プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

殺人波を照射されると、まず痛痒くなります。
掻こうとすると、皮膚がピリピリと痛くなっています。
さするとボコッとなっていたり、ザラザラとしていたりします。

どんな風になっているのか見ると、ホクロの様に見える事が殆んどでした。
昔から父親譲りのホクロ大臣でした。
それでも今迄は黒子が痒いと思った事も痛くもありませんでした。

先日、手の平にできて、いつの間にか無くなっていた棘の様な物も変でした。
これは痛くも痒くもありませんでした。
始めは茶色っぽく尖っていました。

段々と色は薄くなりましたが、皮膚は硬くなりました。
無くなったと思ったら、少し下方に真っ黒の硬い物が出来ていました。
これも、いつの間にか無くなってしまいました。

瘡蓋が取れた様な痕も無く…。
この真っ黒な物は、小さな物が集まった様に見えました。
取れたら見てみようと思っていたのに、アッと言う間に無くなっていました。

殺人波を照射されてザラザラとした所も、茶や黒い小さな物が点々としています。
通販で買い物をする様になって、食べる物に何か混入されているのでしょうか。
それが体の表面へ出て来るのではないかと…?


今日も0時過ぎに布団に入りました。
トイレ誘導で起こされ、階下で時計を見ると3時15分でした。
布団に戻りラジオをつけると近くからバイクが動き、すぐに止まりました。

ベランダから多数のラップ音、加害波が入りました。
昭和45年の歌の特集を聞いていると背中全体に殺人波照射!
足底は電流が流された様にビリビリとして来ます。

4時の時報で起きると足には力が入らずに、歩くのも大変になっていました。
7時04分  洗濯を干し終わると ピーポー!
以後は小さく、しょっちゅうピーポーピーポー!

日曜日で目立つ飛行機音はありませんでした。
ヒュルヒュル、空の上でゴーゴーという音は、早朝からずっとしています。
目だったのは近くでの声立て!

レコーダーを置いている為か、普通は分かる様な言葉は言いません。
今日は子供の「ただいま~」、男の「はい。え~っ」 大声立て!
子供はいつもは奇声を上げます、大人はボソボソか空咳!

今日も起こされた時から圧迫波が酷く、せむしの様になりそうです。
足の熱感が酷いのですが、実際はとても冷たくなっています。
大量の鼻水が出て気管に詰まり、呼吸妨害をされています。

最近あまり書きませんでしたが、近隣からのブライティングは続いています。
壁や雨戸を透過してピカッと光ます。
明るい時も入って来るので照らしたい訳ではなく、加害波でしょう。



今日のニュース 楽天WOMAN より引用

2017/05/20 06:40
故C・コーネルさん、自殺願望なかったと妻 処方薬の影響示唆

クリスさん
米ロサンゼルスで公演するクリス・コーネルさん(2015年12月13日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】急死した人気グランジロック歌手クリス・コーネル(Chris Cornell)さん(52)の妻、ビッキー・カライアニス(Vicky Karayiannis Cornell)さんは19日、夫の死は意図的なものではなく、処方薬の影響で判断力が鈍っていた可能性があるとの見解を示した。

 当局によると、グランジロック界を象徴する歌手だったコーネルさんは、デトロイト(Detroit)で17日にメインバンドのサウンドガーデン(Soundgarden)との公演を終えた直後、ホテルの自室で首をつった状態で発見された。

 ウェイン(Wayne)郡の検視当局は自殺と判断したが、ビッキーさんは夫に自殺の兆候はなかったと主張。コーネルさんは長年にわたりうつ病と薬物乱用に苦しんできたが、10年前から薬物の使用をやめており、処方箋が必要な抗不安剤であるロラゼパム(Lorazepam、商品名:アチバン、Ativan)を服用していたと説明している。

 ビッキーさんは声明で、「これは不可解なこと。これから出される医療報告書で、さらなる詳細が明らかになることを期待している。彼は子供たちを愛していたので、自らの意思で命を絶ち、子供たちを傷つけるようなことはしないと確信している」と述べた。ビッキーさんはコーネルさんの2番目の妻で、夫妻は2人の子供をもうけている。

 ビッキーさんによると、コーネルさんは14日の母の日、家族とできるだけ長く過ごせるようにツアー先から飛行機で帰宅し、公演の直前に戻ったところだった。また夫妻は公演前、今月29日の戦没将兵追悼記念日(メモリアルデー、Memorial Day)の祝日に向けた計画について話し合っていたという。

 だが「コンサート終了後、彼はろれつが回っていなくて、いつもと違っていた。アチバンを1、2錠多めに飲んでしまったかもしれないと言うので、警備員に連絡して様子を見に行ってもらった」とビッキーさんは述べている。

 コーネル家の弁護士は、アチバンは偏執症(パラノイア)や自殺願望を引き起こすことがあると説明。「家族は、クリスが自殺したとすれば、自分が何をしているのかわかっていなかったのではないか、また、薬やその他の薬物が彼の行動に影響を与えたのではないかと考えている」と述べた。
【翻訳編集】AFPBB News

引用終わり


鬱病だから自殺するのではなく、向精神薬の影響で自殺をしているのではないでしょうか。
副作用があるかどうかを聞くと無いという医者がいますが、副作用の無い薬は無いと言います。
保険で安く手に入るので、手軽に飲み過ぎない様に気を付けたいと思います。

転載禁止でコピー出来ませんでしたが、山陰中央新報のオンラインニュースにはNY繁華街に車で突入の男、薬物使用 「全員を殺したかった」と供述 しているそうです。
こちらは大麻と麻薬という事ですが、どちらも薬物です。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |