プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去の事 53

この犯罪に気付かされる前に起こっていた事です。
当時はダイヤル式の黒い電話機でした。
年賀状を出す代わりに親しい人には電話をしていました。

ある年から電話番号に8が入ると8を回した途端に切れる様になりました。
当時は故障したと思い、その人には公衆電話から掛けました。
今思えば、家宅侵入で何かの工作をして行ったのかも知れません。

何回目かの引っ越しの時に電話番号を変えました。
この辺りでは、もう電話に不信感を持っていました。
誰かが聞いている様な感じ、とでも言いましょうか…。

この時はナンバーディスプレイの電話機にしていました。
頻繁に電話が掛かって来るようになりました。
電話番号が表示されている物は出ていました。

相手に聞くと、以前の電話番号の持ち主に掛けている様でした。
何ヶ月も続くと流石におかしいと思い始めました。
当時はKDDIだったと思うのですが、相談しても埒が明きませんでした。

知っている電話番号の時だけ出る様にすると、少なくなりました。
これも何かの工作でしょうか?
時間妨害の為かも知れません。

やはり気付かされる前です。
父の所へ行くのに、電車賃をケチッて歩いて行っていました。
青梅街道を渡って少し行くと住宅街になります。

ある家が近くなると自然に右の方へ寄って行ってしまいます。
クラ~ッとした感じになりフラフラと右に行きます。
3回位あったと思います。

渡辺淳一の小説に小脳失調歩行というのが載っていて、小脳に腫瘍でも出来たのかと思いました。
これも今思えば、どこからか電磁波が照射されていたのでしょう。
別の場所で足がグキッとなり、階段を2.3段落ちた事もあります。


昨夜も0時近くにパソコンを止めました。
テーブルを部屋の隅に寄せる為にベランダに近付くと ピーポー!
0時過ぎに布団に入りました。

尿意で起こされ、階下で時計を見ると2時15分でした。
布団に戻りラジオをつけると映画音楽をやっていました。
聞いている内に眠ってしまったようです。

次に起こされるとラジオはONのままでしたが音は出ていませんでした。
明るくなっていたので起きると4時42分でした。
食事を始めると隣家でバンッ! すぐに圧迫が酷くなり首が胸にめり込んできました。

今日はヤマト運輸の荷物を午前中の指定にしていました。
9時19分~ 二階で横になっていると ピーポー! 止めてはまた鳴らすを延々と繰り返していました。
10時00分  携帯の防御を変えようとして出すと 飛行機音 大! ピーポー!

食事の支度に階下へ下りるまで ピーポーピーポー!
飛行機音は一日中、タイミングに合わせてやっていました。
11時47分にヤマト運輸が荷物を持って来ると、数分後に郵便バイクが来ました。

午後になると隣家でトタン板でも剥がす様な工事の音が始まりました。
横になっている時はガシャーンガシャーンと続けます。
何かをやり始めると止めます。

以前の借家の時も近隣で次々と工事をしています。
本当にマニュアル通りにやっています。
ずっと続ける工事で嫌になりますが、元々が嫌がらせ!

今日も朝から圧迫が酷く、押されているのは頭だけではありません。
手足への加害も酷く、痺れ、熱く感じる痛みで手袋や靴下を履いている様な感覚になっています。
気管支、肺が痛く、二階で横になっていても咳が出ます。



今日のニュース 日本経済新聞 より引用

所在不明児、なお28人 11都県、3人に虐待の疑い
2017/6/29 12:05

 住民票の住所地に住んでいる実態がないなど所在不明児(18歳未満)が6月1日時点で11都県に28人いることが29日、厚生労働省の調査で分かった。3人は虐待の疑いがあるという。計11人が2016年4月の前回調査でも所在不明で、このうち6人は14年10月の初調査から所在が分からないまま。同省は「警察の協力も得て所在確認を続ける」としている。

不明児

 調査は昨年6月1日時点で、住民登録があるのに乳幼児健診が未受診だったり、学校を休んでいたりして、市町村が「所在確認が必要」と判断した18歳未満の子供1630人を対象に実施した。

 今年6月までに、1602人(98.3%)は家庭訪問や海外への出国記録などを通じて所在を確認できたが、28人は確認できなかった。内訳は未就学児が17人、小学生が3人、中学生が5人、義務教育を終えた子供が3人。都道府県別では兵庫の7人が最多で、熊本(5人)や東京(4人)が続いた。

 このうち虐待が疑われるのは3人。二重国籍などで出国記録こそ確認できなかったものの、海外出国の情報を得たのは10人だった。国内でも行政のサービスを受けずに無事に暮らしている可能性があり、厚労省は「全てが事件に巻き込まれていると言えるかは不明だ」と説明している。

 一方、所在は確認できたものの既に死亡していたのは2人。1人は15年6月に相模原市で遺体で発見された女性の息子で、16年6月に川崎市で乳歯などが見つかった。もう1人は、堺市北区に住民票があり、16年11月に大阪府千早赤阪村で遺体で見つかった男児。

 国内で所在が確認されたのは986人で、虐待の疑いがあるのは57人(5.8%)。うち数人は調査がきっかけで緊急の一時保護につながったという。

 所在不明児は14年10月の初の調査で141人と判明。前回は16年4月時点で35人が不明とされ、うち26人は今回も市町村が「所在の確認が必要」と判断し、状況を調べていた。

引用終わり


児相問題というのもあり、何が何だか分からなくなって来ました。
児相問題を御存知でない方は検索して下さい。
大学生などは住民票はそのままにして、学校の近くで暮らしているという事もある様ですが…。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |