プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

稲城市 借家

父が亡くなり、一人で生活する引っ越し先を探しました。
引っ越しても駄目だと分かっていましたが、階下に従姉親子が居るのは嫌でした。
騙されたという思いもありましたので、引っ越す事は確定していました。

父の所を片付ける間、時間は充分にありました。
毎日、パソコンで探していました。
どのような所が希望なのか、加害者にはよく分かったでしょう。

この時には思考盗聴をされているという自覚がありませんでした。
この犯罪がよく見えてなく、創価学会がやっていると思っていました。
今は世界中に被害者がいるこの犯罪は、創価学会だけではなく、様々な所が絡んでいると思っています。

東京に戻ろうと思っていました。
東京で創価学会の○○会館というのが無い所を探しました。
稲城市と秋川市のどちらかしかありませんでした。

※引っ越して暫くしてから、稲城市にも○○会館があると被害者の方に教えて頂きました。
現在の所に変電所がある事もパソコンで見ている時には分かりませんでした。
私の見方が悪いのか、思考介入などで気が付かないのかは分かりません。

両市に物件を見に行きました。
秋川市の方は借家が並んでいて、裏の高台に建設会社がありました。
見るからに囲まれている感じで、止めてしまいました。

稲城市で始めに見た所は、公明党と真如苑のポスターの貼ってある家に挟まれていました。
当然ここは中に入ってもいません。
もう一件は隣のアパートから待ち伏せがウヨウヨと出て来て止めました。

最後に行った所が静かで広々とした感じがして、そこに決めました。
今考えると、古い借家が一戸だけ。
すぐ裏に2世帯の新しいアパートで、やはり変です。


昨夜はブログに貼ろうとした動画を探していると妨害されました。
以後は動画も途切れる事無く見る事が出来ました。
0時半頃に布団に入りました。

尿意で起こされ階下で時計を見ると2時43分でした。
布団に戻り。ラジオをつけると映画音楽をやっていました。
3時の時報、月の歌を数曲聞くと眠ったようです。

起こされると4時過ぎでした。
周辺はゴーゴー、ザーザーという様な音がしていました。
脱力感が酷く、やっと起きて階下へ行くと4時11分でした。

5時54分  洗濯を干して横になると ピーポー! (洗い物に下りる前)
以後も髪を梳かすタイミングなど、いつものようにピーポーピーポー!
掃除を始める前には狂った様に ウ~!間を置いて ピーポー!

10時19分 食事の支度に下りる前 キーン 飛行機音!
以後も16時頃まで、グ~ッ飛行機音を多用。
大音量のヘリ音も1回でした。

今日も朝から圧迫波が酷く、首の筋が痛いです。
足への加害、熱感、痺れ、ピンポイントの照射による痛みが酷いです。
皮膚の表面が、またピリピリと痛くなって来ました。



今日のニュース AERA dot. より引用

オーストラリアの猫、毎日100万羽以上の鳥を殺す
2017.10.4 17:46AFPBB News

猫
鳥をくわえる猫(撮影日・場所不明、2017年10月4日提供、資料写真)。(c)AFP/The Threatened Species Recovery Hub

【10月4日 AFP】オーストラリアで毎日100万羽以上の鳥がペットや野生の猫に殺されているという、驚くべき研究結果が発表された。このことが多くの種類の鳥の減少に関係していることも分かったという。

 学術誌「バイオロジカル・コンサベーション(Biological Conservation)」にこのほど発表された論文によると、毎年3億1600万羽の鳥が野生の猫に、6100万羽がペットの猫に殺されていると推定されるという。

 研究チームを率いた豪チャールズ・ダーウィン大学(Charles Darwin University)のジョン・ウォナースキー(John Woinarski)氏は、「猫が鳥を殺すことは誰でも知っているが、今回の研究によって、豪州全体でみると猫による捕食が驚異的な規模であることが明らかになった」と述べ、このことが「多くの種類の鳥の減少に拍車を掛けているとみられる」との見方を示した。

 発表された数字は猫の個体群密度を調べた国内の100件近い調査結果を基にしたもので、さらに猫の食事を調べた別の研究およそ100件も参照しているという。

 ウォナースキー氏によると、以前の調査では国内の哺乳動物に猫が及ぼす影響を調べていたが、今回初めて豪州全体での鳥への影響を調査したという。オーストラリアに数百万匹いる野生の猫は、国内哺乳類の高い絶滅率の原因になっているとも考えられているという。

 今回の研究に携わった研究者らは、猫がオーストラリア国内種のおよそ半数に当たる338種の鳥を捕食している証拠をつかんだといい、中にはウズラチメドリやライチョウバト、また世界で最も発見困難な鳥の一種であるヒメフクロウインコなど71種の絶滅危惧種が含まれているという。(c)AFP

引用終わり


飼い猫もペットフードの他に、鳥を捕って食べるのでしょうか?
野生の猫も、ほとんどは捨てられた猫でしょう。
自然のバランスが崩れてしまうと、猫にとっても、鳥にとっても悲劇です。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |