プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

生活音は無い

昨夜は通販サイトに接続していて遅くなりました。
0時00分、1時14分 ピーポー!
2時近くに、布団に入りました。

起こされてラジオをつけると3時過ぎ、知らない歌をやっていました。
4時の時報、布団の中が寒くて起きました。
すぐにトイレ誘導! ここのところ陰部加害も酷く、大変下劣な犯罪です。

5時07分  パンを食べ終わると ドアバンッ! 重低音車が吹かし始
        めると 南側から ヒューンという音がして、大きな車が東
        へ位置替え! 重低音車も位置替え!
9時06分  お風呂掃除が終わると ピーポー!
9時19分  洗濯物を片付けに洋間に入ると ウ~! ヘリ音! 部
        屋に戻ると ピーポー! すぐに止めました。
9時37分  プラスチックゴミを片付け始めると ピーポー! すぐに
        止めました。
11時22分 食事の支度が出来る頃に ジェット機! ピーポー!
11時47分 食事中に 隣家の雨戸音! ピーポー!
12時33分 洗い物を始めると ピーポー! 終わると ピーピー車
        が位置替え 近くに止めました。
19時33分 お手洗いへ入ると ウ~!
19時50分 部屋へ戻って、メールを打ち終わると ウ~!
21時02分、05分 上記まで書くと ウ~! 立て続け!

今日の飛行機音 大!  8時36分~17時頃 18回
今日のヘリ音 大!    9時19分~20時38分 6回
今日のジェット機音 大! 11時22分 1回

今日もお風呂、頭の防御、食事にピーポーピーポー!
パソコンを始めると眠らされ、起こされるとウ~立て続け!
日常的な生活音は無く、不自然な音に包まれています。

以前、高島平団地にポスティングに行きました。
お昼時になると、魚を焼く匂い、きんぴらを作っているお宅、ミートソースの匂い等、生活感に溢れていました。
ここは、その様な事も無く、普通の生活をしている人はいない様です。

今日も朝から頭を押され続け、顎が胸を押して圧迫骨折を作っています。
手足の痺れが酷く、右手は拘縮して動きません。
四方八方からブライティング、加害波照射! 散々です。



今日のニュース 東京新聞 TOKYO Web より引用

「自分の国に裏切られた」 被爆者、日本政府を強く非難
2017年3月29日 夕刊

 【ニューヨーク=北島忠輔】国連本部で開かれている核兵器禁止条約の制定交渉で、広島で被爆したサーロー節子さん(85)=カナダ在住=が二十八日の会合に出席して英語で演説し、交渉不参加を表明した日本政府に対し、「自分の国に裏切られ、見捨てられ続けてきたという被爆者としての思いを深くした」と厳しい言葉で非難した。

 サーローさんは非政府組織の核兵器廃絶国際キャンペーンを代表して参加。十三歳の時に広島で被爆し、一週間後に姉とおいを亡くした経験から、「広島と聞いて最初に思い出すのは被爆して膨れ上がり、かすかな声で死ぬまで水を求め続けたおいの姿だ」と核兵器がもたらす悲惨さを訴えた。
 
唯一の被爆国だが交渉に参加しない日本政府に対し「各国の要人を広島に招き、悲惨さを知ってもらうことで核軍縮の重要な役割を担っているというが、米国の核の傘に入り続けるなら、これらは口先だけの責任逃れの行動だ」と批判。核廃絶を求める日本国民の世論に応え、核保有国とは独立した立場を取るべきだと主張した。

 一方、交渉参加国に対し、「核兵器は違法で倫理に反すると宣言する条約の制定がみなさんの任務だ」と要請。会場の参加者から大きな拍手を浴びた。

被爆体験
28日、ニューヨークの国連本部で被爆体験を語るサーロー節子さん=共同

      ◇

 被爆者で会場にいた藤森俊希さん(73)=長野県茅野市=は「被爆国なのに核廃絶に動かないことが、被爆者の心を傷つける」と共感した。傍聴した長崎大一年野村梨紗さん(19)は目に涙を浮かべ「ここに日本政府がいないのが悔しい」と話した。 (共同)

◆実質交渉始まる

 【ニューヨーク=北島忠輔】核兵器の保有や使用を法的に禁止する核兵器禁止条約制定に向けた実質交渉が二十八日、米ニューヨークの国連本部で始まった。日本政府は参加していない。

 制定を主導するオーストリアの代表は「核使用の犠牲になった人類の苦難にも言及を」と被爆者の思いを反映するよう求めた。

 この日は、主に条約の前文について、各国が意見を表明した。

 オーストリアの代表は、二十七日に被爆者代表として参加した日本原水爆被害者団体協議会の藤森俊希・事務局次長の演説を踏まえ、「前文には、核兵器の非人道性を明記すべきだ」と訴えた。

 ブラジルの代表は「核保有国が軍縮義務を履行している兆候はない」と指摘。「完全な軍縮に向けた各国の決意を盛り込むべきだ」と述べ、非保有国が一体となって保有国に圧力をかけるべきだと主張した。

引用終わり


私にとって、日本が自分の国という感覚が希薄です。
国が国民の為にあるという気がしません。
もう少し政治に関心を持っていなければならなかったようです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |