プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近、倦怠感、だるさが続いていました。
今日の夕方頃から、体に力が入りません。
脱力感という言葉がピタリと当て嵌まります。

夕食の片付けを始めた頃から朦朧とさせられました。
洗い物をしながら、お茶碗を持ったままウトウトとしてすぐに起こされます。
歯磨き、パソコンを始めてからも同じ状態です。

20時頃、近隣中で凄いドアバンッ!を立て続けました。
そんな騒音の後もウトウトさせられると、お手洗いに立つのも力が無く、大変になりました。
他の被害者さんも訴えていますが、一体何の加害波でしょう?


今日も0時半頃に布団に入るとビリビリ電磁波と揺れ!
起こされてラジオをつけると3時過ぎ、深夜便の歌の特集の様でした。
4時の時報、足の痺れと痛みが酷くなり、すぐに起きました。

7時01分  髪を梳かし頭の防御、額に手が行くと ピーポー! 首の
        後ろに手が行くと 隣家の雨戸音! 目立つバイクの走
        行音!
7時56分  洗濯物を干し始めると 鳩鳴き ピーポー! 一枚干す毎
        に ピーポーピーポー!
9時17分  食事の片付け、洗い物を終わると ピーポー! ここから
        何度もお手洗い小用に誘導されました。
10時44分 ガスコンロの火を止めに行く前に ピーポー!
12時36分 掃除機を掛ける前に ピーポー!
13時14分 洗面所のカーテンを閉めに行くと ピーポー!

以後も、お風呂に入ると ピーポー! 口と鼻からお湯が入りました。
食事中にも ピーポーピーポー! 頭を押され、右首筋に殺人波照射!
パソコン前に座るとピーポーピーポー!朦朧とさせられ、揺れ、ビリビリ、脱力感!

今日の飛行機音 大! 14時02分~17時頃 6回

今日は深夜からパイクの走行音を多用していました。
裏にも細い道しかありませんが暴走風のバイク音!
近くからもバイク、ピーピー車がウロツいています。

手足の痺れ、痛み、右手に力が入りませんでしたが、それが全身に回った様です。
朝から頭を押さえ付けられ、顎が胸に付いたままです。
痰が絡み呼吸妨害、息苦しくて仕方ありません。



今日のニュース 大紀元 Epoch Times in Japan より引用

「ニュースは酒の肴にしかならない」挫折する中国ジャーナリストの本音
2017/03/12 06:00

中国のネットで2月、ジャーナリストの心境を吐露した文章が出回った。作成者は、自称元メディア関係者で匿名の微博ユーザによるもの。中国全体に広がる嘘と欺瞞のなかで生き抜こうとしたジャーナリストたちの本音が、生々しくつづられている。

 作者は微博ネーム「youyouluming99」、下記はその抄訳。

 某所で、元メディア関係者20人の会合があった。元ベテランのジャーナリストの話に、皆がうなずいていた。

 「どんなに骨を折って働いても感謝されない。人に損を与え、自分の利にさえならない。これが(中国の)ジャーナリストだ」。

 なかには中国に大きな影響をもたらす報道機関に所属していた人、国際的に高い評価を得た人もいる。いずれも、人々の生活に影響を与えた。

 何年も前、上海の新聞社が北京の大企業の不正をスクープした。狙われた企業の代表は、騒動を鎮めるために3つの話を出してきたという。「1.どれくらい金が欲しいのか 2.上海の同業者が画策したことだ、その企業を調査しようか 3.政治的背景のある誰かに指示されたのか?(その名前を暴露しろ)」。

 そのスクープには、実際どんな裏取引もなかった。メディアは大企業の不正を暴いた。スクープした上海の新聞社の編集長は「それが私たちのすべきことじゃないのか?」と吐露した。

 北京の大企業は、その新聞社にあらゆる嫌がらせをした。編集長への殺害予告は何度となくあったという。

 編集長は、こうした圧力を「馬鹿馬鹿しい」と思っていた。その後、騒動を知る、ある『金持ち』が来て「何か困ったことはないか?」と恩を売りに来た。

 「事実はそこにある。記者はただ報道しただけだ」と言い放ってやったという。例えば、もし登山家に「どうして山に登るのか」と聞けば、「そこに山があるから」と答えるのと同じだ。

 地位と富は確かに人を幸福にさせる。しかし、それだけが幸福の源ならば、人生は何て味気なく、寂しく、表面的なものだろうか。ロシアの作家ソルジェニツィンは、「真実を話すことは、全世界の重さよりも重い」と言った。

 真実は美しい。何十年も、鉛筆の先端を削り続ける北京の高齢者。機械化に頼らないスタイルを貫く福建省の古い農家。何世代にもわたり、ただ一本の桃を栽培してきた日本の家族。これらに、私たちは真実を見出す。

 最近はますますメディアが増えている。24時間体制で情報を収集し、報じている。しかし「本当のニュース」は非常に少ない。独立した意見と知識はますます少なくなった。…見渡せば、すぐに砕けてしまうような泡ばかり。

 私を含めて、集まった20人の元メディア関係者は、かつては報道の最前線にいた。 情熱を持ち報道するために、危険を冒したこともある。

 いまや、誰もニュースに関わっていない。養豚、金融業、家具売り、映画監督、移民人材派遣、本屋、公共事業…。望んでニュースから離れた訳ではない。ただ、諦めなければならなかったのだ。

「骨を折っても感謝されない。人に損を与え、自分の利にさえならない。これが(中国の)メディア人だ」。

 ここでのニュースはただ、酒の肴にしかならなった。

(翻訳編集・佐渡 道世)

引用終わり 下線は私


日本も同じなのではないでしょうか。
もしかしたら世界の大半も…。
それでも、少数でも、一生懸命の方もいらっしゃいます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |