プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去の事 59

始めのアパートと西武線の線路の間には酒屋さんがありました。
行き止まりに酒屋さんも珍しいですが、配達をするお客さんが多かったのでしょう。
今日気が付きましたが、初めて引っ越した時から、行き止まりの所です!

数年後、酒屋さんはお店のあった所をアパートに建て替えました。
お店は少し離れた所に移っていました。
このアパートに住むオバサン二人が、今思うと変でした。

私の部屋の向かい側の手摺にのり出す様にしておしゃべりをしていました。
近くから声が聞こえるので、ブラインドの隙間から見るとすぐそこにいました。
私が見ていたテレビで松山千春の歌が始まると「松山千春があーだこーだ」と話し始めたりしていました。

酒屋さんからは灯油を届けて貰っていました。
始めは普通でしたが、引っ越しをする前には対応が変化しました。
特に奥さんは嫌な感じを受けたので、何か誹謗中傷が流されていたのかも知れません。


今日も1時近くに布団に入りました。
寝ていても怠い感じがして目が覚めました。
防御を外したり、寝たまま動いたりしてみましたが酷く怠さを感じました。

ラジオをつけると4時を過ぎていました。
なんとか起きて階下へ行くと4時15分でした。
怠いからと横になっていたら寝たきり老人になってしまいそうです。

5時56分  歯を磨き、歯ブラシを洗面所に戻しに行くと数回だけ鳴らす ピーポー!
以後も午前中はしょっちゅうピーポーピーポー!
洗濯を干したり、お米を研いだりと毎日決まった事をやるとピーポーピーポー!

13時40分 階段にクイックルワイパーを掛け始めると 飛行機音 大!
今日も朝から中音レベルの飛行機音を立て続けていました。
大きな音は少なく、グ~ッという低周波の音が殆んどでした。

今日はヤマト運輸の荷物を19時~21時の指定にしていました。
18時頃にシャワーから出ると、何台もの車が次々と動きました。
近隣の動きが変わりました!

今日は寝ている時から圧迫されている様で、それが一日中続いています。
脚への加害も酷く、痛み、痺れ、脱力感、熱感で歩くのも大変です。
飲み食べしていなくても鼻水や痰を出し呼吸困難にされています。



今日のニュース 東京新聞 TOKYO Web より引用

「やまゆり園」施設公開ルポ 犯行が奪ったもの大きく
2017年7月7日

発生から一年を前に、報道陣に初めて公開された相模原市緑区の県立知的障害者施設「津久井やまゆり園」の事件現場。既に入所者が引っ越した居住棟に家財道具はなく、殺人罪などで起訴された植松聖(さとし)被告(27)による凶行をうかがわせる痕跡は残されていなかった。一方で、入所者の生活していた名残から、犯行が奪ったものの大きさも感じられた。 (宮畑譲)

 「筆舌に尽くしがたい現場。血痕で被疑者が動いたルートが分かる」。事件直後、捜査幹部がそう表現した現場は、クリーニングが施され、がらんとしていた。畳が撤去されている和室もあったが、中には血痕が付着したものもあったという。植松被告がハンマーで割って侵入した東側一階の部屋の窓ガラスも修理されていた。

 施設の敷地面積は約三万平方メートル。犯行当夜、居住棟には、入所者百五十七人が寝泊まりし、夜勤の職員八人が働いていた。居住棟は二階建てで、一~二人用の部屋十室ほどにトイレや浴室、食堂が一つのセットになった「ホーム」と呼ばれる男女別の八つの区画で構成されている。一つのホームの廊下は、長さ約四十メートル。記者や同行したカメラマンは「想像していたよりも広い」と感じた。

やまゆり園
公開された「津久井やまゆり園」内部の廊下=相模原市緑区で

 植松被告は、このうち六ホームで犯行に及び、県や県警などへの取材から、少なくとも施設内を五百メートルは移動したと推測される。多数の部屋が並ぶ広大な施設で深夜、一時間以内に入所者十九人を刺殺し、職員を含む二十七人に重軽傷を負わせた、その強固な殺意にあらためて慄然(りつぜん)とする。

 二月に記者が被告に接見した際、遺族に「申し訳ございませんでした」と謝罪する色白で気弱そうに見えた被告と、犯行の凶悪さが今でも結び付かない。

 一方、入所者の生活が垣間見られる跡もあった。ある部屋の引き出しには「パジャマ」「スウェットは奥にしまう」などと書かれた色つきのテープが張られていた。しまった場所を忘れないようにしていたのだろうか。廊下には、入所者の活動予定や、食事のメニューが書かれていたとみられるホワイトボードも。利用者が散髪するスペースのシャンプー台には、まだ髪の毛が残されていた…。

 施設は来年度に取り壊されることが決まっている。十九人の命だけでなく、多くの入所者が慣れ親しんだ生活の場を奪った、犯行の罪深さを思わずにはいられなかった。

引用終わり


大量殺傷事件ですが、結局何の痕跡も見られない…。
職員が居たにも係わらず、鍵を開けて入り19人も殺せるでしょうか。
とても不可解と思うのは、裏読みのし過ぎでしょうか?


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |