プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

加害が酷い!

引っ越して直ぐは、私の生活時間も、物を置く場所、私が居る場所も定まらないので、ハイテクは、それ程酷い加害ではありませんでした。

心臓を狙う(ドキンと心臓の筋肉が動きます)、マイクロ波を照射され暑くなる、眩暈のようにクラ~ッとする、揺れも、それ程酷くはありませんでした。

ヘリ、飛行機、「ウ~」「ピーポー」も、毎日という事もありませんでした。

ローテクは、一戸建て以上に酷くやられました。

私が、殆んど外へ出ないので、近隣、小学校、前の道をダンプ、パイクでゴーゴー、クラクション、キィ~キィ~と急ブレーキの音で騒音加害と、低周波の加害を夜中も休み無くやっている感じでした。

私の居場所、生活時間、何時頃に何をするか等が決まって来ると、それに合わせて段々と加害が酷くなって来ました。
これは、ある程度は想定内でした。

やはり、ヘリとか飛行機、ウ~ウ~、ピーポーが多くなると、加害が酷くなって来た様に思います。

これに輪を掛けて酷くしているのは、何故だか分かりませんが、被害者の多くの方の被害が酷くなっているのと同じ理由なのでしょうか。
皆さん、大変な被害の中で生活しています。

先日も睡眠妨害で一睡も出来ませんでした。
誤嚥という記事を書くと、飲んだ途端に気管に入ってしまい、一瞬、息も出来ませんでした。

身体攻撃は書ききれないほどに細かく、頭のてっぺんから、足の先に至るまで、ピンポイントで狙われたり、広範囲を痺れるように狙われたりしています。

出掛けた時は、人が正面から当たって来ました。
その日帰ると、いつもの様に防御をしても頭全体が痛く、良い空気を吸って帰ったのに、何にもなりませんでした。

翌日は、布団に入ると大きな揺れで、被害初期に感じた、ハイテクではなく、階下で何か機械を付けてユサユサと揺らしている様な感じがありました。

昨日は、布団に入ると、口から心臓が飛び出すのではないかと思う様な不整脈の加害でした。

音は不気味に静かで、1時前には眠ったと思いますが、4時過ぎに起こされ、6時頃に起きようと思っていたら眠らされた様で、起きた時は7時でした。

なるべく早く起きたいのですが、冬は日の出が遅いので、明るくなるのを待って6時前頃には起きたいと思っています。

起きる時間も、私のその日の行動に合わせ、出掛ける時には遅く起こし、加害者の都合によっては一睡もさせないという犯罪です。

日中の身体攻撃も酷く、電磁波に包まれ、体が帯電して、乾電池になったように感じ、クラクラとしています。
食事も、飲み込むのが大変で、今日は歯で舌を切りました。
これも、度々やられる加害です。

殺す事を目的としているのだから、何でも出来るのでしょうが、どこまでエスカレートするのでしょう。


今日のニュース 東京新聞より抜粋

入所者転落の老人ホーム系列 都内施設の事故 6割が未報告

2015年11月13日 夕刊

 入所者三人が転落死した川崎市の有料老人ホームと同じ系列の東京都内の四十施設で、容体急変による救急搬送や虐待などの事故が二〇一〇年以降の五年間に七百十四件あったことが、都の調査で分かった。介護保険法に基づく区市町村への報告義務に対し、少なくとも六割の四百三十九件が未報告だったという。

 都は十三日、事故の再発防止策や事故報告などに不備があるとして、系列施設を運営する「積和サポートシステム」(中央区)に対し、同法に基づく業務改善勧告を出した。

 川崎市の施設での転落死事故を受け、同社や親会社「メッセージ」(岡山市)が都に提出した資料を基に調べた。二〇一〇年一月~今年八月にあった事故は多い順に、徘徊(はいかい)二百八十二件▽骨折・打撲・ねんざなど百六十五件▽容体急変による救急搬送八十九件▽異物の誤飲など七十七件-など計七百十四件。

 入所者が六十一人死亡していたことも判明。都は指針で、死亡など重大事故を都に報告するよう求めているが、死亡者数のうち四十一人は報告されていなかった。

 積和サポートシステムの岩本隆博社長は、都庁で改善勧告書を受け取り「一連の事故で迷惑をかけ心からおわび申し上げる。勧告を真摯(しんし)に受け止め、できるだけ早く変えようとする姿が入居者に伝えられるよう取り組みたい」と説明。事故が未報告だったことに関しては、「隠したということではなく、本社の関与が少なく報告のプロセス管理が甘かった」と報道陣に釈明した。

抜粋終わり


テクノロジー犯罪、嫌がらせ犯罪の被害者が、この様な施設に入居すると、どの様な事になると思われますか?
この犯罪を御存知ない方、無関心な方に是非知って頂きたい、関心を持って頂きたいと思います。

これは、被害者だけの問題ではありません。
誰でも、何時でも、被害者になる可能性がある犯罪です。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |