プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

昨夜新たに気付いたのですが、両肘の同じ様な位置の打撲です。
右肘は打撲と擦過傷。
左肘は打撲です。

右手の甲の中指の付け根の骨の所は皮が剥けた様になっています。
左手の薬指の爪の下も皮が剥けた同じ様な傷です。
右肘は内側にも傷があり、右を下にして転倒して、この様な傷の付き方になるのでしょうか。

救急車の中でも病院に着いた時も基本的な検査をします。
まず意識は?呆けていないか?
「長谷川式認知症スケール」だと分かりました。


ウィキペディアより抜粋
長谷川式認知症スケール
自己の見当識
「年齢を問う」
時間に関する見当識
「月、日、曜日、年」
場所に関する見当識
「ここはどこか」


年齢ではなく誕生日を西暦で言う様に言われました。
今日は何月何日か、ここが何処か分かりますか?と。
精神科でも長谷川式認知症スケールをよく使っていました。

勤めていた当時から、こんな物で認知症と診断されては敵わないと思いました。
西暦を使わない人は結構いるのではないでしょうか。
今日が何月の何日かを気にしなくてもいい生活を続けていれば分からない人もいるでしょう。

ここが何処だか分かりますかと言われて病院と言いました。
病院名はチラッと見えただけなので分かりません。
病院か学校か区別が付かない様であれば、テストをする必要も無いでしょう。

たまたまこの日は7月19日と答えられましたが、聞かれても分からない日の方が多いと思います。
熱は7度4分と言っていたと思います。
これは転倒の為の微熱ではありません。

小平市に住んでいる時に微熱が続き、安静にしても下がりませんでした。
それ以来、熱も測らなくなりました。
被害に気付かされてからは、加害行為によるものだと思っています。

今も微熱が続いている事を確認しました。
血圧は看護婦が言っているのを聞きました。
やはり少し高かったと思います。

血圧は相当前に八王子のダイエー内に置いてある物で測ったのが最後です。
この時に高かったので以後は測るのを止めました。
基準値を下げたりするので、あまり意味が無いと思います。

異常が無いと判断されるまでストッレッチャーに乗りっぱなしでした。
他のに移る時も4人がかりで持ち上げて移動させていました。
これで味を占めて、大した事が無くても救急車で来る人が居るのでしょう。

移動が楽チン。
待たされる事もありません。
皆さんが、ちやほやしてくれます。


今日も1時近くに布団に入りました。
起こされると起きる時間だと思い布団の上に起きました。
真っ暗なので懐中電灯で時計を見ると2時過ぎでした。

横になりラジオをつけて曲を聞いている内に眠りました。
次に起こされると4時のニュースが終わったところでした。
4時06分に起きました。

8時36分  髪を梳かし頭の防御を終って横になると ウ~ピーポー!
今日も殆んど何も出来ませんでしたが、なにかをしようとすると ピーポー!
一日中ピーポーピーポー!

10時42分 食事の支度に下りる前 飛行機音 大!
今日は早朝からレコーダーに入るか入らない位のレベルで多用していました。
するとピーピー車は静かでした。

今日も朝から圧迫が酷く、顎が胸を押しています。
脚に少し力が入る様になると、加害波で戻されてしまいました。
どこかとポイントが合うと手に加害波照射! ビリビリに痺れます。



今日のニュース livedoor・ NEWSより抜粋

血塗られたビジネス - 臓器の待機時間はわずか4時間…党中央が指揮する中国の臓器収奪
2017年7月23日 11時8分 大紀元

「肝臓移植が入院からわずか4時間で行われる…こんなことは医学上ありえない」。中国では、多くの法輪功学習者から強制的に臓器を収奪されている、との証拠がいまだに出続けている。最近、公開されたドキュメンタリー映画『臓器狩り 10年の調査(活摘十年調査)』は、この残虐行為は、中国共産党の中央が指揮していると伝えている。

 冒頭は、世界平均2~3年の待ち時間を要する肝臓移植が、上海長征病院で異常の速さで行われた、という映画の主な出演者・汪志遠氏の言葉だ。汪氏は、中国で30年間、空軍医として在籍した後、1995年に渡米。ハーバード大学で心血管疾患の研究員となった。汪氏は法輪功迫害について調べる国際組織「追査国際」(WOIPFG、本部=米国)の創設者兼代表でもある。
 
監督は、中国テレビ芸術の最高賞「金鷹賞」を3回受賞した、南京市テレビ局元ディレクター・李軍氏。映画は、2017年1月にハリウッド国際独立ドキュメンタリー映画祭で最優秀監督賞と最高海外ドキュメンタリー映画賞を受賞した。
 
 ストーリーは、2016年8月にWOIPFGの報告書「世界臓器収穫犯罪要覧」の内容に基づく。「臓器狩り」計画は、すでに10数年以上続いている、莫大な利益を生むビジネスとなっていると指摘。汪氏は、軍、病院、裁判所などが組織立って広範囲に行われており、「臓器狩り」は倫理の欠如した病院や外科医たちだけの殺人ではないと主張する。
 
 臓器狩りは、2016年4月時点も、続いているとみられる。映画で流されたWOIPFGの録音電話で、黒竜江省牡丹江市の刑務所の高官は、拘束した法輪功学習者から「(臓器を)全部採って売ったよ、俺は屠殺者と呼ばれているんだ!」とはばからずに発言した。

病院のボイラー室で「生きたままの人も…焼かれている」
 瀋陽市蘇家屯にある遼寧省血栓中西医結合医院で、大勢の囚われの身となった法輪功学習者から臓器を摘出したとの内部告発を受けて、汪氏は独自調査を行うことを決意した。

 この告発は、脳外科医の妻で同病院事務員だったアニーさんから。「毎日、何人もの法輪功学習者から角膜や臓器が摘出された」と述べ、身体は証拠隠滅のため、ボイラー室で焼かれていたと明かした。「なかには生きたままの人もいた」という。

 この証言は2006年3月、米ワシントンで米中首脳会談が行われる最中、在米法輪功修練者が主催の集会で行われた。

 WOIPGは臓器狩りに関する情報を調べたところ、中国の865以上の病院と9500人以上の外科医が「臓器狩り」関与の疑いがあるとした。

 また、年間平均の臓器移植手術が2000~3000件の病院が96カ所あり、この数だけを総計しても、中国全体で19万2000件もの手術が行われていることになる。臓器の出所は、「強制的なドナー」となった、収容所で大量に拘留された法輪功学習者とされる。1999年7月20日の弾圧政策開始以後、全国で大勢の法輪功学習者が強制連行され、そのまま行方不明になっている。
 
 2017年ノーベル平和賞候補のジャーナリスト、イーサン・ガットマン氏は、「臓器狩り」そのものは90年代にウイグル自治区で高官向けの臓器移植手術用に行われたとの証言をすでに得ている。1999年の法輪功迫害政策以後に臓器移植手術件数が大幅に増大したことから、同氏は最近公開された動画で、「迫害と臓器移植手術はリンクする」と述べている。



 法輪功学習者は信条のため、タバコやお酒も飲まず、健康的だと知られている。WOIPGは電話調査で「法輪功学習者の肝臓を入手できるのか」と問い合わせた。「私たちが取り扱うのは全部(法輪功学習者)のもの」と上海の長征病院の医師は答えた。この発言は録音され、ドキュメンタリー映画で証拠として流されている。

「私が担当した」臓器狩りを認める中国共産党高官
 WOIPFGの追跡は、中国共産党高官にも及んだ。電話のおとり調査で、遼寧省の政法委員会の唐俊傑・副書記は、臓器狩りについて「私が担当者だ。(北京の)中央政治局委員会は実際にこの問題を重視し、管理している」と明かした。
 
 元中央政治局常務委員の李長春は、WOIPFGのおとり調査で重慶の元トップの薄熙来(汚職で2012年に失脚、無期懲役判決で服役中)について、質問された。2012年4月、李氏は、薄熙来の後ろ盾である周永康が担当しており、彼に聞きなさいと即座に答えた。周はのちほど、逮捕・起訴され、2015年に無期懲役の判決が下った。

 現職の中央政治局常務委員で江沢民・元主席の腹心とされる張高麗は、2015年6月のカザフスタン訪問時、江の秘書と名乗ったおとりの調査員に「法輪功が江沢民を起訴している、臓器狩りの責任は重い」などを問い詰められると、「必ずうまく処理する、安心してくださいと江氏に伝えて」と答えた。

 薄熙来は2013年8月、臓器狩りを指示したのは「江沢民だ」と述べた。

 国際刑事裁判所の報告書によると、臓器狩りは、現在進行中の大規模な国家的犯罪であり、中国共産党イデオロギーに反して、信条を放棄しない法輪功修練者の弾圧を目的としている。

 番組製作側の意向で、日本語字幕付きの『臓器狩り 10年の調査』は、動画共有サイトYoutubeで鑑賞できる。

(翻訳編集・佐渡道世)

抜粋終わり


日本人は巻き込まれていないのでしょうか。
初めて聞いた訳ではありませんが、恐ろしいです。


スポンサーサイト

コメント

http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/

こんばんは
私には嘘か本当か解りませんが、
上記のような情報もあります

最近、子供がアメリカで手術成功したは良いものの、
追加で9200万を病院から要求された事件がありました
最初に3億程度、そしておかわり

やはりアメリカという国は腐っている
2017-07-24 01:37 | #nEx7PFYA URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは。
情報をありがとうございます。

アメリカは怪我をすると何処を治すかという話になる様です。
例えば指の2本までならお金があるが、それ以上はお金が足りない。
すると2本だけ治す事になる様です。
日本の健康保険も問題がありますが、アメリカで病気になるのも怖いです。
月日が経つと、何でも腐ってしまうのでしょうか。



> http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/
>
> こんばんは
> 私には嘘か本当か解りませんが、
> 上記のような情報もあります
>
> 最近、子供がアメリカで手術成功したは良いものの、
> 追加で9200万を病院から要求された事件がありました
> 最初に3億程度、そしておかわり
>
> やはりアメリカという国は腐っている
2017-07-24 20:38 | pgha1117 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |