プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

歯車の一つ

社会に出て、初めて就職した時は大企業でした。
高校の時にアルバイトをした事はありましたが、責任のある仕事と思ったのは、やはり就職してからです。

始めは夢中でした。
システムが変わる時で、新しい事も次々と覚えなければなりませんでした。

元々、のんびりとした性格で、食事も、歩くのも、ゆっくりという自覚はありましたが、他の人と比べて、相当遅い!

良い先輩に恵まれ、人並みになって、係りを変えられる事も、転勤をする事も無く、遣り甲斐を感じながら5年位はあっと言う間に過ぎました。
この間に、自分も病気をし、母も病気になり、大変な時期もありました。

システムが大きく変わり、それにも慣れると、現場で仕事をしている立場から、あーすれば良いのにとか、こーした方が良いのにとか思い始めました。

上司に相談しても、何の埒も開きません。

何千人もいる従業員の中で、マニュアル通りに動く歯車の一つに過ぎない事に気付きました。
巨大企業の中で、実は歯車の一つどころか、油の一滴でしかないと思い、辞める決断をしました。

何故この様な事を記事にしたのかというと、YouTubeを見ていて歯車の一つという言葉が印象に残ったからです。

大企業を辞めた後、精神科に医療事務員として勤め、今は病院からも離れています。

被害に気付かされ、精神科誘導される事があると分かってから、私が見た患者さんは被害者ではなかったのだろうかと思う様になりました。
知らないとはいえ、患者さんから見たら私も加担者に見えるでしょう。

こんな事から、精神科医のYouTubeをよく見ます。
薬を使わない精神科医「宮島賢也」という方のYouTubeで歯車の一つという言葉があります。

長いですが、1時間2分過ぎ頃に質問者に答える言葉ですが、他にも考えさせられる言葉がありました。


精神科医 宮島賢也先生講演会2013.9.3



人によって考え方も見方も違いますが、こんな考え方もあるという風に見て頂けたらと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |