プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

転倒してから一週間が経ちました。
なかなか回復しません。
一番酷いのは、やはり首です。

転倒して年配の男性に助け起こされた時に右側頭部から出血していました。
男性がハンカチで頭を押さえました。
始めはふるえていなかったと思うのですが、途中から頭を押さえる手がぶるぶるとふるえていました。

119番通報をしてくれた若い男性がビニール袋に手を入れて、それで押さえる様にと言われました。
ずっと近くにいた女の方がビニール袋を出して、私が手を入れて押さえました。
そのビニール袋には血は全く付いていませんでした。

渾身の力を込めて押さえてくれていたのでしょう。
善意の人だと信じたいです。
私も首に影響が行くとは考えが及ばなかったのですから。

左膝と右肩のフィルムテープは、まだ付いています。
膝は出血した状態のままに見えますが、治ると自然にテープが剝がれるのだと思います。
脚もダメージが酷く、そこを狙って酷い加害を続けています。

右膝は打撲だけですが、立つ座る、階段の上り下りが大変です。
両膝に負担が行き、悲鳴を上げています。
アチコチの青痣は、少し黒みがかって来ました。

無数にある擦過傷も瘡蓋は取れずに無残な痕になっています。
皮肉な事に一番回復したのは頭の瘤です。
押しても痛くなくなりました。

頭の傷は始めから痛くないので見てもいません。
転倒した時に一番初めに地面に当たったのはどこだったのでしょう。
この時の映像が見たい!

家を出る前にレコーダーをONにしてバックに入れました。
いつもは一定以上の音量のみ録音する様に設定しているのですが忘れていました。
家に帰るまで、ずっと録音されていました。


今日も1時近くに布団に入りました。
起こされてラジオをつけると2時過ぎでした。
ロッドスチュアート?の特集を聞いている内に眠りました。

昨日と同じ織田哲郎の歌声で目が覚めました。
天気予報、4時の時報で起きました。
首は左に傾き、全く動きません。

5時37分  洗濯物を洗濯機から出し始めると ピーポー! すぐに止めました。
6時03分  干し終わってカゴを洗面所に戻しに行くと ピーポー! この時もすぐに止めました。
この後、6時半頃まで断続的にピーポーピーポー!

9時26分  煮物を作りガスコンロの火を点ける前に グ~ッ 押し付ける様な飛行機音 大!
今日も不自然な飛行機様の音、ヘリ様の音が大量でした。
上空の音がすると加害が酷くなります。

今日も車、バイク、ピーピー車、配送様の車がうろつき回っています。
行き止まりの道なので、とても不自然。
近隣の車は、私が家に居る時はほとんどそのままです。

今日も朝から脱力感が酷く、立ち上がるのも歩くのも大変です。
首も左に傾いたまま、手で支えても上を向けません。
痰が絡んで呼吸妨害、咳が出ます。



今日のニュース 東京新聞 TOKYO Web より引用

乳歯の被ばく状況調査 福島歯科医師会が事故後生まれ、提供求める
2017年7月26日 夕刊

東京電力福島第一原発事故を受け、福島県歯科医師会などが県内外から提供された子どもの乳歯に含まれている放射性物質を測定する研究を進めている。胎児期の歯の形成段階で体内に取り込まれた放射性物質がそのまま残りやすい性質に着目、世代間や地域間で比較し、事故後の被ばく状況や健康影響の解明につなげるのが狙いだ。

 環境省の研究調査事業として二〇一三年度に開始した。これまで北海道、新潟、静岡、熊本、沖縄の歯科医師会と連携し、本人や両親の同意を得て、約五千五百六十本の乳歯を集めた。
 
対象となる主な放射性物質はストロンチウムで、化学的性質がカルシウムと似ているため骨や歯にたまりやすく、検出量から被ばく線量を推定できる。東北大(仙台市)と奥羽大(福島県郡山市)が今月までに分析を終えた五千本では、ほとんどの歯で微量の放射性物質が検出されたが、地域間での差は確認できなかった。過去に行われた核実験や自然界に存在する放射性物質が原因とみられ、第一原発事故による影響は考えにくいとしている。

歯

ただ、これらのほとんどが事故前に生まれた世代の乳歯とみられる。福島県歯科医師会は世代間で比較して事故の影響をさらに見極めようと、乳歯が抜け始める事故後に生まれた世代からの提供を呼び掛ける。県歯科医師会に加盟する歯科診療機関などを通じて集めているが、県外に避難したり引っ越したりした人も分析を申し込める。

引用終わり


未来の為に、お子様をお持ちの方は御協力下さい。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |