プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

だいぶ前から、全身の皮膚のピリピリとした痛みが続いています。
何かが触ると余計に痛みます。
水などが当たっても余計に痛みます。

これは筋肉を操作される事が頻繁になってから始まりました。
筋肉は脳から脊髄を通して送られる信号で動くそうです。
その信号は皮膚の表面で検出できるそうです。

この痛みは加害者が加害波を照射し、皮膚からその信号を盗っているのではないでしょうか。
病院へ行くと膠原病という原因不明の病名が付けられるでしょう。
膠原病は作られた病気だと思っています。

食事時に初めはお箸を使って食べています。
暫くすると飛行機等の目立つ音がして、右手が動かなくなって来ます。
これを何回も繰り返すうちに、首も手も動かなくなります。

下記は筋肉と皮膚の関係が分かると良いと思いコピーしました。
元も大変難しいので、興味のある方は皮膚電気活動で検索して下さい。
なぜ急に皮膚がピリピリして来たのか、謎が解けた様な気がします。


皮膚電気活動  より抜粋
推奨図書
Biofeedback Tutor CD  Core: History  Anatomy: Electrodermal  Hardware: Electrodermal  Clinical: Autonomic

汗腺活動に対応する皮膚表面の電気伝導性および抵抗率の 変化を 皮膚電気活動 (EDA).といいます。EDA センサーは、発汗に対応する皮膚の電 気的変化を測定します。EDAの方が一般的な用語ですが、皮膚電気活動に類似する 用語も多く使用されています。従来は、皮膚の抵抗率の測定は Luigi Galvani 博士 (イタリア人物理学者、 筋肉と神経細胞の電気的信号の発生を発見) の名をとって 皮膚電気反応(Galvanic Skin Response :GSR) と呼ばれていました。

抜粋終わり



今日も0時過ぎに布団に入りました。
起こされてラジオをつけると2時過ぎ、ロマンティックコンサートをやっていました。
外ではゴーゴー!ブーン!キーン!凄い音がしていました。

3時の時報。
近くからバイクが動き、すぐに止まりました。
テレサテンの特集を聞いていると、ラジオの音を操作されました。

大きな音にしている時にはバイクが暴走風に音立てをしていました。
左右の腕の付け根から肘の辺りまで、殺人波の痛さでした。
4時の時報、起きる時間になると外の騒々しさはピタリと止めます。

6時11分  髪を梳かし頭の防御、首の後ろに手が行くと ピーポー!
この後も何かといえばピーポーピーポー!
階下へ降りる度にピーポーを鳴らしているという感じでした。

9時25分  洗い物を始めると グ~ッ 押し付ける様な飛行機音 大!
日曜日は基本的に上空の大きな音は少ないので、今日も同じでした。
深夜が一番騒々しい、異常な所です。

今日も朝から多数の車がうろついています。
食事の支度を始めると車が動く、お手洗いに入るとまた動くという感じです。
ドアの音も無く、急にググググと変な音を出して動きます。

今日も朝から圧迫波、殺人派が酷くアチコチ痛みます。
痰が絡んで呼吸妨害、飲み込み妨害も一日中、今も咳が出ます。
手足の痺れも酷く、自分のものではない様な感じです。  



今日のニュース TーSITE より引用

「目が、目がぁ~! 」目を追尾してレーザーを照射する装置
2017年5月7日 (日) 12:10 配信 ギズモード・ジャパン

目
ギズモード・ジャパン

うぉ、まぶし!

世の中には、その存在意義を疑ってしまうような発明がありますな。トランプ米大統領のツイートをわざわざ印刷して燃やすロボットとか、M&M'sを色ごとに分けるマシーンとかね。そして、このたびMichael Reevesより、YouTubeに「目を追尾してレーザーを浴びせかけてくる装置」の動画が投稿されました。

DIY感がビンビンに伝わってくるダンボール製の筐体には、どこかで見たことのあるWebカメラとレーザーの照射装置、それに制御用のサーボを搭載。そしてこのマシーンはPCに接続されています。

PCでプログラムを動作させると…「Oh, Shit!」、早速レーザーが発明者の目を直撃です。顔認識ソフトウェアによって動作するこの装置の精度はそれほど高くありませんが、きちんと目を追尾できていることがわかります。

まぁ、それだけなんですけどね…でも無意味なものの中からこそ、有意義なものが生まれると思うのです。ええ。

・自分だけのミニスーファミを作る方法・届いたその日の夕方には完成できるDIYミニシンセキット「Macchiato」

image: Michael Reeves / YouTubesource: Michael Reeves / YouTube

(塚本直樹)

引用終わり


執拗に目を狙われる事があります。
瞼や周辺が痙攣することも度々です。
追尾して来るのでは、逃れようがありませんね。


お知らせが遅くなりました。
ACPさん主催のデモは中止になりました。
詳しくはACPのブログを御覧下さい。
http://acpnihon.blog.fc2.com/


昨夜はパソコンをつけるとネット妨害【このページは表示できません】と1時間ほど妨害されました。
ブログを書き始めると眠らされ、ここで更に遅くなりました。
それから通販サイトに接続したので、切ったのが0時を過ぎていました。

片付けて1時近くに布団に入りました。
起こされてラジオをつけると1時過ぎ、すぐに起こされていました。
路線の旅の様な電車の音が流れていました。

2時の時報、知らない歌でウトウトとしたようです。
3時の時報、ラジオが聞こえなくなったので音量を上げようと思い、間違えてダイヤルを回してしまったようです。
雑音が入って合わせられず、一度切りました。

暫くしてONにすると深夜便の歌、天気予報、4時の時報がはっきりと入りました。
眠れないので起きて頭の防御をしていると急な尿意!
雨戸を開けずに先に階下へ下りました。

5時29分  洗濯、食事をして二階に上がり雨戸を開け始めると ピーポー!
今日もここから、私のやる事が分るとウ~ピーポーを立て続けていました。
ここのところ睡眠妨害も大変酷くなっています。

9時31分  夕飯のおかず作り、テーブルで材料を切り始めると 飛行機音 大!
以後も飛行機音、ヘリ音を大きな音で立て続けていました。
ゴールデンウィークも関係無し、大音量で不自然な音!

連休でゲスト加害者が多いらしく、聞いた事の無い声立て! 空クシャミ!
犬の吠え立ても多用していました。
車、バイクがウロツキ、ピーピー車も朝からウロツキ回っています。

朝から排泄操作、飲み込み妨害、呼吸妨害!
圧迫波、殺人波も酷く首、肩胛骨が痛く、横になると下方向からも殺人波が来ます。
飛行機音がする度に右手の痺れが酷くなり、動かなくなります。

巷がイベントの時、集団ストーカーは更に酷くなります。
昨夜も22時過ぎにプラスチックゴミを出しに出ると付き纏いが出て来ました。
休日は人員豊富で更に酷い加害になります。



「南京だより」 より抜粋
http://mirushakai.jugem.jp/

元イルミナティ銀行家の告白
下は、4月末に公開された元銀行家、ロベルト・バーナードのインタビューです。彼は「イルミナティ」システムで特別に育成された金融のプロ。この40分ほどの動画は、今の金融システムが、血と恐怖で統制されたごく少数者の手に握られ、操作されていることを教えてくれます。数ある「告白もの」動画で、ベストと言っていいと思う。とりあえず最初の部分だけ「概訳」をつけました

Ex-Illuminati Banker Exposes The Elite - In English Audio - Ronald Bernard


(のロナルド・バーナードのインタビューから)
 私は、なるべく早く大金を稼ぎ、さっさと退職して優雅な生活をしたいと考えていた。それで、あるブローカーに言われるまま、会社勤めを止め、為替取引と資産管理(アセットマネージメント)の世界に入った。彼は私に、「君は大金を稼ぐ代わりに、とても冷酷な世界に入ることになるのを覚悟しておかなければならない」と言ったが、若かった私はそれを笑い飛ばした。私にとって、感情を封印することは不可能ではなかった。
 金融の世界に少しずつ慣れて行くにつれ、私はそこが非常に狭い世界であることに気づいた。穀物取引の世界で働いていた時さえ、そこは小さな世界だった。当時働いていたオランダは、この話の中でとても重要だが、世界がその周りを回っているわけではなく、オランダも巨大なグローバル・ファイナンス・システムの一部に過ぎないのだ。
 政府が公的な資金取引をしようとすると、為替取引をやっている多くの銀行に注文を出す。しかし、銀行にとって、顧客の要求に応えるのは容易なことではないため、私のように大量の金を動かすことができる人間が必要とされるのだ。私たちは、特定の金融組織や国際的規制を使って、誰もがOKという形で金を動かすので、規制当局も監督者も、本当はいったい何が起きているのか誰も気づかないのだ。ちょうど1,2年前のパナマのスキャンダルように。
 (Q:パナマペーパーのことですか? 脱税でしたね?)
 そうだ。あれは一般の人には大問題だったかも知れないが、私らにとっては普通の話だ。大事なことは、それを可能にするシステムがあるということだ。たとえばオランダでは、地位ある人間がパナマに銀行口座を持っている場合、オランダ本国では税金支払いを免除するという法令がある。だから、これは(脱税ではなく)完全に合法的なのだ。…
 
 近現代史は、「国境を越える権力」が世界各国の支配構造を固める過程、というのが私の認識です。従って、マルクスの「労働者(プロレタリアート)よ団結せよ」という呼びかけは、人脈と支配圏を広げる「権力者の団結」に対するものだったはずですが、グローバリストはたちまち巧妙な手口で市民を分断し、連帯感を失わせてしまったのですね。私は現在は、マルクスが言う「帝国主義の最後の段階」にあたると考えていますが、そういう分析ができる人々がどれくらいいるのか考えると、やはりまちかまえているのはNWOかもしれません。2017.5.4

抜粋終わり


既に陰謀論でも無いのでは?…。



今日のニュース 西日本新聞 より引用

専門委座長に九電が研究費 2億円、鹿児島県川内原発
2017年05月03日 19時22分

九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の安全性などを検証する鹿児島県の専門家委員会で座長を務める宮町宏樹鹿児島大大学院教授(地震学、火山物理学)に対し、九電が地下構造の研究を委託し2017年度から3年間で約2億円を負担する見込みであることが3日分かった。九電や宮町氏が明らかにした。

 宮町氏は3日記者会見し、九電には研究成果に注文を付けないよう念押ししたとして「委員会の判断に影響することはない」と強調。県からは、電力会社からの研究費や寄付についての申告を求められていないという。
 
委員会設置は三反園訓知事の公約だった。

引用終わり


どうせどこもこんな事!
諦めてしまうのが日本人の特徴でしょうか。
もっと怒らなければいけないようです。
怒ろう!


圧迫波

私が圧迫波と書いているのは何を照射されているのか分からないからです。
始めに認識したのは稲城市の借家の時でした。
頭を上からグ~ッと、手で押している様な圧迫を感じました。

同時に痺れも感じたので頭を守らなければと防御をはじめました。
この時は防御をした事で止めたのか、押されても分からなくなったのか分かりません。
圧迫感が無くなったので押されていた事も気にならなくなりました。

アパートでは真上から押す事は出来ないので横から押していた様です。
肩胛骨の痺れで始まったので、押されていると認識出来ませんでした。
この時に気付いていれば良かったと思います。

今の借家へ越した時には首を曲げられて奇形にされていました。
ここの被害は酷いので、頭を押すと大変よく分かります。
首を動かそうとしても自分の力では全く動かない様に押しています。

ここへ越した時に洗濯カゴを持って二階に上がる時にカゴの重さを感じました。
掃除機も重たくて動かない時があります。
圧迫波を照射しているのは私だけに当てているのではありません。

被害に気付かされる前は、ショルダーバッグの重さを感じていました。
肩に痣が残るほど重かった事もあります。
長い時間肩に掛けていたからかなぁ等と納得していました。

被害者さんで【重い圧】とかかれている方がいらっしゃいました。
この方の言っている事と私の圧迫波は同じではないかと思います。
脱力感や倦怠感に感じるのも圧迫波ではないかと思っているのですが…。


今日も0時過ぎに布団に入りました。
防御が終わると下から蹴飛ばす様な衝撃波!
2時15分過ぎ、トイレ誘導で起こされました。

以後眠れず、3時の時報、昭和47年の歌特集、胃を中心に殺人波の照射が始まりました。
4時の時報で起きました。
今日も早朝から圧迫波!

8時14分  食事の片付け 洗い物をする前に ピーポー!
12時31分 お手洗いに入ると とても変な 不自然飛行機音!
今日もポイントだけ、目立たせたい所だけ大音量で使っています。

頭を押され、顎が胸を押して息も苦しくなっています。
体の表面のピリピリとした痛みは、電磁波による火傷でしょうか。
足にピンポイントで加害、痺れと痛みで歩き辛くなっています。

先週、紙ゴミを出そうと準備をしていたら雨と強風でした。
先程、20時過ぎにゴミ出しに行くと付き纏い!
玄関を出る前にピーポーを鳴らしていました。

早い時間に出たのは町内会費を行き止まりの家に持って行く為です。
引っ越しの挨拶に行った時は2回とも出て来ませんでしたが、今日は若い男が出て来ました。
大変良い人という感じですが、いつもの子供の声も聞こえず、料理の匂いもしませんでした。

玄関を出る前に ピーポー!
ゴミを出し、行き止まりの家へ向かうと また ピーポー!
男が領収書を書いていると ジェット機音!



今日のニュース TBS NEWS より抜粋

北朝鮮工作員の極秘潜入作戦「日本は簡単だ」
24日 11時02分

●深夜に番号読み上げ。乱数放送で工作員に極秘指令か?
●「新潟に煙草を買いに来た」工作員にとって日本は「天国」だった。
●暗殺、爆破。特殊訓練を受けた工作員のテロに備えるべき

 故金日成主席の105回目の生誕記念日(太陽節)の前日にあたる14日午前1時15分、北朝鮮の国外向けラジオ、平壌放送が奇妙な放送を行った。

 「今から27号探査隊員のための遠隔教育大学情報技術基礎復習課題をお伝えします」

 「823ページ69番、467ページ92番、957ページ100番・・・」

 女性アナウンサーが10分間にわたって数字を読み上げるだけ。これは海外の潜入工作員に向けて指令を出す乱数放送だ。この乱数放送は2000年から休止されていたが、去年6月に16年ぶりに再開されていた。米国との対立が緊張状態にあるだけに、今回の放送は、日本や韓国に潜入している工作員に破壊工作を指示するものではないかとの観測が一部で出た。

<日本は工作員天国>

 「日本に北朝鮮工作員はいるのか?」とよく質問を受ける。私が取材した限り、日本にはたくさんの北朝鮮工作員がいて、しかも彼らにとって天国のような国なのだそうだ。北朝鮮の工作員たちはどうやって潜入、脱出するのだろう。彼らは日本海沿岸部や九州南部沿岸に接近、沖合で陸上の補助工作員と連絡を取り合い、半潜水艇、水中スクーター、ゴムボートなどで上陸する。脱出するときはこの逆の手順だ。元工作員によると、潜入、脱出は太陰暦の月末と月初め、つまり新月の夜に暗闇にまぎれて行なわれるという。

 私は複数の元北朝鮮工作員を直接取材したことがある。ある戦闘工作員は脱出の手順についてこう明かした。

 「脱出の丁度一か月前の新月の夜、現場を下見して場所を決め、脱出する仲間と集まってリハーサルをします。現地の警戒態勢、目印、軍事施設の動向を確認して報告すると、本国は詳細な接線(合流)の場所・時間を指示してくるのです」

 こうした作戦の連絡には、前述の暗号放送が使われたという。

 「本国からの指令はラジオ電波で暗号が飛んできました。読み上げられた5ケタの数字はメモすることを禁じられ、頭の中に叩き込んで、乱数表で言葉に変換し、解読したのです」

 日本への潜入、脱出は簡単であることは、工作機関の中でも知られていたと、この元工作員は話す。

 「韓国への潜入は警戒が厳しく、命がけでした。私は発見されて銃撃戦になり、拘束されました。ほかの仲間は全員射殺です。日本は在日朝鮮人の手助けもあるし、警戒も甘いから簡単です。撃たれることはありませんしね」

 ある在日朝鮮人も日本の無警戒ぶりを指摘する。

 「本国の工作員たちは『新潟に煙草を買いに来た』と言って気楽に出入りしていました。まるで旅行気分です。捕まっても密入国で国外追放されるだけ。日本は工作員にとって天国ですよ」

<日本警察の対策は?>

 日本の警察は北朝鮮工作員の上陸にどう対応しているのか。重要なのは「ナミ」と呼ばれる工作機関の暗号通信である。電波には3つある。「A1」はモールス信号、「A2」が中波のラジオで傍受するモールス信号、「A3」が先に述べた乱数放送だ。

 警察庁警備局外事課にある「八係」という秘密組織が二十四時間体制で暗号通信を傍受している。東京日野市、北海道北広島、宮城県仙台市、千葉県館山市、愛知県小牧市など日本列島の10か所以上に電波傍受のための警察の通信所が存在する。ここで工作母船と工作員の交信をキャッチし、電波の強さや方角から、工作母船の位置を特定するのだ。

 1999年に大阪府和泉市の信太山の通信所が、能登半島沖の北朝鮮工作船の位置を特定し、海上自衛隊に海上警備行動が発令されたが、結局は取り逃してしまった。ましてや上陸する工作員を捕まえることが出来たのは、僅かな例しかない。

 元工作員は語る。「最近、工作機関は、ウェブサイトにテキストや音声を隠すステガノグラフィーで指令を出すようになっている。工作員もネットを使う時代です。乱数放送をいくらキャッチしても工作員の動向はつかめませんよ。」

 日本警察のある公安捜査員も、国内での北朝鮮工作員の活動状況は分かっていないと、実態把握の困難さを明かす。

 「日本海沿岸部で怪しい電波が捕捉されても、警察官の人数が少なくて対応できていない。いったん日本に潜入されてしまうと、彼らは日本人の身分に背乗りしてしまう。発見するのは事実上不可能です」

<工作員のテロに備えよ>

 北朝鮮最強の工作機関は「朝鮮人民軍偵察総局」だ。偵察総局の工作員は、高級中学を卒業した17歳以上の中から、毎年500人選抜される。彼らは徹底した忠誠教育を受けたあと、金日成政治軍事大学に入り、スパイ活動や格闘技、爆弾製造、要人襲撃、爆破、無線などの訓練を受ける。重装備で山中を40キロも駆け抜けたり、交替で60キロ泳いだりする訓練もあり、訓練中に命を落とす訓練生も多いのだという。

 この教育課程の中には日本人化教育もあって、訓練生は日本人になりすますために語学や生活習慣、文化などを学ぶ。講師は日本から拉致された人物や在日朝鮮人の帰国事業で渡っていった日本人妻だ。地下の訓練場には日本の街を模した日本村もあり、訓練生はここでロールプレイングを繰り返す。こうした訓練を受けたうえで、日本人の身分を与えられて送り込まれるから、工作員は日本社会に完全に浸透している。そして電波やインターネットを使った暗号で、本国からの指示を受けて活動するのである。

抜粋終わり 下線は私


日本はスパイ天国と昔から言われています。
海外の工作員を捕まえるのではなく、共謀罪などで日本人を捕まえたいようです。
工作員を探すのは困難だから…。


テクノロジー犯罪には電磁波が使われているという事は以前から言われています。
引っ越す度に家の近くの電線工事を度々やられます。
現在は、私自身が充電式の乾電池にされた様に常時感電していると思われます。

家電製品は加害者の命令通りに私のタイミングに合わせて動きます。
良く分かるのは洗濯機。
食事に何を食べても、洗濯物の量が増えても減っても食事が終わる頃に洗濯機の終了音がピーピーと鳴ります。

冷蔵庫でも、大変な被害を被っています。
タイミングに合わせてサーモスタットを入れたり切ったり頻繁にしています。
被害に気付かされてから3台目ですが、普通に動いているのは始めの内だけです。

冷蔵庫の中の物まで凍ってしまいます。
野菜が凍った後に解凍され、融けてしまった事もあります。
電気代が高くなった原因の一つと思われます。

水量の事を記事にしましたが、水関係も変だと思ったのも稲城市の借家からです。
この借家ではシンクの水道の水量が変化しましたが、そこだけでした。
被害報告集にも書きましたが、家の角の土の中から水道管が出て来ました。

家の近くに大きな石や新しい釘が埋められるので、毎日掘っていた頃です。
大家が草取りをした後に縁の下が変だと感じました。
掘ると太い物と細い物の水道管が縁の下に入る所で切って埋まっていました。

写真を撮って市役所へ行くと、配管の地図にこの配管は載っていませんでした。
役所の人も「これは新しいねぇ」と言いました。
大家は何十年も前だと言いましたが、管の中に土も入っていないのが新しい証拠でしょう。

結局、水道屋さんに道の所で切って貰い蓋をして貰いました。
管は一般に使われている物ではなく、蓋は取り寄せなければなりませんでした。
この配管は、何の目的で埋められたのでしょうか?

今の借家は、シンクもお風呂も水量が勝手に替えられてしまいます。
水をある程度以上に出すとゴ~ッという大きな音がします。
ここは裏の家で行き止まりの為でしょうか?

洗い物をしたりお風呂に入る等、水に触ると触った所がビリビリと痺れます。
水道管や水に電気を帯びさせるなどと言う事が出来るのでしょうか?
全身の皮膚がピリピリと痛いのも、この為ではないかと思います。

古い家なのでアースも少なく、アースを繋ぐことも出来ません。
アースを外に出せば加害者に抜かれてしまうでしょう。
畳の下も工作してあるようで、酷い時には全身がビリビリと痺れます。


今日も0時過ぎに布団に入りました。
起こされてラジオをつけると天気予報、すぐに4時の時報で起きました。
雨戸を開けると隣家の台所には電気が点き、中が見える様になっています。

すぐに殺人波、圧迫波の照射が始まりました。
6時05分  髪を梳かし、頭の防御をする前に ピーポー!
今日もピーポーピーポー! カラス! ウグイスの不自然な騒音でした。

日曜日で飛行機音は小さ目でした。
車、バイク、ピーピー車はいつも通りにウロツイています。
カンカンコンコン工事様の音もしています。

圧迫波が酷く、顎で胸を押し続けています。
殺人波もピンポイントで照射する時と、面で広い範囲に照射する時とあります。
足に熱感を送りますが、実際はとても冷たくされています。



今日のニュース ねとらぼ より抜粋

多摩川河川敷を通った人にやけどの症状 国土交通省がけがの発生原因を発表
4月20日から対策工事を実施しています。
[宮原れい,ねとらぼ]

神奈川県川崎市中原区の多摩川河川敷において、通行人の足にやけどの症状と思われるけがが発生した件について、国土交通省が発生原因を発表しました。

丸子橋
事件が発生したのは丸子橋上流500メートル付近(立入禁止区間)

けがは丸子橋上流500メートル付近で発生したことから、4月5日には緊急河川敷道路(川崎市マラソンコース)に立入禁止区間を設置していました。けがの発生原因は、その舗装に含まれる石灰の量が過大となっていたことで降雨時に石灰が溶け出してできた「強アルカリ性の水溜まり」。それが靴から浸みこんで「化学やけど」を発症したとされます。

※「化学やけど」……酸やアルカリといった刺激が強い化学物質が皮膚に接触することで起こる障害

 石灰の量が過大となっていたことについては、「舗装工事で使用する材料を取り違えたため」だと説明しています。

京浜河川事務所は、4月20日から緊急河川敷道路の対策工事を実施。約250メートルに渡る立入禁止区間の舗装を撤去し、作業終了後に一定期間養生(ようじょう)を実施した後は直ちに一般開放を行う予定です。

 また今回の道路舗装が原因でけがをした人に対しては、同事務所が相談窓口として対応していくとしています。

(宮原れい)

抜粋終わり


ウィキペディア より抜粋

石灰(せっかい)とは、生石灰(酸化カルシウム、CaO)または消石灰(水酸化カルシウム、Ca(OH)2)のこと。炭酸カルシウム(CaCO3)やカルシウム(Ca)を指すこともある。

用途 無害ということで、運動場や野球場などで白線を引くためのライン引きに使われてきたが、アルカリ性を持つために触ると皮膚がかぶれてしまう危険性があることに加え、目に入ると視力の低下を引き起こすなどの問題が指摘され、より安全性の高い炭酸カルシウムが使われはじめてはいるが、まだまだ消石灰のものも使用されている。

抜粋終わり 下線は私


火傷の様になるそうですが、知りませんでした。
皆様、気を付けて下さい。


昨日は被害者さんと会って、おしゃべりをして来ました。
待ち合わせ場所まで行けるのかという不安もあり、早く出ました。
なかなか外出が出来ないので、家賃の振り込みなどの用事も済ませたいと思いました。

いつもの様に1時近くに布団に入りましたが、酷い睡眠妨害で殆んど眠れませんでした。
いつもの様に4時に起き、休みながら支度をしました。
侵入防御も重要な所だけしか出来なくなりました。

家を出て外階段を下りた時はフラフラとして、行けないかも知れないと思いました。
歩き始めると、すぐに付き纏いが出て来ました。
ぶつかられるので携帯で写していましたが、腕を組んだ若い女が私に向く様に擦れ違うと携帯を切られました。

いつもと同じ様に道を間違えると、そこには待ち伏せが居ます。
そこで間違えた事に気付くのですが、これも操作でしょうか。
なだらかな階段も手摺に摑まりながらゆっくりと下りました。

工事の音を立てていた新築の家は出来上がっていて、もう住んでいる様でした。
それでもアチコチでコンコン、カンカン、ドリルの様な音もずっとしていました。
変電所の横の道辺りまでは足がもつれ、転ばない様にするのがやっとでした。

最寄りの駅まで行くと少しはマシになりました。
最後に転倒させられた時の打撲の後遺症が出ている様です。
電車に乗り、加害者に囲まれると降りた時には歩き辛くなっています。

自宅の加害が一番酷く、離れれば離れる程マシになります。
外では全く無くなる被害もあります。
自宅の周辺には様々な加害機が配置してあるのでしょう。

帰りは「花金」設定で?お店のレジから階段に20人位の大量動員の待ち伏せでした。
電車にもワラワラと加害者が湧いていました。
最寄り駅を下りるとクラクション、犬吠え!遅い時間でも関係ありません。

付き纏いも多く、なだらかな階段の上まで付いて来ました。
自宅へ近付けば近付くほど酷い加害になります。
自分の家で安心している事が出来ない、そんな酷い犯罪です。


昨夜は遅かったのでメールのチェックだけしてパソコンを切りました。
0時半過ぎには布団に入ったと思います。
理由は分かりませんが、目が冴えて全く眠れません。

どうしても眠れないのでラジオをつけると1時過ぎ、新作落語をやっていました。
2時から3時の間は眠った様です。
3時過ぎ、北島三郎と都はるみの特集、身体攻撃が始まりました。

胃を中心に殺人波の照射で痛く、4時の時報で起きました。
すぐに圧迫波、横から照射されると転倒させられます。
ピンポイントの痛み攻撃も酷くやられました。

6時11分  髪を梳かす前にレコーダーを窓際に移そうとすると ピーポー!
8時10分  食事の片付け、洗い物を終ると ク~ 押し付ける様な低周波の飛行機音! 大!
今日は狂った様なピーポーも多く、ヘリ音も大音量で立て続けでした。

通販で頼んだ物がアーダコーダで時間指定を遅くされてしまいました。
14時~16時の荷物を待っていましたが来ませんでした。
16時近くからウ~! 大音量のヘリを立て続け!

仕方ないので二階に上がると16時08分、宅急便が来ました。
宅配便も早く来たり遅く来たり、二回に分けて持って来たリと様々な嫌がらせをされています。
ここへ引っ越してから、この様な被害も酷くなりました。

朝から殺人波、圧迫波、ピンポイントの攻撃も続いています。
体の表面がピリピリと痛く、電磁波の火傷でしょうか。
昼食後に横になると1時間位眠らされましたが、夜中は眠らせず昼間に眠らせて何もさせないという酷い犯罪です。



今日のニュース GIZMODO より引用

遺伝子検査会社23andMeの真の狙いはあなたの遺伝子情報
2017.04.22 17:02

自分の大切な遺伝子情報、簡単に明け渡してしまっていいんでしょうか。

私たちの遺伝情報には、悪の手にかかれば危険にさらされる、あらゆる種類の機密データが埋め込まれています。遺伝的なプライバシーが保護されていなければ、遺伝子に保存されている情報は、人を差別したり、個人にターゲットを絞った広告を送るために悪用されるおそれがあります。これらの理由から、プライバシーを尊重したければ、消費者向けのDNA検査を避けるべきだという人もいます。先週アメリカ食品医薬品局(FDA)が、DNA検査会社23andMeに消費者向け疾病リスク診断の提供を許可して以来、警告が相次いでいます。

「商品は検査キットではなく、あなた自身だ」と米国の科学雑誌Popular Scienceは警告し、そのほかのメディアも、同社の長期的な目標には広告目当てのデータ販売が含まれると推測しています。

はっきりさせておきましょう。 23andMeは間違いなく第三者企業、研究機関、非営利団体にデータを販売しています。ただしあなたに何かモノを売るために、それらの団体に遺伝子データを販売しているわけではありません。あなたが同意する場合に限って、研究を目的とする匿名化された集合体データを販売しているのです。

同社のプライバシー責任者であるKate Black氏は米Gizmodoに語っています。

当社には数多くの研究提携があり、(データの販売は)金銭的報酬をともなうものも含まれます。

この点については、同社のプライバシーポリシーにすでに明確に記載されています。 ジェネンテック社、スタンフォード大学、マイケル・J・フォックス財団を含むこれらの団体は、匿名化された遺伝情報のみを研究に使用している、とBlack氏は強調しました。たとえばジェネンテックの場合、新しい治療法を開発する目的で、同意が得られたパーキンソン病患者のデータを分析しています。

Black氏は明言します。

当社の研究に広告との接点はありません。広告のために遺伝情報も機密情報も利用していないことは明確です。

Black氏は、数千人程度の顧客に関わるような、まれな病気について研究が行なわれる場合、消費者がすでに標準的な研究に対して与えた同意に加え、追加の同意をお願いすることになる、と述べています。いかなる場合においてもデータは匿名化されるということですが、いかにしてデータが真に匿名となり得るかは議論の余地があります。Y染色体上にみられる特定の領域の「反復数」と、系譜データベースへのアクセスだけで、ある男性の姓を突き止めたケースがあるのです。

たしかに23andMeの主な収入源は消費者のデータであり、DNA検査キットではないことがわかります。 Black氏によれば、200万人以上におよぶ顧客の80%以上がデータを研究に使うことに同意しており、同社は売り物になる莫大なデータを握っていることになります。

遺伝子検査に注意する理由はたくさんあります。祖先や病気のリスクなど、知られたくない情報を漏らされるかもしれません。そういった危険性があるシチュエーションとして、生命保険会社は保険証書を与える前(加入の審査時)に遺伝子検査情報を要求することができます。そのうえ議会では今、ますます遺伝的差別を助長するような法案が可決されてしまう恐れもあります。

また23andMeは別の顧客情報を利用して、広告をターゲットに、より多くの顧客を引き付けています。とはいえ、企業が私たちに必要な薬や好みの靴を売りつけるような、オーウェル風の全体主義的な策略は立ててはいないようです。今のところは、ですが。

・トランプの情報規制と拷問発言で、ジョージ・オーウェル著の小説『1984年』がベストセラー首位独走完売。
・次の疑似科学の舞台は「遺伝子」かも

image: 23andMe
source: Popular Science, Scientific American, 23andMe 1, 2
reference: Gizmodo US 1, 2, Science, Fast Company

Kristen V. Brown - Gizmodo US[原文]
(Glycine)

引用終わり


被害者はDNAを狙われているのではないかと以前から言われています。
梅干を食べると加害者が反応して音を立てます。
種が目的の様で、種の無い物にすると反応が変わります。
これも稲城市の借家の時に気付きました。

私が出したごみにも加害者が介入している事は、被害に気付かされてすぐに分かりました。
遺伝子の情報を盗られない様にする事が出来るでしょうか…。


««前のページ  | ホーム |  前のページ»»