プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

鼻血

お知らせです。


ブログ WONDERFUL WORLD より転載。
http://wonderful-ww.jugem.jp/

ゴミ


ブログ 目覚めよ日本! より転載。
http://liferelax.blog.fc2.com/

2017年7月10日(月曜日)名古屋にて周知チラシ配布活動、
討論会、懇親会を行います。
場所は決定次第おしらせしますが、名古屋駅周辺になります。
時間も前回と同じ12時からとなります。

討論会テーマは「盗聴盗撮、住居侵入」



被害者の方のブログを拝見していて思い出しました。
始めの精神科に勤めていた頃です。
春から鼻が詰まっているのに鼻水がポタポタと止まりませんでした。

どうも花粉症になったらしいと思い、鼻が通る様に点鼻薬を貰いました。
鼻詰まりが酷い時には効きましたが、鼻水は止まらず、目も痒くなりました。
クリニックをやっていて、週に2回だけ病院に来る先生が居ました。

そのクリニックで噴霧薬を貰っている人が居たので、私も貰う事にしました。
確かに良く効きました。
どの位経ってからだか忘れてしまいましたが鼻血が出る様になりました。

チョット何かをしただけで直ぐに鼻血が出る様になり、とても困りました。
たぶん薬が駄目なのだろうと思い、すぐに止めました。
今調べたら、ステロイド剤でした!

病院に勤めていると薬が貰いやすく、安易に飲んでしまっていました。
鼻血は薬を止めてからも相当長く続きました。
旅行先でも鼻血が出て、しかもしょっちゅうですから時々の対応が大変でした。

鼻血が出なくなったのは数か月後だと思います。
子供の時も、これ以降も鼻血を出した事はありません。
本当にステロイド剤が原因だったのか、テクノロジーの被害だったのか?


今日も1時近くに布団に入りました。
起こされてラジオをつけると岩崎宏美の特集の最後の曲が流れていました。
4時のニュース、電車に飛び込んだ人が他の人に当たって怪我というニュースでしたがPCのニュースには載っていません…。

10時58分 食事の支度、ガスコンロへ行く前に ピーポー!
11時34分 食事中に 頭上ヘリ!
11時49分 郵便バイクが来ました。

以後はピーポーは小さな音でやっていましたが、シャワーの支度を始めるとピーポー! ウ~ピーポー!
狂った様に立て続けに鳴らしていました。
飛行機音の大音量は以後数回と、少なかったです。

今日も朝からバイク、車、ピーピー車がうろつき回っています。
横になると眠らされ、起きると具合が悪くなっています。
近隣は不気味に静か、生活音はありません。

足の底から脚全体に加害が酷く、痛くて力も入りません。
飲み食べしていなくても鼻水、痰を出し、呼吸が苦しく咳が出ます。
右手の肘まで痺れる時があり、スプーンでもうまく食べられません。



今日のニュース  Medical Tribune より引用

精神科初回入院で退院後死亡リスク16倍
【海外短報】
 2017年06月23日 07:00

 精神科に初回入院した若年患者の退院後1年以内の死亡リスクは一般集団の約16倍であると、英国とデンマークの共同研究グループがJAMA Psychiatry(2017; 74: 485-492)に発表した。

 同グループは、1967~96年にデンマークで生まれた168万3,385例のうち精神科に初回入院し、1982~2011年に退院した15~44歳の患者4万8,599例(症例群)の死亡リスクを、精神科入院歴のない一般集団(対照群)と比較した。
 
4万8,599例のうち女性が2万5,006例(51.5%)、15〜29歳が3万5,660例(73.4%)、精神科入院期間30日以下が3万3,995例(69.9%)だった。

 解析の結果、対照群と比較した症例群の退院後1年以内の死亡リスクは16倍強〔発生率比(IRR)16.2、95%CI 14.5~18.0〕と有意に高かった。また、症例群では非自然死の相対リスク(同25.0、22.0~28.4)が、自然死(同8.6、7.0~10.7)よりも大幅に高かった。非自然死の死因第1位は自殺(同66.9、56.4~79.4)、次いでアルコール関連死(同42.0、26.6~66.1)の順であった。

 評価された精神科診断カテゴリーの中では、精神活性物質の乱用が死亡リスクと最も強く関係していた(IRR 24.8、95%CI 21.0~29.4)。症例群の退院後1年以内の若年死のリスクは、退院後1年以降に比べ著しく高かった。

(編集部)

引用終わり


向精神薬は自殺に誘導して行く事があります。
クスリはリスクと仰ったのは、薬を使わない小児科医の真弓定男先生でしたっけ…。
私も安易に薬を飲み過ぎました。
副作用の無い薬は無いそうですので、気を付けたいと思います。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-06-24 19:53 | # [ 編集 ]

Re: クスリはリスクです。

このコメントを下さった方へ

周りに一般の方が残っている様で、羨ましいです。

私も機械音痴なので、どうすれば良いのか思案に暮れています。
よろしくお願いします。
2017-06-24 20:15 | pgha1117 #- URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-06-24 22:37 | # [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |