プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

お手洗い

お手洗いはお風呂場の東側にあります。
窓は無く、換気口があります。
お風呂場とお手洗いの換気口は音立てをします。

私が入ったタイミングに合わせて、コンコン!
水洗の音も使っています。
水量を替えて流す時間の調整をしている様です。

一度は水がタンクに入らずに溢れて、床が水浸しになっていました。
水関係は相当何かやっています。
お風呂場や洗濯機の排水音もゴボゴボとかキィッ等、変な音がしています。

お手洗いにも上部に突っ張り棚がありました。
タオルを置いたり重宝に使っていますが、普通は退去時に片付ける筈です。
ここの便座はO型なので古いのでしょうか、公団の時のは捨ててしまいました。

何故か便器もペーパーホルダーの位置も低い所にあります。
背の高い私にとっては使い難く、首が曲がると余計に負担が掛かります。
まさかこれは意図した事ではないでしょうが…。

お手洗いも始めは普通に入っていました。
それほど酷い加害はされませんでした。
いつ頃からか目立つ音を立てて合図をする様になりました。

狭い空間で座る位置も、頭や足の位置も同じ辺りに行きます。
お尻を出しています。
裏は南側の土台で、私は絶対に見る事が出来ません。

今はお手洗いに座ると後頭部(首が曲がっているので)を押されます。
灯りを点けずに入る事が多いです。
ゴミ捨てから戻り、南側の裏を見ると真正面に行き止まりの家の窓の電気が煌々と点いていました。


昨夜はブログを終って通販サイトに接続しました。
全て妨害されて、何も注文出来ませんでした。
また兵糧攻めの始まりです。

動画も途切れ途切れになり、何を言っているのか分かりません。
少し早めに止めて、爪を切りました。
痺れた手で、痺れた指の爪を切るのは大変です。

指まで切ってしまいそうで時間が掛かりました。
0時半頃に布団に入りました。
起こされてラジオをつけると2時過ぎでした。

矢沢永吉の歌を聞きながらウトウト。
3時過ぎ作詞家「なかにし礼」の特集でした。
美空ひばりの歌になったので止めると、近くからバイクが位置替え!

次々とバイクの走行音!
氷川きよしの歌になったので起きました。
階下へ行くと3時57分でした。

4時44分  雨戸を開ける前に ピーポー!
以後も洗濯を干す前、頭の防御をする前、お米を研ぐ前、歯を磨く前、食事前に ピーポーピーポー!
私の行動が先読み出来る時には、前もってピーポーピーポー!

シャワーの支度を始めるとピーポー!
お風呂場へ入るまで、何度も断続的にピーポー!
出て服を着るとピーポー!

階段を上がるとピーポー! ドライヤーを掛けると ピーポー!
頭の防御、首の後ろに手が行くところまで、断続的に ピーポー!
ほぼ一日中 ピーポーピーポー!

13時51分  横になると眠らされ、加害者の設定時間に大音量の飛行機音で起こされました。
今日は日曜日なので大きな音はこれだけでした。
午前中から朦朧とさせられていましたが、この時は起き様としても起きられませんでした。

今日は朝から頭に何らかの照射でクラクラとしています。
脚への加害が酷く、力が入らずに歩けなくなりそうです。
轟音は無くても、ヒュルヒュル、ゴーゴー、キンキン等という音に包まれています。



今日のニュース 東京新聞 TOKYO Web より引用

GPIF年金運用 軍事上位10社の株保有 本紙調べ
2017年9月17日 朝刊

 公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、軍事部門の売上高が世界で十位以内に入るすべての企業の株式を保有していることが、本紙の調べで分かった。国民が支払う国民年金や厚生年金の保険料の一部が、武器の製造で収益を上げる世界の主要な軍事関連企業を支えていることになる。 (中根政人)

 軍事部門の売上高は、スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)が上位百社分(中国を除く)を公表している。GPIFが今年三月末現在で保有する国内外の株式を見ると、SIPRIの調査(二〇一五年時点)で上位十社に入った欧米企業の株式をすべて保有していた。上位百社中三十四社の株式を保有し、国内では三菱重工業、三菱電機、川崎重工業の三社が含まれる。

年金

保有する株式の時価総額(非軍事部門を含む)の合計は十社で約四千六百五十一億円、三十四社では約一兆三千三百七十四億円に上る。上位十社のうち米国企業は七社。一位のロッキード・マーチンはミサイル防衛システムやステルス戦闘機F35を製造。二位のボーイングは垂直離着陸輸送機オスプレイの開発を担った。四位のレイセオンは、米軍がシリア攻撃に使用した巡航ミサイル・トマホークの製造元。

 諸外国では、スウェーデンやノルウェーの年金基金は、非人道兵器の製造や環境破壊、人権侵害で問題が指摘される企業への投資を排除できるルールがある。GPIFは、委託を受けた運用会社が代表的な株式指数を基に、各国の企業の株を機械的に購入する仕組み。GPIF法など関連三法が購入先を恣意的(しいてき)に選ぶことを禁じているためだ。

 GPIFの担当者は「年金財政上、必要な利益の確保に専念するよう法令で定められている」と説明。厚生労働省の担当者は「特定業種への投資を禁止するには法改正が必要だが、法改正すべきだとの議論は起きていない」と指摘する。

 金融機関などの投資活動を調査するNPO法人「環境・持続社会」研究センター理事の田辺有輝さんは「株式保有が判明した軍事関連企業には、核兵器など非人道兵器の製造に関係する企業も含まれる。こうした企業の株式保有を排除できる法的なルールづくりが必要だ」と訴える。

◆紛争で利益 いいのか

 公的年金は、高齢者の生活を支える社会保障制度の中核。積立金を確実に運用して、利益を上げることの重要性は疑いない。だが、それだけでいいのか。

 GPIFによる株式保有が判明した軍事関連企業が本社を置く欧米の国々は、過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦に有志国連合として参加するなど紛争に直接関わっている。

 各企業は紛争が激化するほど武器や装備品の売り上げを伸ばし、株価を上げる。株価が上がれば、GPIFの運用益も増える。

 増え続ける高齢者を将来養うための年金積立金が、国民の知らないうちに「軍事支援」に転用されている構図は、倫理上許されるとは思えない。
 
現行法では、政治的な介入や担当者の恣意的な運用を防ぐため、業種を問わず企業株を自動的に購入する以外に選択肢はなく、こうした投資は排除できない。
 
日本国憲法は前文で「自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」と宣言している。年金財源確保のためなら、他国で紛争を助長しても仕方ないということにはならない。国会でのルール見直しの議論が急務だ。 (中根政人)

引用終わり 下線は私


私も年金の受給者です。
このニュースを読んで嫌ーな気持ちになりました。
【軍事部門の売上高が世界で十位以内に入るすべての企業の株式を保有している】それを運用している。

間接的に戦争に加担している…。
年金で生活を支えられないので当てにしていませんでした。
若い方達も関心が無いと思いますが、年金が無くなってしまわない様に興味を持って下さい。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |