プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去の事 ⑩

高校の2年の終わり頃だったと思います。
お腹が痛くなり病院へ行きました。
病名は「慢性盲腸」と言われました。

手術で盲腸を切りましたが、こんな病気があるのでしょうか。
検索すると一応出て来ますが…。
無くても良い物なので取ってしまうという事の様な気がします。

この時期に同級生も盲腸で手術をしているので、何となく変です。
痛い思いと気持ちの悪い思いをしただけ、損をした気分です。
体操の時間を見学に出来たのは嬉しかったですが。

中学の冬服と、高校の制服はセーラー服でした。
スカート丈は今の学生の様にお尻が見えそうに短くありません。
特に高校は校則が厳しく、膝から何cmと決まっていました。

風が吹くとスカートがめくれ上がり、大変困りました。
大体同じ場所でそうなります。
この犯罪は風もコントロールしていると思っています。

女子高は男子が居ない分破目を外すのか、ブラジャーのホックを外すという事が一時期流行りました。
この犯罪に気付かされてから、何もしないのに外れる事があります。
仄めかしだったのか、ただの悪ふざけか…。

女子高はヒーローも女性です。
演劇部で体育祭などでも活躍していた人に人気がありました。
この人と同時期に級長だった時は結構大変でした。

なるべく目立ちたくないのに、巻き添え…。
それでも3年間、何とか無事に終わりました。
修学旅行も親しい友人と楽しんで来ましたが、家に着くとテレビで浅間山荘事件の生中継をしていました。


昨夜も0時近くにパソコンを切りました。
片付けて布団に入ったのは0時半を過ぎてからです。
起こされてラジオをつけると1時過ぎでした。

茶器?の話、岩崎宏美の深夜便の歌をやっていました。
ウトウトすると直ぐに起こされ2時過ぎのロマンティックコンサート。
ウトウトすると3時の時報。

ここからラジオは雑音になり聞こえなくなりました。
外では妙な音!変な音が多数していて眠れません。
時々ラジオをつけると4時は過ぎた様なので起きました。

時計を見ると4時35分、すぐに右脇腹に殺人波照射!
階下へ行くと頭を圧迫され、食事をすると飲み込み妨害!
睡眠妨害も身体攻撃も酷い一日が始まりました。

8時15分  ゴミを纏め、ガスコンロの汁受けマットを取り換えていると ウ~ンという様な気味の悪い低周波の飛行機音!
今日も此処から飛行機音、ヘリ音共に大きな音で大量に流されました。
21時26分にも、飛行機ともヘリともつかぬ大きな上空の音でした。

13時18分 お手洗いに入るとピーポー!
今日の日中は極端に少なく、どうしたのだろうと思っていました。
パソコンを始めると、いつもの様にピーポーピーポー!

今日も圧迫波が酷く、顎が胸を押し続けて胸椎の圧迫骨折になりそうです。
手足の痺れが酷く、ヘリ音等で余計に右手が動かなくなります。
殺人波も体の至る所に照射され、重い痛みになります。



今日のニュース J-CAST より引用

耐震工事をした小学校校舎が使えない!大阪府泉大津市で予算3300万円の無駄遣い
2017/4/19 15:21

大阪では不思議なことがよく起こる。大阪府泉大津市の小学校で、耐震工事をした校舎が強度が不足しているとして、閉鎖され、別にプレハブを建てて授業をしているという。耐震工事費3300万円。プレハブ建設費6600万円。叱ってやらないけまへんで。
 
   問題の校舎は、市立上條小学校の3号館、鉄筋3階建て。災害時の避難場所にも指定されているのだが、番組が調べてみて驚いた。この校舎、7年前に耐震補強工事が行われていたのだが、去年(2016年)大阪府に「強度不足」を指摘され、閉鎖されてしまった。

強度得られないこと知りながら工事発注

泉大津市が耐震補強工事を計画したのは2010年。市教委は前年の09年、設計会社A社に耐震補強を依頼したのだが、A社は断った。理由は、コンクリート強度が低くて補強しても、基準を満たすことはできない。「解体撤去すべき建物」としたのだった。
 
   ところが市教委は翌年、別の設計会社B社に補強工事を要請。B社は3300万円をかけて工事を行った。ただ工事の前に、異例の覚書を交わしていた。内容は「工事をしても、必要な強度は得られない」というものだった。
 
   司会の羽鳥慎一「なぜそんなことが?」
 
   校舎はそのまま使われてきたのだったが、2015年に耐震基準が改正になり、16年3月大阪府が調査を行った。その結果、「補強したとは見なせない」との判断になったのだが、学校も保護者も児童も誰も知らずに6年間授業が行われていたのだった。
 
   野上慎平アナ「入学して卒業するまで知らなかったことになる」。結局同年10月、3号館は閉鎖になった。別にプレハブを建てることにもなったということ。
 
   羽鳥「あの3300万円はなんだった?」
 
   野上「基準を満たさなくてもいいから、工事をやってくれといったわけです」
 
   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「ここまでわかりやすい税金の無駄遣いはない」

予算あるから執行した
 
   「ショーアップ」が市教委の木村浩之・総務課長に聞いた。
 
-基準はありますよね。「ありますね」

 -満たしてませんね。「満たしてませんね」

 -どう安全確保をするつもりだった? 「・・・ちょっとそこまでは考えていないんですけど、予算があるから全部使えって意味じゃないですけど、予算つけるとなれば、計画的にすみやかに工事を実施して、予算執行していく。滞りなくやるという意味では、(予算は)22年度に組んでいるものなので、その中で処理して行かなあかんって思いはあったと思いますね」
 
   さらに「予算とってるのに何もしなかったら、何の仕事してるのっていうお話になるので」とまで言ったのだった。
   
   スタジオは唖然!
   
羽鳥「予算がついたから執行した、と笑いながら言ってましたね。言われたからやったということですよね」

 玉川「しかもこの時、市の財政は赤信号だった。そこを無駄と分かってる3300万円を使ってる。で、校舎は閉鎖になった。どう責任取るんだ」

 中林美恵子(弁護士)「内部告発じゃない。ということは誰もおかしいと思わなかった。子供の安全何も考えてない」

 野上「災害時の避難場所ですよ。法改正がなければ調査もされず、ずーっと続いていたかもしれない」

 玉川「これ、担当の役人の責任は問えないんですよ」

 羽鳥「予算を執行しただけ」

 野上「工事の依頼も違法とは言えないと顧問弁護士は言っている」

文   ヤンヤン

引用終わり


大阪だけの事ではないでしょう。
稲城市の借家に住んでいた時に、隣家の梨園にコンクリートミキサー車が何度も来ました。
ガーガーゴーゴーと凄い騒音でした。
2トン車と言うので、あと何回やるのか尋ねると、これで終わりだと言いました。

その後にまた来たので終わりと言ったのにと言うと「頼まれればやる」と言いました。
民家の何処に何トンものコンクリートを入れるのでしょうか。
頼まれれば人殺しもやる、そう言っている様に聞こえました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |