プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

稲城市の借家も取り壊すという事で出されました。
記憶のあるうちに…。
南に玄関がありました。

玄関を入ると狭い台所です。
すぐ左側に冷蔵庫を置きました。
ここにしかスペースが無く、アースもありませんでした。

父の冷蔵庫を持って来ましたが、この冷蔵庫は静かでした。
冷凍庫ではないのに凍ってしまうのは、父の時からありました。
父は無自覚の被害者だと思います。

冷蔵庫の横にシンク、ガスコンロ。
玄関の向かい側がお風呂場です。
新しいスノコが入っていましたが重くて持ち上がりませんでした。

掃除が出来ないとヌルヌルして来ると思い、大家に言って切って貰いました。
排水口が湯船の下にあったので、お風呂も動かしてもらいました。
詰まった時にどうしようも無いと思ったからですが、普通はその様にはなっていないでしょう。

洗濯機を置く場所がありませんでした。
外に水道もありませんでした。
仕方なくお風呂場に置きましたが、前に住んで居た人はどうしたのだろう…と。

大家に前の人はどうしていたのか聞いた事があります。
色々あって青梅の方へ行ったが、貴方にそんな事を言う必要が無いと言われました。
洗濯機とか排水口の事を聞いたのですが、もしかしたら前に住んで居た人も被害者かと思いました。

台所の右側には和室への襖と洋間へのドアがありました。
食器棚を置く所が無いのでドアの前に置くしかありませんでした。
出入りは玄関を入ってすぐ右側、半間の襖しかなくなりました。

和室は6畳で東側に縁側、南側に窓がありました。
ここでは朝夕、両方の雨戸を開け閉めしていました。
部屋にはパソコンラックと整理ダンスと炬燵兼テーブルだけでした。

和室から北へ入ると4.5畳位の洋間にクローゼットと半間の押入れがありました。
このクローゼットの天井に1m四方位のベニヤ板が釘で打ち付けてありました。
汚いベニヤ板が斜めに打ち付けてあり、大工さんの仕事とは思えませんでした。

大家に聞くと「黴で」と言いましたが、そこだけかびるのも不自然でしょう。
内覧に来た時から、洋間へ行くとクラ~ッとしました。
何か工作でもしてあったのだと思います。


昨夜もネット妨害はありませんでした。
ブログを書いている時には眠らされましたが、動画は見る事が出来ました。
0時08分  レコーダーを入れようとすると電池残量が少なかったので、電池を変えようとすると ピーポー!

0時半頃に布団に入りました。
起こされてラジオをつけると3時過ぎでした。
全く知らない古い歌が流れていました。

ウトウトしていると石丸幹二の歌の終わりの方で起こされました。
すぐに右脇腹が痛くなりました。
天気予報、4時の時報で起きました。

5時03分  食事を終る頃に近隣で ドタッ! ピーポー! パントモ様のバイクが走りました。 飲み込み妨害が酷く、鼻に逆流しました。
6時22分  歯ブラシを取りに洗面所へ入る前に ピーポー! 6時30分  歯間ブラシを使う前に ピーポー! 急に止めました。
この後、洗面所に歯ブラシを置きに行きます。
以後もしょっちゅうピーポーピーポー!

8時04分  シンクを磨いて横になると グーグー ダラダラと続く飛行機音 大! 掃除を始めると、目立つ音を立てます。
以後も目立つ上空の音が数回ありました。

今日は休日ですが、工事音もピーピー車のうろつきも、いつも通りでした。
早い時間から夜まで、何度も悪意あるドアバンッ!
13時少し前にインターホン! 車の音もバイクの音もしませんでした。

今日も圧迫波、殺人波共に酷く、首の変形した所が痛いです。
痰を絡めて呼吸妨害、咳が続いています。
ブログを書き始めると眠らされ、首が左に傾いているので左側に倒れて気が付きます。



今日のニュース HUFFPOST より引用

スイスの銀行のトイレが詰まる その原因は10万ユーロもの現金だった。
地元検察「現金を捨てたり、トイレを詰まらせたりするのは犯罪ではないが...」
2017年10月09日 17時04分 JST | 更新 1時間前

濵田理央(Rio Hamada)
ハフポスト日本版ニュースエディター。「キャリア」ディレクター、「#だからひとりが好き」担当

スイス
J2R via GettyImages ※写真はイメージです

スイスの銀行である珍事が起きた。

トイレがつまってしまったのだが、その原因がなんと、10万ユーロ(約1320万円)もの現金だったというから驚きだ。検察が現金の出どころを捜査していると、ブルームバーグなどが報じた。

skynewsなどによると、はじめに「トイレ詰まり」が起きたのは、ジェノバの金融街に位置するUBS銀行の貸金庫があるトイレ。そこから500ユーロ札の束が見つかった。

その数日後の5月、同銀行ジェノバ支店の近くにある3つのレストランで、トイレの便器に詰まった500ユーロ札の束が見つかった。

トイレのパイプ詰まりを直す配管工事に、数千フラン(数十万円)ほどかかるとみられるという。

ブルームバーグによると、警察は回収した札束の中から、数万ユーロもの現金を確認。その大部分がはさみによる切れ目が入っていた。

ジェノバ検察のビンセント・デローアンド氏は、skynewsの取材に対して「現金を捨てたり、トイレを詰まらせたりするのは犯罪ではない」と説明。現時点で、この現金が犯罪に関わるようなものかどうか確証はないと述べた。

デローアンド氏は続けて、「金をトイレに流した動機に関心があるが、まずはこの金がどこからきたものかを明らかにする必要がある」と捜査に乗り出す方針を語った。

ヨーロッパ中央銀行は2016年、マネーロンダリングなどの違法行為に使用される恐れなどから、500ユーロ札を廃止すると発表していた。

UBS銀行側は、この件についてコメントを出していない。

引用終わり


犯罪にかかわらないものなら、トイレに流す必要はないでしょう。
悪い事をする為の大金、悪い事をして手に入れた大金、どちらでしょう。
世界中に食べられない人が居るというのに、なんとかならないでしょうか。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |