プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

此処へ引っ越してから、家の中へ昼夜を問わずブライティングによる加害が酷くなりました。
四方八方、上下の何処からでも壁、天井を透過して入って来ます。
今迄は点で入って来る感じでしたが、此処は部屋全体がピカッと光るものもあります。

今日、階下へ下りる階段を下り玄関に着く頃に正面からブライティング!
急な尿意を誘発されました。
この光その物が排泄操作の加害波でしょうか。

排泄操作も最近になって酷くなりました。
布団に入ると睡眠妨害、起きると眠らされるのも此処へ来てからです。
身体攻撃も酷く、何も出来なくなって来ました。


昨日もパソコン前で眠らされ、ブログ更新が遅くなりました。
23時過ぎにプラスチックゴミを出しに行くと雨!
玄関に入ると傘が壊れて閉じなくなりました。

玄関で直そうと、もたついている間に加害! 
フラフラとして息苦しくなりました。
今日の1時過ぎにパソコンを切り、1時半頃に布団に入りました。

起こされてラジオをつけると2時過ぎ、すぐに眠った様です。
次に起こされると3時過ぎ、昭和28年の歌の特集でした。
ここでもすぐに眠れた様です。

次に起こされると4時過ぎでした。
起きずにいると、体の左側面に殺人波照射!
痛くて布団には居られずに、起きると4時50分頃でした。

5時36分  パンを食べ終わると ウ~1回! 大きな車が位置替え!
9時46分  はたきを掛け始めると ピーポー! 数台で鳴らすピー
        ポー! 延々!
10時00分 掃除機を掛ける前に 飛行機! ピーポー! 南からブ
        ライティング!
10時24分 一昨日来た荷物の片付けに下りる前に ピーポー!
11時47分 食事の支度、テーブルの前へ行くと ピーポー! 手の
        痺れが酷くなりました。
13時01分 燃やせるゴミを纏めると ブライティング! 急な尿意
        で、御手洗いから出ると ピーポー!
13時25分 洗面所のカーテンを閉めると、又トイレ誘導! 御手
        洗いへ入ると ピーポー!
13時29分 二階へあがり横になると ピーポー!

ここでメモを止めました。
以後もお風呂、食事、洗い物、歯磨きにピーポーピーポー!
パソコンを始めると狂った様にピーポーピーポー! 

今迄に録音11回。
一つのファイルで2回鳴らしている物。
5分間、鳴らし続けているピーポー!もあります。

今日の飛行機音 大!  10時00分~22時01分 25回
今日の地鳴り飛行機!  13時25分 2回  13時40分 1回  
                 15時24分 6回
                 いずれも数分おきに立て続け!

飛行機音もピーポーと同じです。
22時を過ぎてもヒュルヒュル、ゴーゴーと低周波加害を続けています。
間に近隣のアチコチで ドアバンッ!

今日も起きた時から頭を押され、顎が胸に付いて痛くなっています。
何かをやる毎に数分間ずつ眠らされ、椅子から落ちそうになりました。
手足の痺れ、痛み、皮膚のピリピリした痛みが続いています。



今日のニュース 西日本新聞 より引用

いじめ調査 事実に向き合う姿勢から
2017年03月02日 10時37分

熊本市教育委員会の第三者委員会が、2014年に起きた男子中学生(当時)の自殺未遂について継続的いじめが一因と認めた。

 学校の調査結果を不服とした保護者の意向を受けた再調査だった。2年以上が過ぎて、ようやく因果関係が認められた。被害者の心中は察するに余りある。

 いじめで自殺や不登校に至った「重大事態」の調査で被害者の方が深く傷つく。そんなやりきれない事態が全国で相次いでいる。

 このため文部科学省が調査の指針案を示した。教育現場に対し自発的に調査へ踏み切るよう促し、被害者の意向をくみ取ることも求めた。重く受け止めてほしい。

 いじめ防止対策推進法は、長期欠席や「生命、心身・財産に重大な被害が生じた疑いがある場合」を重大事態と定め、学校や教育委員会に調査を義務付けている。

 ところが、定義を狭く捉えて、調査に入らない学校がある。

 横浜市で起きた原発事故避難児童に対するいじめ問題では、金銭トラブルの総額が150万円に上る情報を得ながら、学校は重大事態と見なさなかった。

 骨折被害があったのに、欠席が長期ではないため重大事態と認識しなかった学校もあるという。

 事を荒立てず、内々で収めたい-。もし、教育現場にそんな思惑があるとすれば看過できない。

 指針案は「いじめはなかった」「学校に責任はない」と軽々に判断することを戒め、重大事態の「疑い」が生じた段階で調査を開始することを強く求めた。

 被害者に寄り添い、調査の進め方を事前に説明する。調査組織の人選などへの要望は「可能な限り反映」するよう促した。

 これは重大事態ではないか-という疑いが生じれば、速やかに調査に入る。被害者の訴えに丁寧に耳を傾け、中立性を確保して調査を進める。当然のことだろう。

 「事実をはっきりさせて」という被害者の切実な思いを調査の中心に据えてほしい。事実に向き合って問題を調べる作業の積み重ねが再発防止につながるはずだ。

=2017/03/02付 西日本新聞朝刊=

引用終わり


いじめと集団ストーカーの嫌がらせは根本に同じものがあると思います。
継続的に被害に遭っている事も同じで、私も気付かされてから8年が経っています。
8年間、毎日、見ず知らずの他人に嫌がらせをされるという事を政治家、警察の方に考えて頂きたいと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |