プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

今日は朝5時過ぎから近隣のドアバンッを何十回も聞かされています。
私の家を挟んで東西からドアバンッ!!
中には私の部屋の襖が振動するドアバンッもあります。

毎日の事で、南側でもやっている事もあります。
大きな音から小さ目の音まで使い分けて、何を目的としているのでしょう。
このドアバンッを合図に、バイクが走り始めたりする訳です。

嫌がらせはこれだけではありません。
私はこれをただの嫌がらせとは思えません。
嫌がらせに見せ掛けた人殺しのドアバンッ!!!


この様な事を一日中やっているので、ネット妨害も酷いです。
今迄に再起動9回!
やる事が変わる度に【このページは表示できません】となります。

外でピーポーやバイクの走行音がすると切られてしまいます。
一度切られると再起動するまで見る事が出来なくなりました。
再起動をすると初めの内だけ動作が早く、普通に動いています。

メール、他の方のブログやツイッター、を妨害されています。
ニュース探しも妨害されて、メモ帳に保存しました。
昨夜も通販サイトは購入出来ず、ユーチューブも3.4分で切れてしまいました。

【○○は応答していません。Webページの回復】という表示も時々出て来ます。
眠らされて、始める時間も遅くしています。
毎日殺意を感じながら生きていますが、殺すまで続けるのでしょうか?


昨夜も散々妨害されて遅くなりました。
0時12分  パソコンを片付けていると ヘリ音!
布団に入ったのは0時45分頃でした。

起こされてラジオをつけると3時過ぎでした。
海援隊の歌が始まるところでしたが、ラジオは直ぐに雑音が酷くなりました。
4時の時報で起きました。

5時10分  洗濯を干す前 バイク ピーポー! バイク ピーポー!
5時35分  洗濯を干し終わると ピーポー! ドアバンッ! ここからスタートでした。
ピーポーもいつも通り、しょっちゅう鳴らしています。

飛行機音も早くから流していました。
日曜日なので大音量のメモはありません。
大き目の音は数回、私の上を流していました。

ドアバンッは毎日、21時過ぎまでやっています。
以前は子供の泣き声とセットでした。
今日は何しろ一日中ドアバンッ! 先程からは犬の吠え立てです。

今日も朝から圧迫が酷く、顎が胸を押し続けています。
食事中に飲み物を飲んだ時に鼻に逆流、舌も噛まされて腫れています。
脚への加害も酷く、痺れ、痛み、熱感、ピンポイントの痛撃波も多くやられています。



今日のニュース マイナビニュース より引用

医者による人体実験、731部隊の真相に迫る
[2017/08/13]

8月13日(日)の『NHKスペシャル』(NHK総合、21:00)は、「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~」を放送。

日中戦争から太平洋戦争にかけて、密かに細菌兵器を開発し、実戦で使用した731部隊。敗戦の混乱のなか、部隊が証拠を徹底的に隠滅し、元隊員たちが固く口を閉ざしたため、その実像を知る手がかりは限られてきた。

731部隊

今回NHKは、731部隊の拠点があった満州に侵攻した旧ソ連で、これまで存在が知られていなかった資料を発掘した。終戦直後に行われたハバロフスク裁判における、部隊中枢メンバーの肉声、20時間以上に及ぶ音声記録である。そこには、国防や国益のためとして、当時の最新兵器だった細菌兵器開発を推し進めた実態、そして日本の満州統治に反対する中国や旧ソ連の人々を「死刑囚」とし、細菌兵器開発の「実験材料」として扱っていた実態が、克明に語られていた。これまで裁判については、旧ソ連のプロパガンダとして発言を強要されたのではないかとの指摘もあったが、関与していない点については隊員が明確に拒否していたことも確認された。

さらに、旧ソ連の機密資料や元隊員がとりまとめた資料などからは、軍だけでなく学術界からも多くの研究者が部隊に参加していた実態が浮かび上がってきた。なぜ日本の知性を代表するエリートであった医学者が、こうした研究に関与したのか。今回入手した当時の学術界の膨大な記録からは、満州事変以降、戦時体制が強化される中、軍と学術界が関係を深めていった過程がみえてきた。さらに、日本軍が満州統治に反対する人々を死刑にすることについて、世論の支持が高まる中で、「死刑囚」を研究に活用しようという動きが医学界で相次いでいた実態も、明らかになってきた。

731部隊はどのようにして生まれ、そして医学者たちは、どのようにして731部隊に関わったのか。旧ソ連、そして日本国内で発掘した数百点以上の資料をもとに、731部隊設立の謎に迫る。

本記事は「テレビドガッチ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

引用終わり


真実はなかなか分かりません。
証言を積み重ねて行く事で、少しでも本当の事が分かると良いと思います。
戦争は人を狂わせるのでしょうか? 狂わなかった人も沢山いらっしゃいますが…。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |