プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ここの音被害

街宣活動のお知らせです。


目覚めよ日本!!国家権力犯罪糾弾!打倒監視国家!
街宣活動の告知
2017年11月13日(月曜日)

時間 午後12時~14時まで
場所 大阪駅前中央南口 交差点向えヒルトンプラザ前
下の大団幕が目印

http://liferelax.blog.fc2.com/



ここでは長い時間続く騒音はありません。
周りは狭い道路と階段、住宅街なので大きな音は続けられません。
せいぜい、バイク数台の走行音を数分間、というところでしょうか。

その代わり、ヒュルヒュル、ゴーゴー、キンキンという音がしています。
車のエンジン音?モーター音?変電所の音?
深夜でも休日でも変な音、妙な音がしています。

UFOでも飛んでいる様な音のする時もあります。
短い時は数秒で消えます。
飛行機やヘリの音は続きませんが酷い音です。

地鳴りと書いていた時があります。
隣家の向こうの地面からゴゥォ~と私に向かって来る様でした。
結構続けていましたが、今は止めています。

ヘリ音も真上を低空で飛ぶだけではありません。
襖が揺れてカタカタと鳴るヘリ音を、何十回もやられています。
家の屋根に何かマークでもついているのでしょうか。

ここでの目立つ音は、近隣の ドアバンッ!
襖が揺れるドアバンも、しょっちゅうやられています。
私の方へ向けてドアを開け、思い切り叩き付けて閉めるのでしょう。

悪意ある人殺しのドアバンッ!
隣家の雨戸音もガンガンと2回当てる音でやります。
他の家の雨戸の音はほとんどしません。

昨年は毎日、鶯の声がタイミングに合わせていました。
今年は早い時期にやって止めてしまいました。
カラスはどこでも使っているのだろうと思います。

節を付けてカー↑カー↑カー↓カー↓
変な声でギャーギャー、ミャーミャーと猫の様な声も使い始めました。
早朝から深夜まで、暗くなっても鳴いています。

ウ~、ピーポーも異常です。
小さい音で一日中鳴っている時があります。
飛行機音等も同じですが、近付いて遠ざかるという普通の音はしていません。


昨夜はメールの送信時だけ動作が遅くなりました。
動画を見ていると眠らされて、いつもと同じ展開になりました。
0時半過ぎ頃に、布団に入りました。

起こされてラジオをつけると地震のニュース!
11.11 01時42分 忘れた頃に1のゾロ目!
虐待児の話、石丸幹二の深夜便の歌、2時の時報。

眠った様で、3時過ぎに起こされるとラジオが聞こえなくなっていました。
ラジオを替えて、昭和59年のメディアの歌特集をずっと聞きました。
谷村新司の深夜便の歌、天気予報、4時の時報で起きました。

8時00分  横になっていると眠らされ時間調整! 明るくなってから起こされました。 歯を磨き始めると 数秒 ウ~!
以後はいつも通り、何かといえばピーポーピーポー!
私が決まった事をやる時に合わせてピーポーピーポー!

いつもの土曜日と同じで、大音量の飛行機音はありませんでした。
一日中ヒュルヒュル、雲の中でゴーゴーといっている感じです。
目立ったのは今日もカラス! 一日中!

今日も朝から圧迫が酷く、顎が胸を押して胸が痛い!
殺人波も胸を狙い左右、上から、腕と胸が痛いです。
ブログを書き始めると朦朧とさせられ、一向に進みませんでした。



今日のニュース 中日新聞 CHUNICHI Web より引用

2017年11月11日
大野でグライダーが離陸失敗 横転損壊、けが人なし

十日午前九時二十分ごろ、大野町公郷の揖斐川左岸の河川敷にある大野滑空場で、飛行練習のため飛び立とうとしていた東海関西学生航空連盟が運航する一人乗りグライダーが離陸に失敗し、滑空場先の草むらで横転した。
 
国土交通省中部空港事務所や滑空場の指揮所によると、操縦していたのは近畿地方の私立大四年の女子学生(22)で、病院で診察を受けたが、けがはなかった。機体の損傷状態が航空機事故に該当するため、運輸安全委員会は航空事故調査官二人を現地に派遣し、詳しい原因を調べる。

グライダー
離陸を失敗して損壊したと思われるグライダーの一部=大野町公郷で

 指揮所によると、グライダーは出発地点から一キロ先にあるウインチでけん引して飛び立つ方式。南から北に飛び立とうとしていたが、うまく上昇できず、機体とウインチを結ぶロープを切り離して着陸しようとした際、右翼がウインチにぶつかって外れ、横転したという。女子学生は一人でグライダーを飛ばす免許を持っていた。

 大野町によると、滑空場は広さ九万四千平方メートル。機体はウインチから北側約数百メートルの草むらに突っ込み、揖斐署員が関係者から事故当時の状況などを聞いていた。

 現場の東側約五十メートルの畑では数人が作業。町内の男性(72)は「墜落した際に『ガガン』という大きな音で驚いた。上で飛ばれるだけでも嫌なのに、畑に墜落しないで本当に良かった」と話した。

引用終わり


この女子学生の目的は何なのでしょう。
パイロットになる為?
本当に迷惑な話です。

人の上に落ちる事もあり得るのですから。
家に落ちても畑に落ちても、大変な迷惑でしょう。
この様な物は誰が片付けるのでしょう。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |