プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

再配達の依頼をする為に、クロネコメンバーズのWebサービスに登録しています。
今日、ヤマト運輸からメールが来ました。
「12時から14時」の時間帯指定枠を廃止するのだそうです。

私は、ずっとこの時間指定でやっていました。
まさか私の為に廃止した訳ではないでしょうが…。
何故、この枠を無くすのでしょう。

この時間指定をする人が少ないのでしょうか?
ドライバーが会社へ帰り、昼食、休憩をする為の時間なのでしょうか?
この他の変更は18時から21時までを2時間おきに書き換えただけです。

19時~がダブっています。
何故この様にするのか知りたいなぁ~。
他の宅配会社も同じにするのか、興味津々です。


昨夜はブログを公開すると近隣が騒ぎ始めました。
北で声立て、笑い声立て、南北でドアバンッ!
これを延々と0時過ぎ、私がパソコンを片付けに立ち上がるまで続けました。

暑くなって来たので、仲良しが集まって外でビールも良いでしょう。
それでも0時過ぎまでという事は考えられません。
ドアバンッ!で正体も分かります。

お手洗いに階下へ下りる前に車が位置替えをしました。
その後は私が布団に入って眠るまで静かで無気味!
1時過ぎ、呼吸が苦しく咳き込んで起きました。

次は尿意で起こされ、階下で時計を見ると3時02分でした。
布団に戻りラジオをつけましたが、加害波の為か雑音で途切れ途切れです。
音を小さくして、眠ってしまいました。

次はバイクが近くから出る音で起こされました。
起きて頭の防御をしていると圧迫波!
階下へ行くと4時27分でした。

9時26分  毎日やる事が終わるとピーポー!(掃除を始める前です)
今日も何かといえばウ~、ピーポー!
ポイントのところは数台で ウ~!

11時42分 食事中に扇風機をつけると 飛行機音 大!
土曜日で目立つのはこれだけでした。
代わりにピーピー車や配送様の車がしょっちゅうウロツイテいました。

集スト工事もカンカン数分、ドリル音数秒。
後はUFOでも飛んでいる様な変な音がしていました。
ヒュルヒュル、シーンシーン、クィーンクィーンという感じです。

今日も横になっても起きても圧迫波が酷く、背むしの様になっています。
転倒させられない様に庇うと、アチコチ痣だらけ擦り傷だらけになりました。
加害波で出した鼻を噛むと、痰が絡んで息が苦しく咳き込みます。



今日のニュース OurPlanet-TV より抜粋

床に黒い塊〜プルトニウム飛散の可能性【大洗事故】
投稿者: ourplanet 投稿日時: 金, 06/09/2017 - 13:26

プルトニウム
床に飛散した黒い塊(6月7日撮影 提供JAEA)画像をクリックすると拡大します。

日本原子力研究開発機構(JAEA)大洗研究開発センター(茨城県大洗町)の被曝事故で、JAEAは9日、事故の起きた108号室の床に、黒い塊複数映っている写真を公開した。プルトニウムやウランが飛散した可能性があるという。また、事故当時の5人の職員の立ち位置も公開。作業を行っていた容器が置かれていた作業台の近くの床からは、事故翌日の6月7日夕方のデータで、1センチ平方メートルあたり55ベクレルのα線と3.1ベクレルのβ線が検出されている。

プルトニウム繝励Ν繝医ル繧ヲ繝_convert_20170610220101
(図1)JAEAが公開した資料をもとに、OurPlanetTVが作成

故は、6月6日午前11時15分頃に発生した。事故が起きた108号室の室内には、JAEAの50代と20代の職員2人のほか、40代と30代の下請け会社2人、さらに30代の派遣社員の計5人が作業に従事していた。50代の職員が放射性物質の入った貯蔵容器を点検していたところ、樹脂製の袋が破裂。11時48分に施設管理者に連絡が入り、5人の全てに放射能汚染の可能性が確認されたという。当時の状況については、十分な聞き取りが行われておらず、まだ詳細はわかっていない。床には、作業時にゴム手袋の下につけている綿製の手袋が2つ落ちており、現場で既になった可能性もある。

汚染検査の結果、汚染の少ない作業員から順次、部屋から「グリーンハウス」に移り、着衣を脱いで、除染を実施。それぞれシャワーを浴び、16時27分までの全ての作業員が108号室を退出。この際、鼻腔内の汚染検査を実施し、3人からそれぞれ24ベクレル、13ベクレル、3ベクレルのα線が検出された。(図1参照)

 18時52分までに除染が完了。19時5分に東海村の核燃料サイクル工学研究所に移動し、鼻腔内の汚染が最も高かった50代職員から順に肺モニターの計測を開始。50代の職員から、2万2000ベクレルのプルトニウムと220ベクレルのアメリシウムを検出した。(図1参照)これを受け、作業員にキレート剤の投与を開始したという。
 
今回、事故が起きたのは、JAEA大洗研究開発センターの燃料研究棟(PFRF)で、プルトニウムと濃縮ウラン貯蔵容の点検作業をしていた。JAEAには今回の点検対象となっている放射性物質の容器が計80個あり、今年2月に点検作業を開始してから6月5日までに計31個の容器の点検を終えていた。しかし、6月5日、残さなど雑多な放射性物質が含まれる容器を点検しようとして、梱包されていたプリエチレンの袋が破裂した。

容器に含まれていたプルトニウムとウランの量は約300グラム程度。同位体比については公開できないという。どのような物質により、袋が破裂に至ったかは今後、調査をする。同研究棟には、あと48個の貯蔵容器があり、そのうち20個が、6月6日に袋が破裂したものと同じカテゴリーとして分類されており、雑多な放射性物質が含まれているという。

事故翌日撮影された写真には、床に黒い塊が複数映っており、これがどのような物質か、今後、調べるという。作業員5人は現在、放射線医学総合研究所(放医研)に移り、キレート剤による治療と肺モニタ等の実施している。9日の段階で放医研での1回目の肺モニタが終了しているが、プルトニウムのピークは検出されていないという。また、再除染の結果、作業員5人いずれからも、外部被曝が検出されたと、放医研から報告を受けているという。6月6日夜の計測した肺モニタの結果に、身体に付着した放射性物質が影響している可能性がある。
 
JAEAのプレスリリース(6月9日発表)
https://www.jaea.go.jp/02/press2017/p17060902/
 
抜粋終わり


プルトニウムの半減期は長い物だと約8000万年だそうです。
8000万年後の未来、想像も出来ません。
事故が起きないと、内部がどんな事になっているのか分かりませんね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |