プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去の事 ⑲

病院に勤めた辺りから時系列がはっきりと思い出せません。
細かい事が次々と起こっていた為かも知れません。
私が入った時の事務長が辞めて、新しい人が入りました。

それまでの方は、いかにも病院の事務長という感じの落ち着いた人でした。
医事課の隣の部屋から殆ど顔を出しもしませんでしたが、この人の元で統制が取れていたのだと思います。
この人が辞めて、次の人も何かの問題で辞め、その後は出向で来る事務長になりました。

病院とは全く違う職業から来る出向の事務長は、医事の事など知りません。
いずれは元の職場に帰るのが希望なのでしょう。
この様な出向の事務長が何人も、次々と変わりました。

隣の部屋は総務課となっていたのか、全く覚えていません。
給料や保険、庶務的な事等、医事課以外の事務の全てをやっていました。
ここに創価学会の本部長という人が入社しました。

この人の前は誰だったのかを思い出そうとしているのですが思い出せません。
以後、看護婦なども創価学会の人が増えたのではないかと思います。
外来は午前中だけですが、外来専門の人を入れ、私はずっと医事課に居る様になりました。

この外来で入った人も本部長が連れて来た学会員でした。
この犯罪の事など知らない私は、薬剤師と3人で私的にも出掛けたりしていました。
後で分かった事ですが、外来で一緒だった看護婦も学会員でした。

この人から嫌な思いをさせられた事はありませんし、仕事も丁寧に教えて貰いました。
この辺りから学会員に取り囲まれていたのでしょうか?
この職場でも感じの悪い人はいましたが、嫌がらせなどはされていません。


昨夜も0時近くにパソコンを切りました。
0時10分  お手洗いに階下へ下りる前に ウ~ピーポー! 深夜にトイレ誘導で起こす為に尿を止められてしまい少ししか出ません。
0時半頃に布団に入りました。

尿意で起こされ、下で時計を見ると2時53分でした。
布団に戻りラジオをつけると外で変な音がしていました。
3時の時報、都はるみと北島三郎の特集でした。

左右両方の脇腹に照射されて痛く、4時06分に起きました。
今日も隣家の電気が点いていました。
圧迫波、殺人波もいつも通りの一日が始まりました。

今日の飛行機の大音量は夕食の時に一回だけでした。
ヘリ音は御手洗い(大)の時に一回、ほんとうに下劣な犯罪です。
ピーポーも少な目で小さな音、すぐに止めるのが多かった様です。

今日も圧迫波が酷く、体全体を押されている感じで重たくて仕方ありません。
首の筋、右手の指が拘縮して動きません。
痰が絡んで呼吸妨害、飲み込み妨害で息苦しさが続いています。  



今日のニュース 東京新聞 TOKYO Web より引用

親権停止、最多83件 虐待や育児放棄 児相の関与増す
2017年5月6日 夕刊

虐待やネグレクト(育児放棄)などをした親に対し、全国の家裁が出した「親権停止」の決定が、昨年一年間は八十三件と過去最多だったことが、最高裁の集計で分かった。親権停止は二〇一二年四月に始まった制度で、活用が進んでいることをうかがわせた。最高裁は「児童相談所長による申し立てが増えたことが要因」と分析している。
 
親を子どもから引き離す制度は、期限を設けない「親権喪失」が従来あるが、親子関係の修復が望みにくく、結果的には子どもの利益にならないとの指摘があった。民法改正で新設された親権停止は、家裁が審判で親権を最長二年間停止する仕組みだ。
 
最高裁によると、親権停止決定は一二年十四件(親権喪失決定十七件)、一三年六十三件(同二十五件)、一四年四十件(同三十二件)、一五年五十八件(同二十一件)、昨年八十三件(同二十五件)だった。

 児童相談所長による停止申し立てが増加。一二年は十件(停止決定に至ったのは全十件)だったが、昨年は七十四件(同五十九件)に上った。

児相

 子ども本人や親族からを含めた停止申し立ての総数も増加傾向にあり、昨年は初めて二百件を超えた。一方、喪失申し立ては百件前後で推移している。

 昨年の停止決定理由の内訳は、ネグレクト三十四件、身体的虐待十五件、心理的虐待十三件、性的虐待五件などだった。停止の対象は実母五十八人、実父三十一人だった(父母ともに停止されたケースあり)。

 親権停止の期間中、子どもは児童養護施設に入所したり、親族に預けられたりすることが多い。

 厚生労働省の担当者は「小さい子どもの場合、長い目で親子関係の修復を図ることも必要だ。関係が断絶してしまう親権喪失より、期間を区切って親に改善を促すことができる親権停止の方が利用しやすいのではないか」と話している。

引用終わり


子供を拉致同然に連れて行かれ、会えなくなってしまう児相問題を御存知でしょうか。
児相問題で検索して下さい。
本当に虐待が増えているのでしょうか。


スポンサーサイト

コメント

児相に取られた子供達は、毎日のように精神薬を飲まされるそうです
全く私の知っている日本はなくなった気がします
2017-05-08 01:52 | #Gls.umQA URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

児相問題と集団ストーカー、テクノロジー犯罪の根っ子は同じではないかと思っています。
集ストで精神科誘導をして精神薬を飲ませる。
ターゲットを薬漬けにしたいようです。
私も被害者と気付かされてから児相問題を聞きました。
信じられない様な話が事実だという事に驚きました。
日本はいつの間に無くなっていたんでしょう…。



> 児相に取られた子供達は、毎日のように精神薬を飲まされるそうです
> 全く私の知っている日本はなくなった気がします
2017-05-08 20:05 | pgha1117 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |