プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

先々週まで、土曜日曜は大音量の上空の音は1.2度でした。
先週から土曜日にも轟音が始まりました。
北朝鮮のミサイル通過は、こんなところで小さな嫌がらせに役立っています。

今日も7時頃から飛行機音を立て始めました。
以後も何度も大音量!
ヘリ、飛行機、ジェット機と平日と同じになりました。


昨夜もネット妨害はありませんでした。
ブログと動画を見る時に眠らされるのもいつも通りでした。
0時半頃に布団に入りました。

起こされてラジオをつけると対談の様な筝をやっていました。
たぶん1時過ぎだと思います。
次に起こされるとラジオはONのまま、音は聞こえなくなっていました。

懐中電灯で時計を見ると3時20分頃でした。
下腹部の辺りを狙い、加害が酷くなったので起きてしまいました。
階下へ下りると3時44分でした。

7時02分  歯を磨いて首を伸ばす為に横になっていると、足元の向こう隣家の裏の辺りから グーグーという様な飛行機音! 足元の窓ガラスがビリビリと共振しました。
以後もタイミングに合わせて、大音量の飛行機音を多用していました。

7時22分  髪を梳かして頭の防御、首の後ろに手が行くと ピーポー! 終わって片付け始めると バイクの走行音!
以後12時頃にクロネコヤマトが来るまでは静かでした。
荷物を片付け始めた時から、ピーポーも多用し始めました。

シャワーから出ると数秒間だけのヘリ音、飛行機音、ジェット機音と立て続け!
髪を乾かして頭の防御を終り雨戸を閉めるとウ~! 一度止めて雨戸音立て! またウ~! 隣家の雨戸音立て!
パソコンを始めると後ろで(行き止まりの家)ドタドタと足踏み音が続いています。

今日は悪意あるドアバンッ 多!
私がいつもと違う行動をすると男のくしゃみ!
工事に見せ掛けた変な音!

今日も起こされた時から殺人波照射、両脇、胸、下腹部、足がとても痛いです。
圧迫波も酷く、四方八方から押し付けています。
ブログを書き始めると朦朧状態にして妨害しています。



今日のニュース  Viewpoint  より引用

9・11以降の世界 国が全国民をネット監視
  吉川 圭一  2017/9/09(土)  オピニオン [トップ]


“一匹狼”テロが主流に
 16年前の2001年9月11日以降、人類社会は大きく変わった。国家間の戦争より非国家主体のテロ集団との戦いが、主旋律の時代になった。
 
ニューヨーク、ワシントンといった米国の大都市は皆、危機管理センターを持つようになった。それらは街中の監視カメラさらには監視センサーの情報をコンピューターで一括管理し、それが緊急時には地元の消防、警察そして軍等と、共有されるシステムが、広く確立された。

 だが、それでは足りなかった。特に最近のテロは、国際的組織が明確に背景で計画を動かす大規模なものより、インターネットによる広報活動を通じて影響を受けた人々が、個人として起こす、いわゆる一匹狼型テロが、主流になってきたからである。
 
そこで各国ともネット上のテロ勧誘等に対する監視に、より力を入れ始めている。例えば英国は15年、Spooner’s法を制定し、ネット関連会社等に過去1年間に、どのサイトに各顧客がアクセスしたか等の情報を保存し、それを必要なら警察に提供することを義務付けている。だが各ネット関連会社で各顧客が使っているパス・ワードやIDが分からなければ、提供された情報の内容が分からない。

 そこでメイ首相は6月初旬、各国が協力してネット関連会社に対し、情報の中身を見られるようにすることを、義務付けることを提案した。

 これはトランプ政権による入国管理強化政策とも繋(つな)がっている。

 トランプ政権が成立して以来、幾つかのイスラムの国に対して行っている入国管理政策は、実は入国を希望する者が使っているSNS等のIDやパス・ワードを教えれば、入国を認めるという側面もあるのである。これはオバマ政権後期より、任意で要請されていたもので、それをトランプ政権は強化しているだけなのである。何れにしても米国は、遠くない将来、入国を希望する人全員だけではなく、アメリカ国民全てのSNSのIDやパス・ワードの提出を、求めるようになるに違いない。誰が大統領だったとしても…。

 そうすれば全ての人が、どのような発言をネット上で行い、どのような情報―例えば以前にあったテロ事件の手口やテロ思想等に関して検索しているかが、容易に政府機関に分かるようになる。そうなれば、どのようなテロ事件も、事前防止が可能になる。

恐怖なき『1984年』

 それはジョージ・オーウェルの小説『1984年』的な世界の実現であると恐れる人が多いかもしれない。だが、それは悪いことだろうか?

 確かにオーウェルの『1984年』のラストで主人公は、秘密警察の完全な精神監視により、精神的に破綻する。だが、それは“自らや宇宙を創り動かす超越者が自らの精神の外部にある”という欧米聖書文明の考え方に立っているからである。この考え方では他者の監視は、超越者と自らの関係を断ち切り、自らの精神を破綻させる。

 しかし彼の精神的破綻は、三島由紀夫最後の超大作『豊饒の海』のラストで、自らの外部存在である少年が輪廻(りんね)転生の主人公ではないのではないかという疑いに陥った時、副主人公が陥る精神的破綻と似ているようにも思える。あの小説の中で展開される“自らや宇宙を創り動かす力が自らの精神の内部にある”という東洋思想に立ち戻れば、副主人公の精神は破綻せず、むしろ理想の精神状態に昇華できるのではないか?

 日本人は東洋文明の深淵を自覚し、それを欧米人に伝えて行くべき時だろう。それは『1984年』的監視社会を恐怖の社会ではなく、むしろ人々を奥深い“解脱”の境地に誘う社会だという理解を広め、ネット監視を肯定的に受け入れる契機となるだろう。

引用終わり


監視社会は結局は恐怖の社会になるのではないでしょうか。
監視する方とされる方、疑心暗鬼の元になるのでは?
1日24時間365日監視され、それをわざわざ認識させられて、とても嫌な気分で日々を過ごしています。


スポンサーサイト

コメント

そうなれば、どのようなテロ事件も、事前防止が可能になる。

今まで出来なかったのに、どうやって区別するつもりなのか

とんでも無い思い上がり

それが悲惨な事に、紛れもない世界一の人殺しの国から出てきている

その世界一の人殺しの国の属国が日本
変な国になるわけです
2017-09-10 13:45 | #Gls.umQA URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

自国民も大切にはしないようですからねぇ。
一体、何を守り、どのようにしたいのでしょう。
人口削減をすれば、結局は自分達も困る事になりませんかねぇ?



> そうなれば、どのようなテロ事件も、事前防止が可能になる。
>
> 今まで出来なかったのに、どうやって区別するつもりなのか
>
> とんでも無い思い上がり
>
> それが悲惨な事に、紛れもない世界一の人殺しの国から出てきている
>
> その世界一の人殺しの国の属国が日本
> 変な国になるわけです
2017-09-10 19:17 | pgha1117 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |