プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今朝起きた時は首の具合が少し良いと思いました。
少しですが軽く感じるのと、手を添えなくても自分の力で幾等か動きました。
食事の前に御手洗いに入りました。

これは昔からの習慣で、起きると御手洗いに入っていました。
御手洗いでの加害が酷いので、今はタイミングを変えています。
それでも食べ始める前までには必ず入ります。

御手洗いから出ると首は動かなくなりました。
手を洗うので、手も全体がビリビリと酷く痺れます。
まだ薄暗い外ではチッチッチッチッと目立つ声で鳥が鳴いています。


今日も1時近くに布団に入りました。
ネット妨害と、パソコンを片付けている時にも眠らされて遅くなりました。
起こされてラジオをつけると2時過ぎでした。

ビンテージポップス?を聞きながらウトウトとしていました。
バイクが近くをウロツクと周辺でゴー、ザーッという様な音が始まりました。
3時過ぎ、昭和初期の歌で、小畑実や三橋美智也等を聞いている内に眠らされてしまいました。

次に起こされるとラジオは聞こえなくなっていました。
明るくなっていたので起きて階下へ行くと4時20分でした。
御手洗いから出て食事の支度。

食べ始めると直ぐに鼻水が出て来ます。
鼻を噛むと痰が絡んで飲み込み難く、息もし難くなります。
首もすぐに動かなくなり、左に傾いて行くのが分かりました。

首が傾いているのも加害波の照射、圧迫波によるものかも知れません。
頭頂部が上を向いていないので、左側へ曲がる様に圧迫する事は簡単でしょう。
様々な加害を複合的にやる事で、的を絞れなくしている様です。

7時40分  歯を磨きに下りる前に ピーポー! 男の空咳、くしゃみ、空咳4回(二人でやっています) でピーポーは止めました。
以後、昼間は小さ目、少な目でした。
パソコンを始めるとピーポーピーポー!

8時54分  髪を梳かし頭の防御をして片付け終わると グ~ッ 押さえ付ける様な低周波の飛行機音 大!
以後もキーン、グ~ッ大量の飛行機様の音立てでした。
夜になってからも飛行機様の大きな音がしています。

9時46分  煮物作り、お鍋に調味料を入れる前に ピーポー!
9時48分  お鍋をガスコンロに持って行く前に 頭上ヘリ! 飛行機音 立て続け!
この後にも頭上ヘリ音を3回、痺れ、脱力感等が酷くなります。

今日もバイク、大量の車、ピーピー車がうろついています。
普通の生活音は全くありません。
今日は犬も集団で吠え立てていました。

首の具合が良く思えたのは朝だけで、今は左に傾き顎が胸を押しています。
手足への加害も酷く、パソコンを打つ時に右手(一本指打法)が使えませんでした。
脱力感が酷く、起き上がる、座る、立ち上がるのも大変で、びっこを引いて歩いています。



今日のニュース CNET JAPAN より抜粋

執事みたいに呼べば来て、付かず離れずな充電サービス用ロボット--アマゾンの特許
佐藤信彦2017年07月27日 17時00分

 Amazon.comは、スマートフォンやタブレットといったデバイスの充電に自走式ロボットの活用を検討しているらしい。同社傘下のAmazon Technologiesが米国特許商標庁(USPTO)へ出願し、米国時間7月18日に登録された特許「TECHNIQUES FOR MOBILE DEVICE CHARGING USING ROBOTIC DEVICES」(特許番号「US 9,711,985 B1」)を読むと、突飛に思えるアイデアの目的が見えてくる。同特許の出願日は2015年3月30日。

この特許は、ユーザーの求めに応じて充電サービスを提供する、ロボットおよびロボット管理システムについて説明したもの。ユーザーが何らかの方法で充電要求を送信すると、管理システムがユーザーの近くにあるロボットの1台をそのユーザーのもとへ移動させ、充電できるようにする内容だ。

アマゾン
ユーザーの求めに応じて充電サービスを提供(出典:USPTO)

請求項(クレーム)には、この充電サービスを実現するのに必要と考えられる、ユーザーの位置情報をやり取りする方法も説明されている。また、ロボットは充電中ユーザーを追いかけて自動的に移動できるという。

アマゾン
こんなロボットがついて歩く(出典:USPTO)

ロボットの形状については、自動車のように車輪で移動するタイプ、玉乗りのボールを使うタイプ、2足歩行する人間型などが考えられる。

アマゾン
ロボットの形に制約はない(出典:USPTO)

Amazon Technologiesは、空港や駅、ホテル、ショッピングセンター、学校などでこのロボットを使った充電サービスが提供できるとしている。さらに、充電しているあいだ、ユーザーに広告を見せたり商品を販売したりするアイデアが実施例で説明されている。

抜粋終わり


何でもロボットがやる様になり、人間は手足が無くなって(動く必要が無いので)ダルマの様になるというSFがあった様な…。
考える必要も無くなって、どんどんお馬鹿になりそう…。
便利さも何処まで追求すれば良いのでしょう。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |