切れて取れてしまった時は、無理な事を言うようですが、冷静に落ち着いて、切れた所を、出来れば冷やして医者に持って行って下さい。
現代の医療では、かなり元通りになるようです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |