プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

音の事を書き続けていると、音が変化しています。
起きるまではラジオを聞いています。
そのラジオの音に重ねてバイクの走行音!やピーポー!

朝食、座って食べ始め、私の位置が動かなくなるとバイク!
飲み物を飲む前に数m動いて止まります。
次に飲む前に、また数m動いて位置替え!

このバイクはこれで終わりです。
入ってきた音も無く、この後動く音もありません。
以後は音だけの走行音を多用しています。

パンを冷凍保存する為に小分けにしました。
切り終わると バイクの走行音! 大! (南側で)
冷凍庫に入れる所を狙います。

夕食を食べていると威嚇する様な バイクの走行音!
雨戸を閉める前に バイクの走行音! 大! 立て続け!
目立つ音はこの位で、以前と比べるととても少ないです。

今日もパントモバイクは分かるようには走りませんでした。
パソコンを始めると、近くで音だけの バイク走行音! 大!
夜になると、お手洗いの出入りにも バイクの走行音!


昨夜はブログを終ってから紙ごみを出しに行きました。
23時半過ぎ、階段を下りる前から狂った様に ウ~!
ウ~が鳴り響く中、ゴミ出しをして来ました。

雨は止んでいましたが、路面は濡れていました。
足を狙っているというよりも頭を狙っていたようです。
前回よりも歩き辛さを感じましたが無事に戻りました。

動画を見始めると妨害!
途切れ途切れにされました。
1時過ぎに布団に入りました。

起こされてラジオをつけると3時過ぎでした。
昭和40年代、女性歌手のヒット曲の特集でした。
石丸幹二の深夜便の歌、天気予報、4時の時報で起きました。

6時47分  歯を磨き終わり、洗面所に入る前に グ~ッ飛行機音 大! 早い時間から使い始めました。
12時49分 食事を終ると眠らされていました。 起こされて歯を磨きに下りようとすると急にヘリ音! 私の家の上だけ、大音量のヘリ音で、飛び去って行く音はありません。
この他にも、目立つ上空の音が数回ありました。

11時58分 洗い物が終わると ピーポー!
いつものタイミングで、いつも通りピーポーピーポー!
暖房を止めるとピーポーを鳴らしていたのが分かります。

何時頃だったか、襖がカタカタと10秒位揺れていました。
音は聞こえませんが、大きな車が動く振動が伝わっています。
私の部屋へ向けて何らかの加害波を送っている様です。

今日は午後に長い時間眠らされてしまいました。
夜は大体2時間位の睡眠なので簡単に眠らされてしまうでしょう。
今日も何も出来ない一日でした。

朝、洗面所のカーテンを開けると圧迫加害、頭が動きません。
横になっていると畳に電流が流れている様に痺れて来ます。
眠らされると脱力感が酷く、立つ事も大変になります。



今日のニュース CNN.co.jp より引用

「生きた化石」、珍しいサメが捕まる ポルトガル
2017.11.14 Tue posted at 12:24 JST

ラブカ
珍しいサメの一種「ラブカ」の姿

(CNN) ポルトガルの沿岸部でこのほど、「生きた化石」ともいわれる珍しいサメの一種「ラブカ」が捕獲された。地元メディアが伝えた。

ラブカの祖先は8000万年前にさかのぼる。研究者によれば、ラブカの見た目は、ティラノサウルスなどが生息していた白亜紀のころと同じだという。

300本を超える歯をもつラブカは、イカや魚、他のサメなどを捕食する。

引用終わり


深海鮫ですが、日本では駿河湾、相模湾などで浅海に上がってくるそうです。
凄い歯!
人間の手が届かない所に居れば、絶滅するのを遅らせる事が出来るようです。



ワクチンの話です。
動画は英語ですが日本の医師も登場しています。


ブログ WONDERFUL WORLD より転載
http://wonderful-ww.jugem.jp/

いけにえの娘たち3 HPV訴訟の今

「いけにえの娘たち」…HPVワクチン被害の新しいビデオ (09/21)、 いけにえの娘たち2 HPVワクチン-秘密のアジュバント (10/11) に続く、HPVを扱ったイギリスのビデオの第3部Sacrificial Virgins: Part III - A penny for your pain三部が発表されていました。今回は、ワクチンメーカーや政府を訴えた家族や、支援者らの姿を追っています。



転載終わり


動画の縮小が出来ません。
是非、元記事を御覧下さい。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |