プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今日も0時過ぎに布団に入りました。
起こされてラジオをつけると3時過ぎ、いしだあゆみの特集でした。 
外では、いつも通りゴーゴー、シャーッなどの不審な音がしていました。

夜中から気管の奥に痰が絡み咳が出ていました。
右半身、左足底に殺人波照射で寝ていられません。
4時5分過ぎ頃に起きました。

食事、頭の防御、お米を研いで洗い物をしました。
首を伸ばす為に横になると、今日も眠らされてしまいました。
起こされると手足がビリビリと痺れ、脱力感で動くのが大変になっていました。

9時37分  頭の防御を新しく作りました。 それが終わると ピーポー!
以後は度々眠らされていたのでピーポーもあまり聞いていません。
外せないポイントではいつもの様にピーポーピーポー!

10時50分 食事の支度を始めると 変な ヘリ 大音量!
以後、食事半ば頃までヘリ、飛行機の騒音を立て続けられました。
シャワーから出て、頭の防御をしている時にも異常なヘリ音の立て続け!

昼間、横になると短くて10分、長い時は45分位眠らされていました。
明るい所で防御も薄く、加害のやりたい放題になり起こされると具合が悪くなっています。
弱い所を狙うので、右脚もびっこを引いて歩かなければなりませんでした。

眠らせる時間も長さも加害者の都合です。
朦朧としていても眠らない時もあります。
眠ろうとして横になるのではなく、横になるといつの間にか寝ています。

眠らされているので、今日やろうと思っていた事は一つも出来ませんでした。
この様な事を妨害する為にも眠らされています。
一日中、様々な加害波を照射され続けています。

パソコンを始めるとネット妨害を始めました。
メールは送受信ともにエラーになりました。
ネットは【このページは表示できません】といつも通りの妨害です。

動作も遅く、再起動をしてもシャットダウンをしても駄目でした。
アレコレと頭を捻って、いつも見ているブログを長い時間掛かってやっと見ました。
朝から深夜まで加害と妨害のやり放題です。

ニュースを見る事も散々妨害されています。
遅くなったので諦めて途中で止めました。
こんなに延々と妨害された事はありませんでした。

私が受けている身体攻撃や妨害が追体験できる時が来ると思います。
テクノロジーの技術ですから、いずれは公開される時も来る筈です。
是非とも一般の方、ハイテク被害を信じられない被害者の方に追体験して頂きたいと思います。



今日のニュース ITpro より抜粋

あまりに危険なIoT、濃いコーヒーを飲まされる恐れ
勝村 幸博=日経NETWORK 2017/05/11

IoTのセキュリティの重要性が叫ばれている昨今、新たなニュースが飛び込んできた。セキュリティ関連の海外サイトが2017年3月下旬、ネットワークにつながる食器洗い機(食洗機)に脆弱性が見つかったことを相次いで報じた(英The Registerの記事、米CyberScoopの記事)。

 これらを読んで筆者の頭には、「狙われる食洗機」というタイトルが浮かんだ。「何ということだ。食洗機を乗っ取られて第三者に皿を洗われてしまう恐れがあるのか!すぐに『狙われる食洗機』という記事を書いて警告しなくては」と思った。

  前述のニュース記事などによると、該当の食洗機が備えるWebサーバー機能に脆弱性が見つかったようだ。「ディレクトリトラバーサル」と呼ばれる脆弱性で、悪用されると、公開用ディレクトリー以外に置かれたファイル、つまり、公開を許可していないファイルに外部からアクセスされてしまう。

関連記事:ディレクトリ・トラバーサルとOSコマンド・インジェクション

 該当の食洗機は、病院や医療機関で多く使われているという。このため一部のニュースでは、この脆弱性を突かれて病院・医療機関のネットワークに侵入され、カルテなどのセンシティブな情報を盗まれる恐れがあると警告した。

 これらの報道に対して、該当食洗機のメーカーであるドイツのミーレはプレスリリースを発表。脆弱性が見つかったのは事実だが、該当の機器「PG 8528」は食洗機ではなく、医療用消毒器(disinfect medical products)だと指摘した。

専門家が警鐘!コーヒーメーカーにも脆弱性

 2008年には、コーヒーメーカーにも危険な脆弱性が見つかっている。スイス ユーラの「Impressa F90」をインターネットに接続していると、コーヒーの濃さを第三者に勝手に変更される危険性があった。

 Impressa F90には、別売りのインターネット接続キットがある。それを利用すれば、インターネット経由でコーヒーの濃さや量、いれる時刻などを設定できる。このキットに脆弱性があったのだ。

国内有数のセキュリティ研究者で、FFRIの社長を務める鵜飼裕司氏は、2011年に開催された情報処理推進機構(IPA)のシンポジウムにおいて、「例えば、薄いコーヒーが好みなのに、毎回濃いコーヒーを飲まされる恐れがある」と警鐘を鳴らした。

関連記事:狙われる「情報家電」、コーヒーメーカーにも“危険な脆弱性”

 冷蔵庫も危ない。2015年に開催された世界最大級のセキュリティイベント「DEFCON」のIoTハッキングコンテストにおいて、韓国サムスン電子のスマート冷蔵庫に脆弱性が見つかった。

 この脆弱性は、TLS/SSL証明書の検証に関するもの。TLS/SSL対応Webサーバーにアクセスした際、その証明書を適切にチェックしない。このため、攻撃者が正当なWebサーバーのふりをして通信を中継する中間者攻撃(Man-in-the-Middle攻撃)が可能になる。

 例えば、この冷蔵庫には、Googleカレンダーにアクセスしてスクリーンにスケジュールなどを表示する機能があるので、この表示を改ざんしたり、Googleアカウントのパスワードを盗聴したりすることが可能になるという。

冷蔵庫
改ざんされた冷蔵庫のスクリーン表示
(出所:Pen Test Partners)

今回挙げたのはほんの一例。これら以外にも、情報家電(IoT)の脆弱性は相次いで見つかっている。家電をネットワークにつなぐと便利な場合もあるだろうが、リスクを考えると、個人的にはつなぐ必要性を感じない。

 この記事で冗談めかして書いたように、今のところは“笑い話”で済むことが多いIoTのセキュリティ問題だが、IoTの用途が拡大するにつれ、将来的には深刻な状況になる可能性が高い。開発者もメーカーも、そしてユーザーも、そろそろ真剣に考えなくてはいけないだろう。

抜粋終わり


便利で手間が掛からない事にはリスクがあるという事でしょうか。
私の冷蔵庫、洗濯機は加害者によって動きます。
冷蔵庫のサーモスタットはONOFFがひっきりなしで、冷凍庫だけでなく、冷蔵の方まで凍ってしまいます。
洗濯機も脱水、終了等、私のタイミングに合わせて動いています。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |