プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

洋間

階段を上がって左に入ると洋間です。
南側は押入れ、西側は行き止まりの家がすぐ近くにあります。
北側は大きな窓の向こうに行き止まりの家の車、空き家だった家、東電があります。

東側はドアの横に箪笥が置いてあります。
ここは洗濯を干す専用の部屋になってしまいました。
北側の窓のカーテンレールがとても高く、カーテンを掛けることが出来ません。

業者に頼もうと思ったのですが、業者も怪しく、止めました。
防御を立て掛けてありますが、上部からはダイレクトに光が入ります。
そこはずっと先が東電の門です。

西側にも窓がありますが、ここには雨戸があったので閉めっきりにしています。
一度、この雨戸が数センチ開けられていた事がありました。
向かい側は行き止まりの家の窓がすぐ近くにあるようです。

洗濯を干しているとタイミングに合わせて雨戸の音立てをされます。
洗濯物も何を干すかで合図をしています。
今日はパンツを干す時にカーカー、バスタオルを干す時にチッチチ、チッチチ鳥鳴きでした。

バスタオルには何かあるようで、アパートの時から目立つ音立てをしていました。
今日も大きなハンガーにバスタオルを掛けるとチッチチとリズムを付けて鳥鳴きを始めました。
バスタオルはそのままに、別の物を干しました。

またバスタオルのシワを伸ばし始めるとチッチチです。
もう一度止めて、別の物を干しました。
またバスタオル、今度は目立つバイクの走行音でした。

毎回ではありませんが時々こんな事をやっています。
その為にバスタオルは何かあるらしいと確信しています。
バスタオル全部に音立てをする訳ではないので、干す場所に関係するのかもしれません。


昨夜もニュースを探す頃から朦朧とさせられました。
ブログを終って通販サイト、調べ物、動画も若干の妨害をされました。
1時過ぎに布団に入りました。

尿意で起こされお手洗いへ行きましたが全く出ません。
2時45分、トイレへ誘導する為に起こされたようです。
布団に戻ってラジオをつけると美女と野獣のサウンドトラックでした。

3時の時報、ニュース、林伊佐緒の特集でした。
織田哲郎の歌、とても短いバージョン!
4時の時報で起きました。

6時22分  お米を研ぎに階下へ下りる前に 飛行機音 大!
今日は火曜日、早朝から大音量の飛行機音です。
日中も続き、夜になってからも大音量の上空の音を立てています。

6時34分  歯を磨きに下りる前に ピーポー!
以後もいつも通りピーポーピーポー!
工事音に見せ掛けてウ~。

8時過ぎ頃からか道路工事?コンクリートを切っている様な音が始まりました。
とても不快な嫌な音を一日中立て続けられました。
一度は家を包むような轟音もありました。

一日中、スキャンでもしている様にバイクの走行音!
工事のキーン、ウー、表現できない不快な音です。
都市ガスの様な臭いもしていました。

今日も朝下りた時から圧迫波が酷く、首が動きません。
転倒を狙っているからか、頭がクラクラとしています。
脚への加害が酷く、痺れ、熱感、脱力感で歩けなくなりそうです。



今日のニュース 中日スポーツ より引用

裁縫箱から日本の写真 NZ女性、持ち主捜す
2017年9月19日 17時20分

【シドニー共同】ニュージーランドの女性が国内で購入したアンティークの日本の裁縫箱に、3枚の古い白黒写真が紛れ込んでいた。女性は「写真を返すため、ご家族捜しを手伝ってください」とツイッターで呼び掛け、話題となっている。

 女性はオークランドに住むアンナ・マクドナルドさん(47)。裁縫箱は木製で、10年前にクライストチャーチで買った際、写真に気づき、店に問い合わせたが元の持ち主は不明だった。最近になって「会員制交流サイト(SNS)が発達した今なら手掛かりが得られるかもしれない」と思い、ツイッターに投稿した。

 写真はいずれも戦前の日本で撮影されたとみられる。

写真
着物姿の女性と幼児が写った写真(アンナ・マクドナルドさんのツイッターより・共同)

引用終わり


はっきりと写っているので、知っている方が見付かると良いですね。
昔は写真は貴重な物でした。
七五三のお祝いの時の写真を私も持っています。

古い物はしっかりと良く出来ています。
ニュージーランドへ渡って存在を続ける裁縫箱、作ったのはどなただったのでしょう。
写真一枚から、色々な事を想像してしまいました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |