プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

昨夜も0時近くにパソコンを切りました。
23時59分 ACアダプタを仕舞う前に ピーポー! 手の痺れが酷くなりました。
パソコンを始める前、止めてから、ACアダプタを持つと眠らされてしまいます。

コードに繋いでいなくても、です。
毎日なので気を付けていても、眠らなかったのは1回だけでした。
これに何か仕掛けられているのでしょうか?

片付けて1時近くに布団に入りました。
起こされてラジオをつけると3時過ぎ、深夜便の歌の特集でした。
いつの間にか眠り、次に起こされると4時過ぎでした。

右の側面、肋骨が痛くなって来ました。
それでも寝ていると左の足底に痛みが来ました。
5時の時報で起きました。

5時51分  サプリメントを飲もうとすると ピーポー!
10時31分 お風呂の掃除に下りる前から ピーポー! 延々!
11時11分 食事の支度、材料を切り終わると ピーポー!
11時22分 食事中に ピーポー!
13時16分 洗い物に下りる前から ピーポー!
13時31分 煮物の火を止める間に ピーポー!

今日の飛行機音 大!  8時47分~20時31分 20回

メモはこれだけです。
以後もピーポーは少な目でした。
飛行機音は早朝、5時台からやっています。

ヘリ様の音で始まり、近くへ来るとプロペラの音が無い物も飛行機音で数えています。
地鳴りのゴ~ッという音はしなくなりました…。
今日は電気の検針日です。

※お風呂の支度を始めると、しつこくピーポーを鳴らしていました。
湯船に入ると、男の「へーいへーい」。
栓の鎖が揺れて水位が上がり、鼻からお湯が入りました。

今日も朝から頭を押され、顎で胸を押して圧迫骨折を作っているので、胸の痛みが酷いです。
右手が麻痺して、酷い時には何も持てません。
今日もチビチビと眠らされ、何も出来ない日が続いています。


今日のニュース tenki.jp より抜粋

宇宙からみた タイの1月の大雨
2017年3月27日 18時22分
平泉 浩一 [日本気象協会本社]気象予報士

タイ
図1 2017年1月7日のタイ南部の雲と降水の強さ(JAXA GPM/DPR)

【宇宙からみた気象現象シリーズ第八弾】 2017年1月にタイで発生した大雨についてリポートします。この豪雨により、1月前半の期間だけで数十人の死者や160万人以上の浸水被害者が出るなど、多くの被害が発生しました。JAXAのGSMaPやGPM/DPR、天気図や降水量のデータを用いて、タイでの異例の大雨の状況をまとめました。

背の高い雨雲と激しい雨
図1は、全球降水観測計画(GPM)主衛星に搭載された二周波降水レーダ(DPR)による、2017年1月7日の雲と降水の強さです。この時間は、タイ南部に発達した雲がかかり、時間雨量が25ミリ以上の激しい雨の降っている所があります。
また、図2は、同じくGPM/DPRによる、2017年1月7日の降水の鉛直分布を表したものです。タイ南部やその周辺には、高度10kmをはるかに超える背の高い雨雲があって、その下では激しい雨を降らせていることが分かります。

!図1と図2を含んだ動画は、YouTube(以下のURL)で見ることができます
GPM/DPRが捉えたタイの大雨(2017年1月7日)
https://www.youtube.com/embed/end4aC3qoG8?rel=0

タイ2
図2 2017年1月7日のタイ南部の降水の強さの鉛直分布(JAXA GPM/DPR)

1月の降水量が平年の9倍以上に
図3、上図はタイや周辺諸国の2017年1月1日から1月9日にかけての降水量です(気象庁HPより引用)。タイ南部の東側の地域では、この期間の降水量が600ミリを超えた所がありました。また、下図はタイのチュムポンにおける、月毎の気温と降水量のグラフです(気象庁HPより引用)。降水量は棒グラフで表されていて、緑色で塗られた細い棒が最近の12ヶ月間の値、緑色で縁取られた太い棒が平年値です。チュムポンでは、2017年1月の降水量が593ミリとなりました。これは、平年の降水量(65.8ミリ)の9倍を超える降水量となりました。
タイでは、この大雨で市街地の浸水、道路や線路の冠水による通行止めや橋が流されるなど、交通機関に多くの影響が出ました。また、1月前半の期間だけで30人を超える死者や160万人以上の浸水被害者が出るなど、多くの被害が発生しました。

チュムポン
図3 上:降水量分布図(2017年1月1日~1月9日) 下:チュムポンの気温と降水量(平年値と最近12ヶ月の値)

抜粋終わり


図と解説で、大変分かり易く書かれています。
是非、元記事を御覧下さい。

転載禁止でコピーが出来ませんでしたが、山陰中央新報に ペルー、大雨の死者90人に 12万人被災、1万戸超損壊という記事がありました。
異常が普通になった時が地球の終わり?


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |