プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

救急車で運ばれる以前に、家の中で転倒させられています。
一番初めは冷蔵庫と食器棚の間。
あっと言う間の出来事で、どんな時だったか忘れてしまいました。

この時は自分の不注意だと思っています。
この時からバランスを崩しやすくなったのでしょうか。
布団の上や畳の上で何度か小さな転倒をしています。

加害行為だと思ったのは階段を下りる手前で転倒させられた時でした。
下は床で洋間の敷居にも、柱にも当たり、結構な打撲になりました。
アチコチ傷になり、気が付くと壁や布団に血の跡が付いてしまいました。

ここは一番初めに転倒させられた所のほぼ上だと思います。
和室を出る時に音立て、階段を下りる時に照らす事が多いです。
下りるといつも電気が点いている隣家の窓。

ダイニングに入って左に行くと食器棚です。
向かい側に冷蔵庫です。
食器棚に行く時も音立てをします。

和室を出ると向かい側に行き止まりの家です。
出た途端にブライティングをされる事も度々です。
これで転倒したのではなく、転倒させられていると確信しました。

転倒させるのも用意周到にしています。
揺れも前もって酷くしている様です。
首が曲がっている事も、足が酷く痺れている事も影響しています。

シンクも加害の酷い所で、必ずと言っていいほど音立て合図をしています。
ここでも椅子から立ち上がった瞬間にふらつき転倒させられています。
椅子に座ろうと思ったのですがキャスター付きの椅子が動いてしまいました。

思い切り尻餅をついて尾骶骨を打ちました。
痩せて寝たきりでもないのに褥瘡になりそうな尾骶骨!
この時も後々まで打撲の後遺症、二次被害で痛い思いをしました。

大きな転倒はこの3回です。
階段から落とす事を狙っている様なので、とても気を付けていますが…。


昨夜もパソコンの動作は遅く、ネット妨害?
動画は途切れ途切れにされました。
1時近くに布団に入りました。

防御が終わると0時前からやっていたバイクの轟音 ウ~!
起こされてラジオをつけると3時過ぎでした。
ちあきなおみの知らない曲が終わった所でした。

織田哲郎の歌になると急に雑音が入り、音が小さくなりました。
ダイヤルを操作しても聞こえませんでした。
起きて階下へ行くと4時07分でした。

8時40分  紙ごみを片付け、首を伸ばす為に横になると 飛行機音 大!
以後もタイミングに合わせてグ~ッ、キーン等大音量で立てていました。
ヒュルヒュルという様な音は一日中しています。

9時42分  洋間へ入ると ピーポー! 
乾燥機は止まっていましたが、洗濯物は乾いていないのでもう一度セットしました。
以後は小さくピーポーピーポー!

バイク、車、ピーピー車が今日もうろついています。
工事の妙な音、キーン、ウーィーンも小さな音です。
静かになると不気味に静か! 飛行機だけが大音量!

今日も朝から頭を押され、顎が胸を圧迫しています。
痰を絡めて飲み込み妨害、息もしづらく咳が出ます。
パソコン前で眠らされ、頭が下がって余計に痛くなりました。



今日のニュース   Bloomberg  より抜粋

最高級キャビアはロシア産にあらず-シェフ絶賛の新たな中国輸出品
Kate Krader
2017年9月21日 15:28 JST

中国産の食品について話すと眉をひそめる人は多い。食肉から漂白剤が検出されたり、リンゴジュースに不凍液が混じっていたり、といった事件は海外にも伝わっている。中国市場研究集団の雷小山マネジングディレクターは「食品スキャンダルが繰り返された中国は食品汚染で知られる」ようになってしまったと話す。
  
上海の南西約300マイル(約483キロメートル)でキャビアを生産するカルーガクイーン(卡露伽)はそれも十分承知だ。同社の親会社、杭州千島湖鱘龍科技のマーケティングマネジャー、リリー・リウ氏は「食の安全を巡り中国への信頼性が低いことが最大の障害だ」と語る。

オバマ
2016年G20サミットの食卓-オバマ米大統領のネームカードの脇に置かれたカルーガクイーンのキャビア缶 Source: Kaluga Queen

  魚介料理のスペシャリスト、エリック・リパート氏はニューヨークの「ル・ベルナルダン」で提供。ドイツのルフトハンザ航空もファーストクラスの食事に採用している。16年の20カ国・地域(G20)首脳会議ではオバマ米大統領(当時)の食事にも使われた。だがキャビアの産地に言及されることはほとんどない。中国産と言えば多くの消費者が安かろう悪かろうと連想するためだ。
 
 アレクサンダー・ペトロシアン氏は自身の名を冠したキャビアを取り扱う会社の副社長として、カルーガの商品を輸入・販売している。キャビアの缶詰は30グラムで平均150ドル(約1万7000円)だが、その缶詰は中国産とはうたっていない。「最初の3年間は中国産のキャビアを売るのは非常に厳しかった」と言う同氏は、「安い中国産のキャビアはあるが、われわれが扱うのは市場でも最高級のキャビアだ」と述べる。

中国
中国浙江省の千島湖 写真家:

キャビアの輸出市場を長く独占していたのはロシアとイランだったが、カスピ海でのチョウザメ乱獲がたたり、供給が減少。日本やイスラエル、中国などの国々がその落ち込み分を埋め始めている。
 
 カルーガによれば、同社のキャビア生産量は年60トンと、今や世界一だ。浙江省の人造湖、千島湖でチョウザメが養殖されており、一匹一匹に認識番号を割り当てている。千島湖には黄山山脈から澄んだ冷たい水が流れ込む。キャビア缶全てがコードで管理され、消費者は卵を採取したチョウザメについて追跡可能だという。

  それでもペトロシアン氏の会社は品質管理のため毎年数回、現地調査を行う。水質やチョウザメの状態を調べるのだと同氏は説明する。
  
  カルーガが供給するキャビアのファンとなるトップシェフは増え続けている。最近開店した上海の「コントワール・ピエール・ガニュエール」では幾つもの料理に使われている。シェフのロマン・シャペル氏は「多くの輸入物と比べるとより洗練されピュアな味わい」だと言う。
  
ただ、生産国の分からないキャビア缶が気になった客から、産地を問われることはあろう。

キャビア
カルーガクイーンの各種キャビア 出典:カルーガクイーン

(ブルームバーグ・ビジネスウィーク誌に掲載の記事です)

原題:The World’s Best Caviar Doesn’t Come From Russia Anymore(抜粋)

抜粋終わり


私には縁の無い話ですが。
粒が大きい事だけは分かります。

綺麗な湖ですね。
どこの国でも、綺麗な所を守ってほしい。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |