プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

髪はずっと長くしていました。
ショートにして毎月美容院へ行く様になったのは25才を過ぎた頃だと思います。
頭部が右に傾いているのを美容師さんに直される事もありました。

いつ頃から首が曲がっていたのか、ハッキリしません。
美容師さんに直される前から自覚していたと思います。
首に加害波の攻撃が始まったのは稲城市のアパートからだと思っていました。

先日思い出したのですが、被害初期に首、肩、肩胛骨の辺りに痺れを感じていました。
被害者の会で、光による加害は鏡で防御出来る事を知りました。
首から鏡を下げて肩と肩甲骨の辺りに行く様にして生活していました。

寝る時に外すだけで、家の中でも外でも鏡を入れていました。
数か月、もしかしたら1年位もそんな生活をしていたと思います。
その内に痺れを感じなくなり、止めたのだと思っていました。

たぶん痺れを感じる加害波ではなく、他の物でずっと攻撃を続けていたのでしょう。
一度始めた加害は止める事が無い様に思います。
形を変えて執拗に狙って来る犯罪です。


今日も1時近くに布団に入りました。
起こされてラジオをつけると2時過ぎでした。
知らない洋楽を2曲聞くと天気予報、3時の時報でした。

俳優が唄った歌特集を聞き、織田哲郎の歌を聞き始めると眠らされてしまいました。
起こされると4時のニュースが終わったところでした。
2時過ぎから周囲ではゴーゴー音、バイクもうろついていました。

5時29分  食事を終わりゴミを纏めていると ウ~!
今日は火曜日、早朝からウ~で始まりました。
以後も毎日やる事を始める前にはウ~、ピーポー!

12時02分 食事を終わりゴミを纏めていると 頭上ヘリ音!
朝食ウ~、昼食ヘリ音! 異常!
14時39分には襖がガタガタと揺れる共振ヘリでした。

今日も早朝から飛行機様の音を立て続けていました。
シャワーに入る前と出た後には轟音の飛行機でした。
今日もしつこくバイク、車、ピーピー車がうろつきました。

工事の音は食事、お手洗い、シャワーの時だけです。
大きな音でガン!ガシャン!と嫌がらせ!
音を立てない時は静かにして眠らせようとしています。

今日も朝から圧迫が酷く、顎も、押されている胸も痛みます。
何かの音を合図に手の痺れが酷くなり、利かなくなります。
眠らされた後は脱力感で、足を引きずって歩いています。



今日のニュース Infoseek 楽天 NEWS より引用

エスカレーターで車いす転落、巻き添えの女性死亡 高松のニトリ店舗、無料貸し出し車いすで
産経ニュース / 2017年7月11日 19時57分

 高松市上天神町の家具インテリア店「ニトリゆめタウン高松店」の上りエスカレーターで10日、車いすの妻(79)と付き添いの夫(81)=いずれも同市=が転落し、後方にいた女性(76)が巻き込まれて死亡したと11日、香川県警が発表した。妻は肋骨(ろっこつ)を折るなどの重傷、夫も左腕に軽傷を負った。

 夫婦はゆめタウンで無料で貸し出されていた車いすを利用。エスカレーターでの車いすの使用は禁止されていたが、夫は「エスカレーターがそこにあったのでつい乗ってしまった」などと説明しており、県警が詳しい状況を調べる。

 事故は10日午前10時40分ごろ発生。夫が車いすの妻を2階から3階に向かうエスカレーターに乗せていたところ、3階の降り口付近でバランスを崩し転倒した。段差に引っかかったとみられる。夫婦の後方にいた渡辺清美さん=同市=が巻き込まれ、エスカレーターの中段付近まで転落。全身を強打し、同日夜、搬送先の病院で死亡が確認された。

 店の従業員が駆け付け、エスカレーターを緊急停止させた。妻と車いすは、エスカレーターの乗り口付近まで転落したという。

 同店によると、エスカレーターの乗り口付近には「車いすのご利用はご遠慮ください」と書かれた看板を設置していた。

引用終わり


貸し出しの車椅子との事で、普段から使い慣れている訳ではない様ですね。
車椅子も自分の手足と同じ様に動かすには時間が要ると思います。
便利だけに気を取られると危ないです。



誰も責任を取れない…。


13分「福島原発事故で亡くなった方、今も続く健康被害。誰が責任をとれるの?」守田敏也さん舞鶴講演より#4



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |