プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去の事 ③

街宣活動のお知らせです。
お近くの方は、是非ご参加下さい。


目覚めよ日本!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!亡国メディア!街宣活動告知!

http://liferelax.blog.fc2.com/

2017年4月10日(月曜日)午後12時~18時位まで!

石川県金沢市香林坊 日本銀行金沢支店前、アトリオ向え

2017年4月17日(月曜日)午後12時~15時まで
金沢駅東口 日航ホテル ポルテ金沢横

同日         午後16時~19時まで
       金沢市武蔵町 エムザ前



集団ストーカーという犯罪は、相当以前から行われていると思っています。
私の父は、無自覚の被害者です。
母が元々の被害者だったかどうかは分かりませんが、一家を狙った犯罪です。

私を自覚被害者にした理由も分かりません。
創価学会の池田大作が「七代祟れ」と言っているそうで、その何代目かに当たります。
ただ、私はこの犯罪が創価学会だけでやっているとは思っていません。

父にも被害と思われる事が沢山あります。
小平市に引っ越してから、喘息になったそうです。
発作で眠れずに出勤していた事も多々ありました。

気圧の変動によって、発作が起こっていた様です。
ある時、棗の実を持った途端に酷い呼吸困難になり驚いた事があります。
最小限のステロイドで、何とか乗りきっていた様です。

私が保育園の時に交通事故に遭っています。
バイクにぶつけられたようですが、私は母と病院へ行った記憶しかありません。
父の遺品の中に古い書類が有ったので取ってあります。

私が中学の時には、足の親指だったと思いますが骨折しています。
職場で数人で重い物を持っている時に、誰かが手を放したようで労災です。
父は病院嫌いで、少し良くなると医者と喧嘩をして退院して来ました。 いつもです。

やはり中学位の夏休みに、一家で帰省した時の事です。
碓氷峠(バイパスは出来ていませんでした)で父がブレーキが利かないと言いました。
私の車酔いが酷い為に、元々ゆっくりと走っていました。

大きな石に乗り上げて一度止まり、後はノロノロと峠を下りました。
これは車に何かの工作をされたのではないかと思っています。
父がハンドルに唇をぶつけて少し切れましたが、後の3人は無傷でした。

母が亡くなり父が一人になると、無言電話がしょっちゅう掛かって来るようになりました。
父は一切の電話に出なくなりました。
娘からの電話にも出ませんでした。

裏の家の犬が騒ぐ!
隣のベランダに鳩が巣を作り、父のベランダにも入り込んだり糞をすると追っていました。
これらは集団ストーカーの被害そのものです。

父が亡くなったのも、タイミングといい、状況といい、自然死を装った殺人だと思っています。
母が早く亡くなり、父を長生きさせたのは、その方が父にダメージを与えられるからだったのでしょう。


今日も0時を過ぎてパソコンを切りました。
0時40分  片付けて御手洗いへ入ると ピーポー!
起こされてラジオをつけると歌が終わったところだったので3時過ぎだと思いました。

時報で起きようと思ったら、3時の時報でした。
出来るだけ防御を戻して横になっていましたが寝心地が悪く、4時の時報で起きました。
今日は早朝、6時台からピーポーピーポー!

一日中ピーポーピーポー立て続け!
目立つ飛行機音はありませんでしたが、ヒュルヒュル音は一日中!
声立て!ドアバンッ!ピーピー車もウロツキ回っていました。

朝から頭を押され、顎が胸を圧迫しています。
心臓加害、足底にピンポイントの加害、書いていると切りがありません。
今日も酷く眠らされ、様々な妨害をされています。



今日のニュース 東京新聞 TOKYO Web より引用

3歳未満対象「ゼリー状」ヨウ素剤 購入できず自治体困惑
2017年4月9日 朝刊

原発の過酷事故に備え、甲状腺被ばくを防ぐ安定ヨウ素剤を独自に住民に配布している自治体が、三歳未満の乳幼児に飲ませるゼリー剤が入手できず困惑している。ゼリー剤を開発した医薬品メーカーが、内閣府以外には製品を卸さず、個々の自治体の注文に応じていないのが原因だ。事故時に臨機応変に対応するために、ゼリー剤を手に入れたい自治体側は「国や県と交渉したい」と活路を求めている。 (山下葉月)

 国の指針では、安定ヨウ素剤は原発からおおむね五キロ圏の予防防護措置区域では、関係する道府県が、事前に全ての住民に配布する。一方、五キロから三十キロ圏の自治体では個人には配布せず、保健所などに備蓄し、事故が起これば配布する。費用は国が交付金の形で負担する。

 首都圏で唯一の原発、日本原子力発電東海第二原発がある茨城県は、二〇一五年から五キロ圏内の住民に配布している。しかし、原発が立地する東海村に隣接し、市域の一部が五キロ圏にかかるひたちなか市は、国の指針に関係なく、五キロ以上の地域も含め全市民に安定ヨウ素剤を配布している。避難する車で幹線道路が渋滞すれば、事故後の配布は困難と判断したためだ。また配布場所が決まっておらず、市民に周知することも難しいと考えている。
 
乳幼児の場合、一般的な丸薬タイプでは一個で適量を超えてしまうため、そのまま飲ませることはできない。このため国は、乳幼児でも服用できるゼリー剤の開発を後発医薬品メーカー「日医工」(富山県)に要請、原発など周辺の二十四道府県向けに三十万個
を発注し昨秋から配布している。

 ひたちなか市も市独自でゼリー剤を購入するため、昨年十月に卸業者を通して注文、見積もりまで取ったが、その後、日医工の担当者が直接、市を訪れて「売れない」と販売を断ったという。

 日医工は「一つの自治体からの受注を許すと、キャパシティー(製造能力)を超える受注が来てしまう可能性がある」と理由を説明する。今後の対応については「国と協議中」とする。
 
一方、内閣府の担当者は「買い占めはしていない。自治体が日医工とやりとりして購入する分には何ら問題ない」とする見解を示している。

 先月、大阪高裁が再稼働を容認した関西電力高浜原発3、4号機(福井県)から五十キロ圏の兵庫県篠山(ささやま)市は、ひたちなか市と共同でゼリー剤の購入を検討したが、結局、断念した。篠山市の担当者は「事前配布の会場で、母親に『なぜ三歳未満の子どもに配布できないのか』と聞かれた。小さい子を持つ親の気持ちをくんでほしい」と訴える。東京電力福島第一原発事故が発生した福島県のいわき市も、同様にゼリー剤が入手できないでいる。

◆自由に入手の仕組みを

 東京電力福島第一原発事故で国会事故調査委員会委員を務めた崎山比早子さん(医学博士)の話 三歳未満の子どもたちは甲状腺に放射性ヨウ素を取り込みやすく、事故後、早急に安定ヨウ素剤を飲ませた方が良い。安定ヨウ素剤自体は苦味が強く、子どもが吐き出してしまうこともあるが、ゼリー剤は甘く飲みやすくしている。原発から放出される放射性物質は、風向きや天候によってどのように飛散するか分からず、五キロ圏外なら安全だという保証はない。国は、五キロ圏外の人でも自由にゼリー剤が入手できる仕組みを整えるべきだ。

<安定ヨウ素剤> 原発事故で内部被ばくして甲状腺がんを発症するのを防ぐ医薬品。あらかじめ甲状腺を安定ヨウ素剤で満たしておき、放出された放射性ヨウ素を取り込まないようにする。被ばくの24時間前に飲めば大部分はブロックできるとされる。13歳以上は丸薬2つ、3歳以上13歳未満は1つ、3歳未満はゼリー剤を国などの指示に従って服用する。

引用終わり


ブログ WONDERFUL WORLD より転載。
http://wonderful-ww.jugem.jp/

緊急のお知らせ、中部地方で2.6μSv/hの線量が出ています

転載終わり


是非、元記事を確認して下さい。
いざという時に他人を頼っても無理でしょう。
自分の身は、自分で守るより仕方ありません。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |