プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

精神科で事務員をした事があるだけで、法律に詳しい訳ではありません。

集団ストーカー、テクノロジー犯罪が、精神科誘導を一つの目的としているので、記事にしたいと思います。
措置入院と強制入院という言葉で、混同されている感じがします。


ウィキペディアより抜粋

措置入院(そちにゅういん)は、精神保健福祉法29条に定める、精神障害者の入院形態の1つ。行政行為あるいは強制であることを強調する文脈では「入院措置」と呼ぶこともある。

概要

精神障害者は、その病状によっては自傷や他害に至ることがあり、しかもこれを認識して医療に自ら頼ることが困難な場合がある。 精神保健福祉法は、精神障害者の入院について幾つかの法形態を定めるが、入院させなければ自傷他害のおそれがある場合について、 これを都道府県知事の権限と責任において強制入院させるのが措置入院であって、 原則公費医療であり、自傷他害のおそれがないと認められるまで無期限に継続する。 緊急性のため手続を簡略化し、その代わりに時間制限を設けたものとして緊急措置入院がある。

措置診察の開始まで
・22条から26条の3までの規定による都道府県知事への通報等があること(27条1項)
22条、23条、26条の2による場合は最寄りの保健所長を経る。22条は一般人からの書面による申請、23条は警察官の通報、24条は検察官の通報、25条は保護観察所長の通報、26条は矯正施設長の通報、26条の2は精神科病院管理者の届出、26条の3は医療観察法の通院処遇者に関する通報である。22条、24条、25条、26条についてはその通報者等において自傷他害のおそれがあるとの判断を要しない。必ずしもこれらの通報等がなくとも職権で措置診察をなしうる(27条2項)が、自傷他害のおそれが明らかであることを要する
・調査の上措置診察の必要があると認めること(27条1項)
実務上は、上記通報等のうち明らかに自傷他害のおそれがないものや、措置診察を優先させられない場合などに、この要件に基いて、措置診察しないこと(「不実施」と称される。)が正当化される。
・診察の通知(28条)
措置診察の実施が決定されたときは、現に本人の保護の任に当たっている者に対してあらかじめ措置診察の日時場所を通知することを要し、この者や後見人、保佐人、親権行使者、配偶者は診察に立ち会うことができる

措置診察
指定医2名以上の診察の結果が「精神障害者であり、かつ、医療及び保護のために入院させなければその精神障害のために自身を傷つけ又は他人に害を及ぼすおそれがあると認める」ことで一致すること(29条2項)


医療保護入院(いりょうほごにゅういん)は、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律33条に定められている精神障害者の入院形態の1つ。強制入院させることが必要であると判断されるときに適用される。強制入院制度としては、自傷他害のおそれを要求しないこと、公権力の責任で行うものではなく病院と家族の意思に基づくこと、及び入院期間に制限がないことが比較法的にも特異である。実体的にも手続的にも比較的簡素であるために、社会的入院を助長する原因の一つとなっている。

要件
精神保健指定医による診察の結果、精神障害者であり、かつ、医療及び保護のため入院の必要がある者であつて当該精神障害のために任意入院が行われる状態にないと判定されたものであること(33条1項1号)
医療又は保護のいずれかの必要があるだけでは入院させられないが、これらの区別を含め、どのような場合が医療及び保護のため入院の必要があるといえるかについては具体化された基準に乏しい。

・家族等のうちいずれかの者の同意があること(33条1項柱書、33条2項)または居住地の市町村長の同意があること(33条3項)
家族等がいて連絡可能であり、かつ同意をしないときは医療保護入院できないことになる(このときは応急入院もできない)。これには、本人への関与の拒否を示したり何らの応答もしようとしない場合を含む。

医療保護入院の成立
要件を満たした場合であっても、最終的に入院させるかは病院管理者(通常は、その権限を委任された主治医)の裁量による。管理者は、入院後10日以内に、同意した家族等の同意書を添えた入院届(通常、薄黄色のA3版書式が用いられるために「黄紙」と称されることがある。)を都道府県知事に提出しなければならない(33条7項)。

移送制度(34条)
従前、病院受診へ本人が抵抗するために医療保護入院が困難であるときに、家族が搬送業者や警備会社へ依頼して拉致同然に病院へ搬送することがあった。こうした事態へ対応するために、医療保護入院等のための移送の制度が整備された。通常、家族が保健所や病院に事前相談し、嘱託の指定医が居宅で診察し、移送を決定して病院へ移動する、という流れが想定されている。移送の要件としては、本人の症状が応急入院相当に緊急かつ重大であることを要するほか、入院先も応急入院指定病院でなければならない。

移送制度の整備後に、民間搬送業者による搬送が違法であるとして損害賠償請求が認容された裁判例がある。

家族等による悪用

真実は家族が自己の利益を図るため、本人への治療協力を装って、本人の収容を企図して医療保護入院を依頼する事例がある。医療保護入院の診察に際し、本人の陳述のほか家族の陳述以外に客観的な資料が乏しいことが殆どであることから、甚だしきは本人の言動を脚色して陳述し、精神保健指定医に病状が悪いような印象を与えることがありうる。実際、上記判例では、家族自身の異常な言動に反応した本人の言動を、家族がその本人の言動のみ取り出して伝えたこと等が認定されている。


任意入院(にんいにゅういん)は、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律に定められている精神障害者の入院形態の1つ。

概要

精神科病院への入院であっても、まず本人自身のインフォームドコンセントを得ることを基本としている。

要件

実体的要件としては、本人の同意(20条)のみが規定されているが、入院治療の適応であることも要求されるのは当然である。
入院の際に、退院請求権等を記載した書面を交付することと、自ら入院する旨を記載した書面を徴することが必要である(21条1項)。

抜粋終わり 下線は私


措置入院は、それ程簡単にはさせられないと思います。

被害者の皆様、他人に加害が酷くて死にたいとか、加害者に仕返ししてやりたいとか、絶対に言わないで下さい。
自傷他害の疑いで、措置入院をさせる口実になります。

私も、ビデオを写して警官を呼ばれた事がありますが、警官にも、警察へ行く時にも、被害の実態を話すのが良いと思います。
出来れば立証出来る事を、ハイテク被害は資料を持って行くなどして、落ち着いて話して下さい。

私も、警官を呼ばれた時は、精神科誘導されない様にと「落ち着け、落ち着け」と自分に言っていました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |