プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

皮膚の黒い物

始めに左の手の平に見付けた時は棘かと思いました。
転倒後に右手の小指の下に見付けた時は瘡蓋だと思いました。
いずれも数ミリの真っ黒で丸い物でした。

右前腕の擦過傷の瘡蓋に混ざって、やはり真っ黒な物がありました。
ルーペで見ると右の前腕にだけ更に小さい真っ黒な点が幾つかありました。
これは転倒の傷ではありません。

傷の様に外から出来た物ではなく、体の中から出て来ています。
瘡蓋の様に剝がれても、瘡蓋とは違うのが分かります。
これは食べ物に何かを入れてあるのではないかと思います。

買い物に行くと目的の物が一つしか残っていない。
外食すると注文した物がなかなか来ない。
被害者さんの多くの方が経験されていると思います。

私は今は全ての物を通販で買っているので、やり放題でしょう。
今やチップもナノチップです。
食べ物に混ぜてあっても分からずに食べてしまうでしょう。

それが体を巡って皮膚の表面に出て来る、なんて事は無いのでしょうか。
体の中で、どんな働きをしているのかは分かりませんが。
例えば何かを照射すると光るとか…、最近また皮膚がピリピリと痛みます。


今日のパソコンは一応再起動をする事無く動いています。
動作は遅くなったり早くなったり、とても不自然です。
【このページは表示できません】は数回表示されています。


昨夜も眠らされて妨害、全てが遅くなりました。
1時15分 パソコンを止めて片付けに立つ前に ピーポー!
1時40分頃、布団に入りました。

起こされてラジオをつけると天気予報、4時の時報で起きました。
階下に下りて食事の支度を始めると、暗いのにチッチッ鳥が鳴き始めます。
頭の圧迫、飲み込み妨害が酷くなります。

8時30分  髪を梳かし、頭の防御を終ると 飛行機音 大! 部屋の襖が揺れる近隣のドアバンッ!
8時42分  首を伸ばす為に横になると ピーポー!
以後もしょっちゅうピーポーピーポー!

連休の土曜日なので上空の大きな音は少な目でした。
レコーダーに入らないレベルの音は朝からやっています。
連休でも工事も休まずに音立てをしています。

筋肉の操作か、加害波の照射か、体に力が入らずに動けなくなります。
排泄操作も異常で、5分も置かずにトイレ誘導をしています。
脚への加害が酷く、全体でもピンポイントでも攻撃されています。



今日のニュース Gigazine より抜粋

2017年08月12日 12時00分00秒
Webカメラを乗っ取りデータを破壊して証拠を隠滅するCIAの極秘物理攻撃作戦「Dumbo」

WikeLeaksはCIAの秘密作戦に関する機密文書「Vault 7」を定期的に公開しています。新たに公開された秘密作戦「Dumbo」は、「USBメモリをターゲットPCに挿し込んでWebカメラのデータを抹消する」というスパイ映画さながらの手口となっています。

CIAのサイバー攻撃には、ネットワークから攻撃する手法だけでなく、物理的な接触を図る手法もあります。CIA直轄の部署「Center for Cyber Intelligence(CCI))」の中の「Physical Access Group(PAG)」という特殊部門が物理的攻撃を専門に行っていたとWikiLeaksは明らかにしています。

新たに公開された秘密作戦「Dumbo」は、PAGが行う物理攻撃の一種で、ターゲットユーザーのPCにハッキングプログラムを仕込んだUSBメモリを挿し込むことで作戦を実行します。Dumboの攻撃を受けるのは、Windows OSを搭載するPC。専用USBメモリが装着されると、まずはその端末が有効にしている有線・無線ネットワークや、ウェブカメラやマイクなどの識別が行われます。さらに、検出された端末機能に関連するビデオ・オーディオ・など監視ネットワークストリームの保存データおよび記録中のファイルを検出し、CIAのオペレーターによる操作を可能にします。

CCIエージェントによって可能になる操作は、すべてのマイクのミュート、ネットワークアダプタの無効化、監視カメラの録画の停止、記録したデータの選択的な破壊など。「タイミング悪く監視カメラの映像がストップする」という映画によくあるシーンは、Dumboによって実現可能だったというわけです。なお、Dumbo攻撃では、データの削除にどまらず、証拠を偽造することも可能だとWikiLeaksは明らかにしています。

WikiLeaksによると、Dumboによって攻撃を受けるのは、32ビット版のWindows XP、Windows Vista移行のWindows OSで、64ビット版Windows XPとWindows Me以前のOSはサポート外だそうです。

抜粋終わり


様々な物をパソコンに保存していますが、必要な時には壊されてしまっているかも。
証拠を偽造する事も出来るそうですから、私が居なくなれば何も分からなくなりますね。
全ての被害者のデータを抹消する事は無理でしょうから、残る証拠はあるでしょう。



この下に動画を貼ろうと思いましたが妨害されて貼れません。
まだ削除されていなければ、是非ご覧下さい。


謎の信号機 LEDを使うとこうなる DSC-RX100IVのスーパースローモーション(16倍)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |