プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去の事 ⑮

新端末に慣れると仕事は段々とマンネリ化して来ました。
私が病欠で一月ほど休み、その後母が入院しました。
母の入院中は係長が早退する様に声を掛けてくれ、同僚にも仕事を助けて貰いました。

係長が変わり、新人も毎年入って来ました。
仕事の区割りが変わり、別の係りだった人と一緒に仕事をする様になりました。
新端末に慣れると仕事は楽になり、毎日同じ事の繰り返しになりました。

自分は、大きな組織の中の歯車の一つにしか過ぎないと思いました。
段々と歯車でもない、油の一滴だろうと思いました。
現場で起こる問題はありましたが、経営者にそのような事は関係無いでしょう。

本当に現場の声を聞き、対処する企業などあるのでしょうか。
こんな風に思っていた時に大阪で人質事件が起こりました。
テレックスでそこに電話も何もしない様にというのが流れて来たのが始まりだったと思います。

この事件で定年まで働こうという気持ちが無くなりました。
現場は大阪でしたが、とても無気味さを感じていました。
理由はこの事件だけではありませんが、辞めようと思いました。

係長に話すとのらりくらりと逃げるという感じでした。
何度か言った後に退職願を出す様に言われました。
その様な手続きの事も全く知らず、無知そのものでした。

退職願を出してから辞めるまで半年いる様に言われました。
初めて言いに行った日から半年で辞める事にしました。
有休も殆んど使わずに残したまま辞めました。

労働基準法などを知ったのはこの後です。
今ならばパソコンで調べれば直ぐに分かりますね。
無知というのは困った事です。

この職場で被害と思われる事は初期に集中しています。
その後は繁忙期で嫌がらせなどしている暇が無かったのでしょうか。
ここは誰かに何かされたから辞めたというのではありませんでした。


今日も0時過ぎに布団に入りました。
防御が終わると、下からの衝撃波!
起こされてラジオをつけると2時過ぎでした。

天気予報、3時の時報。
尿洩れ誘導をされそうなので、お手洗いに行きました。
3時14分 階段を下り始めると ピーポー!

布団に戻り、タイトルに昭和の付く歌の特集を聞いていました。
ラジオの音がしていると外で変な音が始まります。
ラジオの音を小さくすると止めました。

全く眠れず4時近くなると右脇に殺人波照射!
いつも通りの加害で4時に起きました。
今日もピーポーは小さ目、少な目でした。

16時06分 ゴミを片付けていると グ~ッ 押し付ける様な飛行機音!
日曜日なので、大きな音はこの後も1度位です。
ヘリ音も数秒で止めた1回だけでした。

早朝から多いのは四方八方から入って来るラップ音。
二階に居るとベランダからラップ音、加害音が多数入って来ます。
車、バイクのウロツキも多くありました。

今日も圧迫波が酷く、首は曲がったまま動きません。
手、足へのビリビリと痺れる加害波の照射!
揺れによる転倒を狙っている様です。



今日のニュース ねとらぼ より抜粋  

2017年04月30日 18時47分 更新
セコムがドローンを活用した巡回監視へ 山口県の刑務所で実証実験
セコムドローンによって上空から監視する新サービスです。
[宮原れい,ねとらぼ]

セコムは、民間防犯用の「セコムドローン」を活用した新サービス「巡回監視サービス」の実証実験を、山口県美祢市にあるPFI刑務所「美祢社会復帰促進センター」で実施すると発表した。

セコム
「セコムドローン」による「巡回監視サービス」の利用イメージ

セコムドローンは、2015年12月に提供を開始した自律型の飛行監視ロボット(関連記事)。今回実証実験が行われる「巡回監視サービス」では、このドローンを遠隔で発進して敷地内を自律飛行させ、搭載されたカメラのライブ映像で上空から監視することで、死角の少ない高度なセキュリティを実現。また屋上等の危険な場所の監視や、それに伴う常駐警備員の負担軽減も可能になるとしている。

セコム

セコム
「ドローンポート」から離陸する様子(上)/事前に設定した経路(速度/高度/向き)で飛行するドローン(下)

同サービスは今後、主に比較的規模の大きな施設向けに提供される予定。また将来的には画像処理技術やAIを活用することで、異常の自動検知などを可能にし、人による映像監視も省力化できるよう発展させるとのこと。

 セコムが代表企業として参画している官民協働の刑務所「美祢社会復帰促進センター」は2007年4月に開所。敷地総面積は約28万平方メートル、初犯者を対象に男女受刑者1300人の収容が可能な施設で、同社はセキュリティシステムの提供や安全管理など多くを担当している。

抜粋終わり


監視するのは敷地内だけでしょうか。
飛んでいれば下の物は全て映ります。
知らない内に、更に監視されそう…。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |