プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2月は何か

小平市で、隣家のベランダからゴミが流され始めたのが2月でした。
同年、足底に電流を流され、この犯罪に気付かされたのも2月でした。
とても親しくしていた友人が家を持ち、引っ越したのも2月でした。

この友人は被害の事を話すと段々と疎遠になり、今は全く連絡が来なくなりました。
私から連絡されるのが迷惑なのかも知れないので、メールもしなくなりました。
父が亡くなったのも2月です。

被害報告集を書いたのが2月…。
同期の御主人が亡くなり、電話をしたのですが繋がらず、NTTに聞くと受話器を外してあるのではと取り合って貰えませんでした。
何度掛けても、繋がりませんでした。 これも2月。

ここの前のアパートで、階下の加害者が私が煩いと不動産屋や大家さんに言い始めたのも2月です。
引越さなければならない原因になりました。
この辺りから、肩胛骨の間が痺れ、首の後ろが痛くなりました。

首が曲がって奇形になり、障害者になりました。
被害が激化して右手、腕まで動かなくなって来たのが今年の2月です。
私にとって2月が何なのか、それともこの犯罪に2月が関係しているのか…?


昨日も様々な妨害と加害で遅くなりました。
パソコンを切ったのは今日になってからでした。
1時近くに布団に入りました。

トイレ誘導で起こされると3時過ぎでした。
布団に戻り防御が薄くなると眠らされたようです。
起こされると4時40分、明るくなっていました。

8時11分  歯磨き、歯間ブラシを使う前に隣家の雨戸音! 飛行機音!
今日はここから不自然な飛行機音、ヘリ音が始まりました。
タイミングに合わせて真上の大きな低周波加害の音です。

9時12分  髪を梳かし頭の防御が終わると ピーポー! 続けて飛行機音 多!
ピーポーは1回、2回で止める事が多く、重要なポイントになると狂った様にウ~ピーポー!

昨夜の転倒で右脚が痺れ、思う様に動きませんでした。
打撲した所も痛く、今日はほとんど横になっていました。
私が動き始めると、近隣の音立て、声立て、ドアバンッ!

ピーピー車、バイク、車が多数ウロツイているのがよく分かりました。
連続した生活音は無く、とても気持ちが悪いです。
静かになると街のざわめきも無い所です。

今日も圧迫波が酷く、四方八方から押されています。
右半身不随の様な感じになり、左手も痺れています。
キャスター付きの椅子に座ると揺らされているのが良く分かり、ふらつきの原因になっています。



今日のニュース The Huffington Post  より引用

伊藤博文さんのプロフィール削除 行方不明の静岡県警・刑事部長
The Huffington Post  |  執筆者: 安藤健二
投稿日: 2017年04月12日 18時03分 JST 更新: 2時間前

4月10日から行方不明になっている静岡県警の刑事部長、伊藤博文(いとう・ひろふみ)さんのプロフィールが、同県警の公式サイトから12日に削除された。

刑事部長
静岡県警の公式サイトに掲載されていた伊藤博文さんのプロフィール

NHKニュースによると、伊藤さんは職場から静岡市内の自宅に帰った後、10日午後9時ごろに、再び自宅を出てから連絡が途絶えた。自宅には携帯電話や財布が残されていたほか、車で出かけた様子もないことから、家族が捜索願いを出した。警察は60人態勢で行方を捜している。

伊藤さんは刑事部門のトップとして、暴力団など犯罪組織の壊滅・弱体化を担当する組織犯罪対策部門を率いていた。朝日新聞デジタルによると、静岡県警では事故などに遭った可能性もあると見て調べているという。

静岡県警は12日付で、石津裕士・刑事部参事官を事務代理に充てる人事異動を発令した。

■「夕張メロンがおいしい」とふるさと自慢

伊藤さんは北海道夕張市出身。静岡県立新居高校を卒業後、静岡県警に採用された。同県警の公式サイトの採用情報コーナー「輝け!全国の星★」で、北海道代表として12日までに掲載されていた。ふるさと自慢は「夕張メロンがおいしい」。静岡県の好きなところは「マスクメロンがおいしい」と記し、メロン好きな一面をのぞかせていた。趣味はジョギングと登山だという。

静岡県警の警官を目指す受験生に向けて、以下のように半生を振り返っていた。

「私は、夕張市で生まれ育ちましたが、父が働く炭坑が閉山となったため、15歳のとき、静岡県に転居し、高校卒業と同時に警察官となりました」

「現在は、念願かなって暴力団など犯罪組織の壊滅・弱体化を担当する組織犯罪対策部門の一員に登用され、やりがいを感じながら充実した日々を送っています」

静岡県警広報課の担当者は、ハフィントンポストの取材に対して「公式サイトからプロフィールを削除した理由については、こちらでは把握していない」と話している。

引用終わり 下線は私


プロフィールを削除したのは広報課ではないという事でしょうか。
何処かが勝手に削除したという事?
取材の回答に違和感があります。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |