プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

今日も何をしても悉く遅くされています。
17時34分 隣家の工事が、近くでカンカンと立て続けに叩く大きな音で起こされました。 
18時16分 パソコンの電源を入れると、作業は18時迄の筈が 工事カンカン! ドリル音! メールが受信エラーになりました。

18時20分 再起動をすると 工事ドリル音!
18時26分 再起動をすると 目立つバイクの走行音! 工事カンカン!
18時39分 大型犬の吠え立て! グーグー車がエンジンを掛けたのでレコーダーを入れると直ぐにエンジンを切りました。 これを2回繰り返しました。

18時45分 内海聡さんのメルマガを読んでいると 変電所ガンガン! 立て続け! 工事ガン! 
18時48分 グーグー車が位置替え! 何度も悪意あるドアバンッ! 男の声立て!
隣家の人が住み始めた様で、工事に文句は言わせないという感じです。


今日の19時台

19時00分 御手洗いへ下りると、隣家の電気が点いていました。 御手洗いへ入ると裏でドタつき! 小用を途中で止められました。 戻ってメールの受信をすると ベランダから加害音! マイクロ波照射! 陰部加害も酷くなりました。
19時08分 被害者さんのブログを読み終わると またグーグー車が位置替え! 佐川急便が日時指定の出来なかった荷物を面倒臭そうに持って来ました。
いつもは眠らされている時に持って来ますが、今日はクロネコが来る時間に合わせて持って来ました。 車の音は全くありません。

19時19分 WONDERFUL WORLD http://wonderful-ww.jugem.jp/ へ行くと バイクの走行音! 「伊東市鎌田に巨大ソーラ計画」という記事でした。
19時25分 MLが表示されずに再起動をすると パソコンがシャーッ!
19時31分 ニュースを見る前に再起動をするとバイクの走行音! 周辺ではキーン!ピロピロ!という様な音がしています。

19時35分 インターホンが鳴ったのでクロネコだと思って出ると隣家の女でした。 総会の書類を持って来たと…。 いつから家に戻っていたのか、工事でお騒がせしましたの一言もありません。 日本語も変だった様な…。
19時49分 なかなか表示されないニュースを見ていると 数台で目立つバイクの走行音! キャン犬吠え!
19時57分 Twitterを見始めると 車が位置替え! ドアバンッ! 目立つバイクの走行音! 以後も多!


20時02分 19時~21時指定の荷物をクロネコヤマトが持って来ました。 クロネコが出て行くと ドアバンッ! その後に私の家の門の音がしました。 クロネコも車では来ていない様です。 頭の防御をして玄関を閉めに行くと ウ~ピーポー! マイクロ波照射!
佐川急便も隣家の女も、これに合わせて来ています。
21時14分 19時台を書き終わると 子供がキャーキャー! レコーダーを入れると止めました。


昨夜はネット妨害で動画を見始めたのが遅かったので、私のタイミングに合わせて動画を止めていました。
その後に今日持って来た佐川急便の荷物追跡サイトを見ていると更に動きが遅くなりました。
1時15分頃には布団に入りました。

防御が終わって動かなくなると鳩尾がグルグルと鳴り始めました。
暫くするとバイクの走行音! ピーポー! 咳込みました。
寝ている位置を少し動くと またピーポー! 眠ったのは相当後です。

起こされてラジオをつけると鹿児島の深夜便の集いをやっていました。
ベランダと北側の壁から加害音! パントモ様のバイクが走りました。
ウトウトするとミッツマングローブの深夜便の歌。

天気予報、4時の時報で起きました。
4時48分  パンを食べ終わると、コーヒーを飲む前に ピーポー!
5時01分  雨戸を開ける直前に 近くからバイクが位置替え!

5時44分  お米を研ぎ始めると 近くからバイクが位置替え!
この後はカラスと鳩鳴き、バイクの走行音を多用していました。
8時14分  横になって防御が終わると 近くで工事カンカン!大! 数回で止めます。

9時09分  急に大きな音で 飛行機音!
9時11分  ヘリの様なドリルの大音量を、近くで数分間立て続け! ここまで工事の音はほとんどしていません。
11時06分 食事の支度、テーブルの前に座ると 工事カンカン!ドリル音!飛行機音!

11時36分 林檎を食べ終わると ピーポー!
13時24分 食後に眠らされると、起きる迄ヘリ音の立て続け! 洗い物を始めると工事が音立てを始めました。
15時26分 食事の支度に下りる前に ピーポー!

21時を過ぎてからも車の位置替え! ヒュルヒュル飛行機音!
日曜日に工事が出来なくなると、隣家の住民が戻った設定にしました。
今日もバイク、車、ピッピッ車がうろつき回っていました。

頭の圧迫が酷く、息苦しさも更に酷く、喉を絞められています。
電磁波加害が酷く、頭のてっぺんから足の先までビリビリ、頭がクラクラとしています。
脱力感も早い時間からの加害で、動くのが大変です。



今日のニュース Rakuten Infoseek News より抜粋

今、日本が危ない。知らぬ間に中国人に乗っ取られる「人気観光地」
まぐまぐニュース! / 2018年3月31日 17時46分
https://news.infoseek.co.jp/article/mag2news_355162/

かねてからヤミ民泊を問題視してきた無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』の著者でマンション管理士の廣田信子さん。昨年末、政府はヤミ民泊敵発に本腰を入れることを「通知」というかたちで表明しましたが、多くの専門家は「海外の事業の取り締まりは困難」と見ているようです。この現状に廣田さんは、「すでに観光地では中国式白タクや中国人経営の土産店が増え、中国に利益を提供する場所と化し、治安も悪化する」とした上で、政府のシェアリングビジネスに対する考え方や取り締まり法に疑問を呈しています。

これってシェアリングビジネスなの?
こんにちは! 廣田信子です。

昨年、暮れも押し迫った12月26日に、民泊仲介業者に対して、ヤミ民泊をサイトからなくすようにという趣旨の通知が政府から届いたとニュースになりました。具体的には、仲介サイトに掲載している物件について旅館業の許可番号を調べて適法かどうかを確認し、許可を得ていないヤミ物件ならば、6月15日の住宅宿泊事業法の施行日前にサイトから削除することと言うもので、事業者は違法物件でないことを報告しないと、6月から正式な営業ができないことになります。これは、エアビーアンドビーを始め、国内、中国の事業者26社に送られました。

これを受け、最大手のエアビーアンドビーから民泊オーナーの元に、「国内の物件をエアビーのプラットホームに掲載し続けるには届出番号などの記載が必須です」という一斉メールが届き、いよいよヤミ民泊は摘発か…と、ヤミ民泊オーナーたちに動揺が走ったといいます。

これまで、国が、何で、エアビーのサイトに掲載されているヤミ民泊を黙認してきたのか…というと、エアビー側が、旅館業法はインターネットやシェアリングビジネスを想定しておらず、法律でクリアになっていないと主張していたからだと言います。だったら、民泊宿泊事業法が成立したのですから法律に則ってもらわなければならない訳です。

では、これで、ヤミ民泊は消えるのでしょうか…。

多くは否定的です。日本で法律を作っても、海外事業者は取締が難しいのです。すでに、中国語の電話番号やQRコードがないとサイトを見ることもできないものもあり、今後SNSでの運用も増えるだろうから、実質的に監視は不可能だと言います。

では、日本人で、これまでヤミ民泊で利益を上げてきた人はどうするのでしょうか。6月15日解禁の住宅宿泊事業法に基づく正規の民泊事業は、年間180日以内という営業日数の上限があり、この稼働率では、そもそも正規に登録できたとしても、家賃を払って借りているのでは赤字になってしまうといいます。

さらに、各地方公共団体の条例による上乗せ基準による制限も広がり、また、マンションでは規約での禁止も進んでいます。正規に登録するのも、収益を確保するのも難しい状況で、事業として部屋を所有又は借りている人たちは、民泊宿泊業法の対象外で
ある月単位の賃貸契約であるマンスリーマンション等に業態を変更することを考えているといいます。で、結局、日本人は、民泊を続けられない状況になって、法の網をかいくぐる中国人による違法民泊だけが残り、利益を中国に吸い上げられるだけじゃないか…と怒りの声を耳にします。

同じシェアリングビジネスで問題になっているのが、横行する「中国式白タク」です。中国からの観光客らを無許可で送迎する「白タク」が各地の空港や観光地で横行しているのです。実際に、そういう車両を目にすることもあります。

違法なタクシー営業ですから、取り締まらなくてはいけないはずですが、配車予約から支払いまでインターネット上で完結しているため、摘発が難しいのです。お金の受け渡しの現場は抑えられないし、「ともだち」を迎えに来ているだけ、「ともだち」を観光案内しているだけ…と言われたら、証拠を押さえるのが難しいのです。ようやく、摘発されたというニュースがありましたが、氷山の一角、それでめげるような人たちではないといいます。

「ライドシェア」のビジネスモデルって、自家用車も持っている人が自分と車が空いている時間に必要な人に移動のサービスを提供する…という趣旨のもののはずです。でも、この「中国式白タク」はこのために車を買い、これを業として日本で一儲けしようというもので、これが、シェアリングビジネスというのは納得がいきません。違法タクシー営業が、日本の規制を守っているタクシー業界の仕事を奪っているだけでなく、空港、観光地等での違法駐車等、大きな問題を引き起こしています。

ある知人はいいます。「中国人旅行者が増えると言っても中国人白タクを利用して、中国人経営のヤミ民泊に宿泊。白タク運転手は、中国人の経営する土産物店や食堂にお客を案内する。結局、日本には、ほとんどお金が落ちない…しかし、ルールを守らない人たちによって、街がどんどん荒れて治安も悪くなっていく…たいへんなことになるよ…」と。

でも、何となく腑に落ちないのです。観光庁は、市場を席巻したヤミ民泊をなくし、民間企業の新しいビジネスで健全な市場を築いていく…と言いますが、え、企業の新ビジネスなの? 住宅宿泊事業法…でしょう? 民泊って居住実態のある住居を空いているときに活用してもらうという個人のシェアリングビジネスじゃなかったの? 企業の本格参入が目的なら、もう個人のシェアリングビジネスの域を超えているじゃないの…と。

住宅宿泊事業法の成立で、管理組合で民泊禁止の規定をつくったことで、これまで、自宅に海外の短期留学生を比較的安価で引き受けていたお宅も、もう、規約違反になるからできない…といいます。これこそ、空いている部屋を学生に安く提供しようという本来の個人と個人のシェアリングのはずなのに…。

とにかく、儲かればいい…というエネルギーが、大切なものを壊していくのは、残念でなりません。

image by: walterericsy / Shutterstock.com

MAG2 NEWS

抜粋終わり


乗っ取られているのは観光地だけではないでしょう。
土地を買っているのは中国人、公団も中国人が沢山住んでいるそうです。
大阪へ行った時に薬屋さんで飛び交っているのは大阪弁ではなく、中国語でした!


昨夜は、お腹が空いたなぁ…と思いながら布団に入りました。
1時過ぎに起こされると吐き気!
出る物も無く、胃液も出ませんでしたが苦しまされました。


今日もネット妨害が続いています。
18時29分 食後に眠らされ、遅い時間に起こされました。 起きると隣家の工事シャーッ!という大きな音! 歯を磨きに下りました。
全て同じですが、作業員が機械を片付ける音等はしません。

18時40分 歯を磨いて、御手洗いへ入ろうとすると 悪意あるドアバンッ!4回 グーグー車位置替え! 御手洗いから出ると また位置替え!
何となく気持ちが悪くなりました。
18時43分 二階へ上がる前に ドアバンッ! 向かいの行き止まりの家の車が、ダイニングを照らしていたヘッドライトを消しました。 パソコンの前に座り、頭の防御をしていると音立て! 悪意あるドアバンッ!


今日の19時台 ここでまたバイクの走行音!

19時00分 頭の防御を変える度に ヒュルヒュル飛行機音! 多!
19時14分 メールを打っているとWi-Fiが切られていました。 入れ直していると バイクの走行音! 以後も大量! 「不幸のブログ」へ行くと遅くなりました。
19時21分 再起動をすると 変電所ガンガン! 以後もしつこく! 目立つバイクの走行音! 近隣の音立て!

19時24分 御手洗いへ行こうとすると キキキキィーキー! 大型犬の吠え立て! お小水を途中で止められました。
この大型犬の吠え声の合図で、大も小も何度も止められています。
19時39分 MLへ行く前に ヒュルヒュル飛行機音! 車が位置替え! 悪意あるドアバンッ!7回 MLが表示されないので再起動をすると パソコンがシャーッ!

19時44分 MLを読み始めると インターホンが鳴りました。 ドアバンッ! 車が位置替え! 離れた所で クラクション 大!
ほとんどの場合、宅配業者でも、門を開ける音も閉める音もしません。
19時55分 ベランダでコソつく音! 22時40分 記事を書き終わると 急に風の設定で 雨戸ガタッ! コンコン!


20時23分 コメントに返信を打ち始めると ピーポー! レコーダーを止めると 子供と女の声立て!
記事を書き始めると 南側の壁から加害音!
21時16分 19時台を書き終わる頃、悪意に満ちたドアバンッ!3回 ピッ!


昨日来る筈の佐川急便の荷物は、22時を過ぎても配達中になっていました。
23時過ぎに佐川急便のサイトを見ると持戻りになっていました。
こういう情報を入力しているのは誰なのでしょう? ドライバー?

昨夜も動画は9秒、19秒のカルト止め!
0時10分  パソコンを片付け、立ち上がる前に ピーポー!
0時半頃には布団に入りました。

起こされてラジオをつけると1時過ぎでした。
井上ひさしの「吾輩は漱石である」の朗読をやっていました。
吐き気がして起き、少し吐きましたが唾液と鼻水しか出ませんでした。

これは電磁波による加害です。
吐き気は無くなりましたが息苦しさが酷く、以後一睡も出来ませんでした。
南佳孝の深夜便の歌、2時の時報、ニュース。

日本人が歌うスクリーンミュージックの特集を聞きました。
天気概況、3時の時報、ニュース、坂本冬美の特集でした。
周辺ではゴーゴー!ヒュルヒュル!クレーンの動く様な音!

ベランダと北側の壁から大きな加害音!
ミッツマングローブの深夜便の歌。
天気予報、4時の時報で起きました。

6時54分  御手洗いへ入ると ピーポー! 歯を磨き始めると急に止めました。
7時19分  髪を梳かして頭の防御を始めると 「ナーナー」と鳴くカラス! 首の後ろを留める前に 変電所ガン! ガン1回で止めます。 終わるとピーポー!
7時33分  上記のメモを終わると 近くからグーグー車位置替え!

8時06分  煮物のお鍋に調味料を入れ、シンクへ水を入れに行く前に ピーポー!
8時19分  横になり防御が終わると 隣家の工事がいつもの所を カンカン!大!
8時24分  御手洗い(大)へ入ると 工事シャーッ! ピーポー! 大も途中で止められ、何度も御手洗いへ行くようにされています。

9時36分  ピーポー! 時計を見ると またピーポー!
9時49分  ウ~ピーポー! 南の壁にドリルで穴を開けている様な音!
10時19分 男「コンニチハ」 襖がガタガタと鳴る 共振ヘリ 大!

10時39分 御手洗いへ入ると 工事音!立て続け! 御手洗いと食事に関する所だけで作業の音がしていて、後は何の音もしていません。
10時53分 11時36分 ヘリ音!
11時32分 食事が終わる頃に グーグー車がピッピッと位置替え!

15時13分 ヘリ音の立て続けで起こされ、階下へ下りると又ヘリ音! 洗い物を食器棚にしまい始めると またヘリ音! 工事の音はしていませんでした。
15時42分 土鍋の火を止めに下りようとすると 工事の音はここから カンカン! 飛行機音!大!
15時45分 食事に下りる前に 工事カンカン! 下りるとヘリ音! 工事はタイミングに合わせて音を変えリズムを変えて実況生中継!

今日も隣家の工事はほとんど作業の音が無く、私のタイミングに合わせるだけの不審工事です。
バイク、車のウロツキが多く、行き止まりの所に不審車が入り込んでいるようです。
ドアバンッも早朝から深夜まで、悪意に満ち満ちた土地です。

また吐き気攻撃を始めた様で、息苦しさも加わり余計に悪辣な加害行為になっています。
後頭部の圧迫で、首の圧迫骨折が酷くなったのか、左右の手の麻痺が酷くなりました。
目を狙われている様ですが、防御のしようが無く、やられ放題です。



今日のニュース  Rakuten Infoseek News より引用

京大「軍事研究は行わない」と発表 「突然どうした?」、大学側に聞いた
J-CASTニュース / 2018年3月29日 19時1分
https://news.infoseek.co.jp/article/20180329jcast20182324905/

京都大学が2018年3月29日、公式サイトで「軍事研究は行わない」とする方針を発表した。「本学における研究活動は、社会の安寧と人類の幸福、平和へ貢献することを目的とするもの」であることを理由としている。

発表文に詳しい背景は書かれておらず、これだけでは唐突な印象も受ける。京大はJ-CASTニュースの取材に「日本学術会議の声明を受けてのものです」と明かす。

「社会の安寧と人類の幸福、平和へ貢献することを目的とするもの」
「京都大学における軍事研究に関する基本方針」の題で公式サイトに掲載された文章は、まず「本学は、創立以来築いてきた自由の学風を継承し、地球社会の調和ある共存に貢献するため、研究の自由と自主を基礎に高い倫理性を備えた研究活動により、世界に卓越した知の創造を行うことを基本理念に掲げています」とする。そのうえで

「本学における研究活動は、社会の安寧と人類の幸福、平和へ貢献することを目的とするものであり、それらを脅かすことに繋がる軍事研究は、これを行わないこととします」
と宣言した。ただ、

「個別の事案について判断が必要な場合は、総長が設置する常置の委員会において審議することとします」
とも付されている。

詳細な説明はなく、ツイッターでは「突然どうした」「何が起きているのか」と戸惑いの声ももれた。

発表について、京大は29日のJ-CASTニュースの取材に「17年3月の日本学術会議の『声明』を受けて、学内で検討のためのワーキンググループを立ち上げ、議論を経てこのたびの基本方針の発表となりました」と話す。議論では、この「声明」が「大きな材料として使われておりました」と説明した。

自然・人文・社会科学の全分野にわたる日本の科学者の機関「日本学術会議」は、17年3月24日付で「軍事的安全保障研究に関する声明」を発表し、「戦争を目的とする科学の研究は絶対にこれを行わない」との文言を含む同会議の1967年の声明を「継承する」とした。なお、京大総長で霊長類学者の山極寿一氏は、17年10月からこの日本学術会議の会長をつとめている。

この声明では、「大学等の研究機関」に対し、「軍事的安全保障研究とみなされる可能性のある研究について、その適切性を目的、方法、応用の妥当性の観点から技術的・倫理的に審査する精度を設けるべきである」との要請もある。これがきっかけとなって、京大で議論が進められたというわけだ。

軍事研究とそうでない研究との「線引き」
1967年の声明をいま継承した背景として、「近年、再び学術と軍事が接近しつつある」ことをあげ、「政府による研究者の活動への介入が強まる懸念がある」としている。特に、防衛装備庁(防衛省の外局)で2015年度に発足した「安全保障技術研究推進制度」について、「将来の装備開発につなげるという明確な目的に沿って公募・審査」されるなどの点から、「政府による研究への介入が著しく、問題が多い」と否定的だ。

一方、今回の京大の発表に対してインターネット上では、軍事研究とそうでない研究との「線引き」ができるのかとの指摘もある。京大は取材に対し、「確かに、軍事研究の定義は難しいとワーキンググループでも議論になりましたが、『研究内容が軍事利用に直接つながること』や、『研究成果が軍事利用につながる可能性があること』などを判別の大きな方針としています」と説明。「判断の難しい事案については、発表文でも示したとおり個別に審議することとし、審議にあたっての詳細な基準は今後検討していきます」と、発表があくまで「基本方針」である旨を述べていた。

また、ネット上では「軍事技術開発こそが民生技術への転用で人類に取っての利便性を押し上げてるのだが」と、軍事研究の意義を説く向きも少なくない。

この点、日本学術会議の委員会に招致されたこともある池内了(さとる)名古屋大学名誉教授は、著書『科学者と軍事研究』(岩波書店・17年12月20日発行)で、「『軍事は発明の母』と言ってよいのかどうか」と言及している。「戦争という状況を想定すると」として、「極限的な状況のなかで生じる『必要性』は、緊迫した要求となって新製品の発明に結びつくことも多いのは確かである」と一部で認めながら、「だからといって軍事や戦争が発明の母なのではなく、あくまで潤沢な軍事費が使われることが戦時に発明品が増える理由であることを忘れてはならない」などと主張している。

引用終わり


軍学共同という言葉は私でも知っているので「突然どうした?」という感じはしませんが。
京大の「本学における研究活動は、社会の安寧と人類の幸福、平和へ貢献することを目的とするもの」というのを見るとホッとします。
学生が恩師を慕い、世の中が平和になる様な研究をして頂きたいです。


今日は具合が悪く、昼食も食べずに横になっていました。
朝の洗い物をすると具合が悪くなりました。
御手洗いへ入ると(窓は無く、真っ暗なまま入ります)強烈な光が見えて吐き気がしました。


今日もネット妨害が続いています。
パソコンの前に座ると バイクの走行音! 車がエンジンをかけました。
Wi-Fiに接続する前に 飛行機音! 隣家の工事シャーッ! という様な大きな音!

18時20分 Wi-Fiを接続すると 悪意あるドアバンッ!8回 メール受信から遅くされました。
18時27分 再起動をするとWi-Fiのアンテナが1本も立っていませんでした。 メモをすると キッ!(昼間に隣家の工事も使っている音です)
18時33分 WONDERFUL WORLD wonderful-ww.jugem.jp/ へ行くと 飛行機音! グーグー車がグーグーと始めたのでレコーダーを入れると止めました。 記事は 「愛知県東浦のメガソーラ 建設反対住民ら提訴」 http://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20180327/3200641.html という物でした。

18時36分 MLを読み始めると グーグー車が位置替え!
ニュースを見る前に再起動をすると変電所ガンガン!以後も多!
18時45分 ニュースが表示されると 近くでキィーッキー! 悪意あるドアバンッ!7回 男の空咳! 車が位置替え! その後ウロツキ!
18時53分 またグーグー車が位置替え!


今日の19時台 ここでキャン犬吠え!

19時07分 御手洗いへ行こうとすると 頭上ヘリ!
19時24分 Twitterを見ようとすると 近隣でガンッ! 以後もあちこちで音立て!
19時29分 Twitterに載せられていた 「東京都迷惑防止条例 改正の背景にある被害」 http://agora-web.jp/archives/2031763.html というのを見始めると キキキキィー! 目立つバイクの走行音!

19時43分 被害者さんのブログを見ようとすると 大型犬の吠え立て!
この被害者さんは「加害組織がパソコンをじかに操作することはできないと考えたほうがいいし、パソコンなどの不具合を起こすと考えないほうがいい。」という記事を載せていらっしゃいました。
でも…私が何もしなくても普通に動いたり、動かなくなったりするんです…。 確かに知識が無いので調べるのも難しい。 それを加害者は良く知っているので妨害していると思っています。

19時51分 メールの返信を打ち始めると 南側の壁でゴソつく音! 以後加害音!
19時55分 北から音がして来た 頭上ヘリ! 北へ戻って、すぐに音は無くなりました。
19時58分 頭の防御を変えると ピーポー!


昨夜も動画は再生時間が9秒、19秒の所へ来ると再生を止めました。
止める時間も、その日によって変えます。
0時15分頃には布団に入りました。

起こされてラジオをつけると2時過ぎ、ダイアナ・ロスの特集でした。
3時の時報、ミッツマングローブの特集でした。
ベランダと北側の壁から加害音!

尾骶骨が痛いので動くと、その度毎にバイクが走りました。
南側ではゴーゴーエンジン音!
ミッツマングローブの深夜便の歌。

天気予報、4時の時報で起きました。
5時37分  洗い物を始めると ピーポー! 
5時48分  終わると またピーポー! 具合の悪さを感じていました。

5時49分  テーブルの台布巾を取りに行くと またピーポー! 洋間で乾いたタオルをしまい始めると 近くからバイクがうろつきました。
横になっても具合は良くならず、動くのを止めました。
6時40分  御手洗いへ入ると ウ~! 閉じた目に強烈な光が見えて広がり、視界全体になりました。 溶鉱炉の中心の光という感じでしょうか、今迄見た事も無い光です。 吐き気がして来ました。

8時54分  工事が近くでカンカン!大音量! 横になると、ずっと鳩尾がグルグルと鳴っていました。
9時19分  ピーポー! 飛行機音!大!
10時14分 窓がガタガタと鳴った 共振ヘリ! 以後も飛行機音!ヘリ音!立て続け!

15時19分 お昼も食べずに横になっていると眠らされました。 起こされた時は工事の音は全くしていません。 御手洗いへ行き、頭の防御を変えると 工事カンカン! 飛行機音! 立て続け!
16時04分 時計を見ると ピーポー!
16時08分 お昼に食べる予定だった物を食べようと下りると 頭上ヘリ! 工事ドリル音!数秒で止めます。

16時43分 食べ終わる頃に ピーピー車が位置替え! ピーポー! 口が不味く、食欲もありませんでした。 朝食は美味しかったのに…。
16時58分 御手洗いへ入ると ヘリ音! 上がり始めると 飛行機音!
今日も一日中、飛行機音!ヘリ音! 14時を過ぎた頃から工事の音はタイミングに合わせる時だけです。

20時を過ぎても車の位置替え! 多!
20時06分 日時指定の出来なかった荷物を今日配達中、という佐川急便のサイトを確認するとピーポー!荷物は22時41分の今も来ていません。ピーポーを止めるとキャン犬吠え立て!
20時56分 しょっちゅうピーポーを鳴らし、レコーダーを入れると止めていました。 尿意を送信して来ると ピーポー!大!延々!

具合が悪くメモをしていませんが、横になっている時も飛行機音!ヘリ音!を今日も立て続け!
工事は私の近くで音を立て続け、14時を過ぎると一人でタイミングに合わせて音立て!
隣家は柵を作り変えるのかと思っていたら、私との家の境だけを壊してありました。

朝食時からベランダや敷地内でゴソつく音がして、いつもの様に妨害をされ頭の圧迫も息苦しさも酷くなりました。
鳩尾が鳴り、胃がパンパンになって吐き気、横になっている体勢を変えると工事が音を変え、どこまでも付き纏って来ます。
目を閉じると、以前から青い物が点々と見えていましたが、今日の強烈な光は初めてで、目くらましの様になって危ないです。



今日のニュース livedoor・NEWS より引用

アマゾン「人類未踏の地」、過去に100万人居住の可能性 研究
2018年3月28日 13時29分 AFPBB News
http://news.livedoor.com/article/detail/14496850/

【AFP=時事】南米アマゾン(Amazon)のこれまで無人地帯と考えられていた地域に最大100万の人々が居住していた可能性があるとした最新の考古学的研究結果が発表された。人々がここで暮らしていたのは、イタリアの探検家クリストファー・コロンブス(Christopher Columbus)が米大陸に到達する数百年前だという。

アマゾン
ブラジルのアマゾン(2011年12月4日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

英国とブラジルの研究チームは、主要河川から離れた熱帯雨林内に数百に及ぶ要塞化された集落が存在していたことを示す証拠を発見した。この地域は15世紀末に欧州人が到達するまで人類未踏の地とこれまで考えられていた。

 英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に発表された今回の研究は、ペルーとの国境に近いブラジルの別の地域で大規模な土構造物や要塞跡が発見されたことをきっかけに実施された。

 コロンブス到達以前のこの人の居住域は、約40万平方キロの範囲に広がっており、当時は50万~100万人が暮らしていた可能性もあると研究チームは考えている。

 人工衛星画像に部分的に基づく今回の調査では、年代が1250~1500年にさかのぼる81の考古学的遺跡と、遺跡内にある104の大規模な幾何学的土構造物が新たに発見された。

 そのうちの24遺跡の発掘調査では、焼き物の容器、刃部を磨いた石おの、肥料を施した土壌のサンプルや当時のごみだめの穴などが見つかっている。

 炭の残骸や発掘された容器などの分析から、アマゾン川南部の1800キロにわたる地域には、要塞化された集落に住む人々が1250年から1500年まで継続的に存在していたことが今回、明らかになった。

 アマゾンの広大な一帯はまだ考古学的調査が及んでいない状況にあるため、この研究は、古代の共同体が主要河川近くのはんらん原に必然的に依存して生活していたとする仮説に異を唱える結果となっている。

■儀礼的儀式の場か?

 以前、この地域には1000~1500の集落が存在していたが、その遺跡の3分の2ほどはまだ見つかっていないと研究チームは考えている。

 こうした遺跡は直径30メートルの人工的な溝で囲まれた囲い地(ジオグリフ、地上絵)から、くぼんだ道が周囲に放射状に広がる円形広場を取り囲む幅400メートルの構造物まで、大きさはさまざまだ。

 正方形や円形、六角形などの形状のものがあるこれらの謎めいた囲い地が何に使われていたかは依然として不明のままだ。

「儀礼的儀式の一部に使用されていた可能性がある」と、研究チームは論文に記している。

■歴史の再評価

 集落は調査対象の81の囲い地の近くまたは内部で発見されるケースが多かった。囲い地の土構造物はこの区域から樹木を除去することが可能な乾季の間に築かれた可能性が高いと、論文は推測している。

 また、一部の囲い地は網目状の渡り道を通じて相互に連結しており、長い年月をかけて精巧に構築されていた。

 過去の研究では、ブラジル西部アクレ(Acre)州で今回と同様の溝や地上絵が450か所発見されたが、遺物はほどんど見つかっていなかった。

 英エクセター大学(University of Exeter)のジョセ・イリアルテ(Jose Iriarte)教授は「アマゾンの歴史を再評価する必要がある」と指摘する。「間違いなく、これは大河の河岸近くにのみ存在する人の居住域ではなく、ここで暮らしていた人々は実際に地形を変えていた。今回調査した地域は少なくとも数万人規模の人口を有していた」
【翻訳編集】AFPBB News

引用終わり


具合が悪かったので、せめてニュースだけは広々とした広大な物を…。
学校で習った歴史にも相当の嘘があるようですが、この記事は本当だと良いですね。
今もひっそりと暮らしている人達が…、現代人が入ると、それまでは無かった病気の素を持って入るので無闇に入ってはいけないそうです。


今日の18時台

今日もネット妨害が続いています。
18時24分 パソコンの前に座り、頭の防御が終わると バイクの走行音! キッキッという様な音がすると グー車が位置替え! 近隣でバンッ!
手の痺れが酷くなり、左上腕が痛痒くなりました。

18時30分 メールの受信、初めから動作を遅くされています。
18時32分 ベランダから加害音! コンッ!
18時36分 再起動をすると バイクの走行音!延々! ベランダでガタッ! コソコソとピーポーを鳴らし続けていました。

18時42分 ネットに接続すると ピッピーピー! 笛! 被害者さんのブログへ行くと 北側の壁から加害音! 以後も多!
18時48分 MLを読み始めると しつこく暴走バイクの音立て!
18時52分 再起動をすると 北側の壁から加害音! 真っ暗になってからも カラスの鳴き声!


昨夜は通販サイトも遅く、時間が掛かりました。
0時45分頃には布団に入りました。
起こされてラジオをつけると2時過ぎ、すぐに眠ってしまいました。

次に起こされると3時過ぎでした。
ミッツマングローブの深夜便の歌の途中だけ聞くと眠らされました。
起こされると四国の天気予報をやっていました。

4時の時報で、まだ眠いのに無理矢理起こされたという感じでした。
細切れ睡眠で眠った気がしません。
右脇が痛痒くなっていました。

4時30分  食事を始めると直ぐに 近くからバイクが位置替え! 待ち伏せを配置してあるので、設定した時間に起こすのでしょう!
8時11分  掃除を始める前に ウ~ピーポー! メモをしていると 大型犬の吠え立て! シンクを磨きに下りました。
8時37分  御手洗いの掃除に入る前に ピーポー!

9時09分  クイックルワイパー、階段の下まで行くと ウ~!
10時22分 食事の支度を始めると 隣家の工事がまた日曜日にも音立てを始めました。
10時43分 食事を始めると、スープを飲む前に ピーポー!

10時53分 食事中、近くで工事の音立て!
11時09分 食事を終る前、スープを飲む前に ピーポー!
12時00分 工事を始めたので予定を変えて煮物を作り、火に掛けて二階へ上がると ピーポー!

12時20分 洗い物をして煮物の火を止め、御手洗いから出ると ピーポー!
この後髪を梳かして頭の防御、終るとお昼の時間にも休まない工事がまた音立てを始めました。
横になると眠らされ、14時過ぎに尿意で起こされています。

17時55分 起こされて歯を磨きに下りると グー車が位置替え! うろつき回っています。
19時になると足音立て、隣家の工事の不動産屋の担当者にメールをすると 近隣でバンッ! バイクの走行音も多用しています。
19時30分 御手洗いに下りると 悪意あるドアバンッ! レコーダーにキーンという音とカンという音が入っていました。 御手洗いから出ると ピーポー! レコーダーを止めると 飛行機音!

19時57分 頭の防御を変えると 近くからグー車が位置替え! ドアバンッ! ピッ!
21時02分 上記迄書くと 窓のすぐ下で 悪意に満ちたドアバンッ! 立て続けに3回 ピッピッピッ! ドアバンッ!3回  ピッ!
コソコソとウ~!ピーポー!を鳴らし、レコーダーを入れると直ぐに止めています。

3月になってから一日も休む事無く隣家の工事が音を立て続けています。
今日も私のタイミングに合わせた音しかしていません。
ここは、どんなに不自然な事でも平気で出来る様に、加害者が囲み切っています。

朦朧状態で起こされて朝食を始めた時から頭の圧迫が酷く、今は後頭部からの圧迫が酷くなっています。
午後に眠らされて起こされると、足がとても痛くなっていました。
どこに居ても電磁波照射、クラクラ、ビリビリ、キーン、とても酷い犯罪行為です。



今日のニュース  DIAMOND online より引用

2018.3.18
焦点:中国、「ブラックテクノロジー」で高度な監視国家構築へ
http://diamond.jp/articles/-/163976

中

Pei Li and Cate Cadell

[北京 10日 ロイター] - 北京郊外の幹線道路に設けられた検問所では、地元警察官が新しいセキュリティツールを試している。それは、運転者の顔の特徴と車のナンバープレートを読み取り、即座に犯罪容疑者のデータベースと照合する「スマートグラス」だ。

人工知能(AI)を利用したこのメガネはLLビジョンが製造。車中の人物の顔とナンバープレートをスキャンし、中央で集約されたブラックリストと一致すれば、赤い警告表示が点灯して、メガネを着用した警察官に知らせる。

今回のテストは、今年の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)が北京中心部で開催される時期と一致しており、中国指導部が、テクノロジーを利用した国内治安強化に向けて本格的に動いていることを裏付けている。

こうした動きは、中国が高度な監視国家を築きつつあり、異議申立てに対する弾圧を強めるのではないかという懸念が広がっている。

「(中国)指導部は以前、インターネットと通信テクノロジーの発展にかなりの恐怖感を抱いていた」と、香港大学のメディア研究プロジェクト「中国メディアプロジェクト」の共同ディレクターを務めるデビッド・バンダースキー氏は語る。

「だが今や彼らは、それらを社会や政治を統制するため、絶対に不可欠のツールだとみなすようになった」

LLビジョンのWu Fei最高経営責任者(CEO)は、中国当局は容疑者や脱法者を捕まえるという「崇高な目的」のためにこの装置を使っているため、プライバシーの問題を懸念するべきではないと語った。

「われわれは政府を信頼している」と同CEOは北京本社でロイターに語った。

ロイターはここ数日、北京で疑わしい人物や車両を特定するために警察がこのメガネを試験的に使用している様子を確認した。

習近平国家主席が率いる中国は、中国共産党の利益に反する行動をネット上だけでなく幅広く追跡・統制を徹底するため、AI、顔認識、ビッグデータといったテクノロジーの利用に本腰を入れている。

習主席は今月、国家主席の任期制限を撤廃する改革を遂行することで権力基盤を強化するものと予想されている。これによって実質的に、習氏が無期限に現在の地位に留まることが可能になる。

中国全人代の会場となる人民大会堂に足を踏み入れる代議員や訪問者は、顔認識スキャナによる検査を受けなければならない。関連する諮問機関である中国人民政治協商会議の出席者も同様だ。

テクノロジー専門の国営日刊紙である科技日報は、未来的な監視用電子機器について、中国のマンガに出てくる言葉を使い、「今年、2つの会議におけるセキュリティには、オンライン化した新たな『黒科技(ブラック・テクノロジ―)』がいくつか導入された」と表現した。

科技日報によれば、今年の全人代と政治協商会議で用いられるカメラは、疑わしい顔認識データの取得や、分析、比較を約2秒で完了できるものに更新されたという。これを支えるのは、ブラックリストに載せられた個人に関する全国データベース「スカイネット」と呼ばれるシステムだ。

「SF映画『マイノリティ・リポート』の世界は、いまや基本的には日常生活の一部になりつつある」と科技日報は述べている。『マイノリティ・リポート』は、犯罪が起こってもいないうちに解決され、処罰されるような未来社会を描いた、トム・クルーズ主演の米国映画だ。

<ロボットとドローン>

中国が実用配備しているセキュリティ技術はますます多種多彩になっており、国内関連産業の成長を加速させる一方で、個人のプライバシー侵害の拡大を巡る懸念も、人権擁護活動家の間で高まっている。

主に懸念されているのは、ブラックリストには、弁護士から芸術家、政治的な反体制派、慈善団体の職員、ジャーナリスト、人権活動家に至るまで、幅広い人々が含まれる可能性がある点だ。

新たなテクノロジーには、群衆統制用の警備ロボット、国境地帯を監視するドローン、オンラインでの言動を追跡や検閲するAIシステムなどがある。また、携帯電話データを強制的に読み取るスキャナや、バーチャルリアリティ用のカメラを装着した警察犬まで登場している。

ヒューマン・ライツ・ウォッチによる最近の報告によれば、中国は音声認識能力を強化するため、生体認証機能を備えた音声データベースも拡大しているという。

北西部の新疆地区など社会不安のある地域で以前から使われていた監視手法は、いまや国内で広く展開されており、来年には、強力ではあるが細分化されていたシステムを中央への集約し標準化を進める計画がある。

全人代の会合において、ほとんどの代議員は、国内の治安改善のためにテクノロジーの利用を拡大することはプラスであり、プライバシーに関する懸念を大きく上回るメリットがあると述べていた。

「これは良い話だ。わが国のテクノロジーが本当に世界をリードしていることを意味する」と中国東部・江蘇省選出の代議員Lu Yaping氏は語る。「安全性については何も心配していない」

(翻訳:エァクレーレン)

引用終わり


世界の国々が高度な監視国家になっている様ですが、誰が誰を監視したいのでしょう。
私達テクノロジー犯罪の被害者は、監視対象なのでしょうか、それとも実験の対象なのでしょうか?
犯罪のトップは何処に…?


今日は酷いネット妨害で、悉く邪魔をされています。
パソコンの前に座るとバイクの走行音! 音だけ、走っているもの、以後も多!
北側の壁から加害音! 以後も立て続け!

ウ~! 数秒!
悪意あるドアバンッ! 共振ドアバンッ! 21時まで計20回
息苦しくなり、咳込みました。 

電源を入れると充電ランプが点灯! ベランダでコソつく音!
パソコンをつけると 車が位置替え!
メールの送受信エラーになりました。

再起動すると ヒューン飛行機! 以後も上空の音 多!
音はしていないのに襖がカタカタと共振しました。
何度か再起動をしてもメールの受信が出来ないので、一度シャットダウンすると 変電所ガンガン!

メールの受信が出来ても動きはとても遅いままでした。
住友不動産から、明日の日曜日に又作業をするというメールが来ていました。
ネットに接続すると表示されず、再起動すると ピーポー!

表示されても動きは遅く「不幸のブログ」も表示されませんでした。
再起動すると【このページは表示できません】【このページに安全に接続できません】と何度やっても駄目でした。
再起動すると ピーピー! 一度止め、窓の下、近くでまたピーピー!

遠くでキーキー! ベランダから加害音!以後も多! 車が位置替え!
19時24分~ ニュースを見始めると ピーポー!延々! グーグー車が位置替え!
メールの返信を打っていると マイクロ波照射! 以後も多!

19時59分 Twitterを見ていると配送様の車がゴーゴーと近くに止まりました。
20時16分 記事を書く前に御手洗いへ行き戻ると ウ~! 延々! 咳き込みました。
ピーポー! 18時48分 19時09分 19時24分
      21時08分


昨夜も動画は途切れませんでした。
0時14分  御手洗いから出て上がると ウ~ピーポー
0時半頃には布団に入りました。

防御が終わると カラス「カァ」 痰が絡んで咳き込みました。
起こされてラジオをつけると2時過ぎでした。
神戸のジャズピアニストの方が話をしていました。

曲になると眠った様で、次に起こされると3時過ぎでした。
古い歌を数曲聞いて眠り、起こされると4時のニュースをやっていました。
ここで起きましたが、細切れで起こされて眠った気は全くしません。

5時07分  林檎を切る前に バイクが位置替え! 半分を冷蔵庫に入れて、残りを切る前に また位置替え!
雨戸を開けると、ベランダに面した隣家のブルーシートの左の方を開けてありました。
洗い物に下りると、土日恒例の早朝からの悪意あるドアバンッ! 立て続け!

6時51分  髪を梳かす前に ピーポー! 防御を始める前に ウ~ピーポー!
7時22分  煮物を作りに下りる前に ピーポー! 隣家はここからゴソつき始めました。
7時39分  材料を切り終わると ピーポー!

8時22分  毎日同じ様にやる事が終わると 隣家の工事が目立つ音を立て、横になって防御が終わると作業の音はしなくなりました。
10時45分 食事の支度に下りる前になると 工事がカンカン!連打! 下りると関電工様の車が位置替え!
食事が終わると、また工事の音はしなくなりました

12時32分 食事をして横になると眠らされ、起こされて洗い物に下りると ピーポー! 子供の声立て! 上がると ドスの効いたカラス鳴き!
12時59分 横になると 車が位置替え! ドアバンッ! ウ~ピーポー! 起きてメモを始めると ピーポー! 横になると またピーポー!
13時を過ぎても、工事の作業音はしませんでした


今日の16時台

いつも同じ様に動く時間になると工事が目立つ音を立て始めました。
工事と子供の声立て、上空の音で、頭の圧迫、鼻水、飲み込み妨害で大変です。
横になると又作業の音はしなくなりました


今日も日中はほとんど工事の音は無く、18時過ぎには暗くなっていました。
カンカン!バンッ!と叩いているのは一人だけ!
平日は作業をせずに、わざわざ日曜日にやるのは何故なのでしょう。

住友不動産からの返信は来ていません
今日はバイク、車、ピーピー車がうろつき回り、ドアバンも多!
工事の男は声立てを止め、子供の声立て、カラス、数秒で止めるウ~!ピーポー!を多用しています。

足への加害が酷く、靴下を何十枚も履いて歩いている様な感じの痺れです。
横になっていると、東から足へ、西から頭頂部への電磁波照射で具合が悪い。
連日の工事による嫌がらせと加害で何も出来ず、歩けなくされそうです。



今日のニュース Business Journal より抜粋

六代目山口組機関紙「山口組新報」レビュー…逆風の中から伝わってくる「ヤクザの矜持とユーモア」
文=沖田臥竜/作家・元山口組二次団体幹部
http://biz-journal.jp/2018/03/post_22592.html

山口組
山口組機関紙「山口組新報」

3月5日、神戸市灘区にある六代目山口組総本部で定例会が開催された。兵庫県警による総本部の使用禁止請求が迫っていると囁かれるなか、集まる直参組長らの表情からは、それを危惧する様子が微塵も見えなかったといわれている。

「『すべては覚悟のうち』との表れではないでしょうか。『なるようになる。その中で道を切り拓いていくだけだ』と親分衆らは思っているのかもしれません」(報道関係者)

 開催された定例会では、各直参組長らに第15号となる山口組機関紙「山口組新報」が配布された。

 現在の六代目山口組内部の様子、ヤクザたちの日常や本音などが垣間見られる同機関紙。巻頭を飾ったのは、六代目山口組若頭補佐である三代目一会・野村孝会長の言葉だった。そこには、時候の挨拶を述べた後に、1月25日の誕生日に司忍組長が喜寿を迎えたことを心から喜んでいると記されている。

 そして、2003年に六代目山口組二代目小西一家と住吉会系組織との間に起きた「埼玉抗争」で、住吉会系幹部を射殺した事件の首謀者として逮捕され、無期懲役の判決を受け下獄した、二代目小西一家・落合勇治総長の無念と、その安否を気遣う想いが綴られている。

 この事件では、落合総長は一貫して冤罪であることを訴え続け、最高裁まで争い続けた。控訴審では落合総長の元配下の組員幹部が、司法取引により虚偽の調書を作成したことを証言し、落合総長は事件に無関係であったことを主張したため、無罪放免となるのではないかと思われていた。だが、高裁が出した判決は、一審の無期懲役を支持するもので、最高裁でもそれは変わらなかった。それだけに巻頭言を綴った野村会長の無念さは、今でも晴らされていないのだろう。

 全8ページの3面には平成30年度の事始め式典、4面には年末の餅つき大会レポートと続き、5面の上段には、1月24日に行われた、親戚団体である稲川会との親睦食事会の模様を六代目山口組若頭補佐である二代目竹中組・安東美樹組長が寄稿。下段には、初代山口組・山口春吉組長、四代目山口組・竹中正久組長の祥月命日にあたって、六代目山口組事務局長である二代目若林組・篠原重則組長が親分たちへの想いを寄せている。

 それによって普段、雲の上の存在である直参組長らの声を末端組員にまで伝えることができ、組長の言葉を目にした若い組員らは、当局の締め付けにより逆風が吹く任侠界の中でも士気を高め、大きな励みを得ているのではないか。機関紙を発行する側の目的も、そこに大きな比重が置かれ出しているように思える。

 続く6面には、六代目山口組二代目章友会・新井錠士会長と六代目山口組三代目岸本組・野本信孝組長が、それぞれ先代を偲ぶ寄稿を寄せている。

 最終ページとなる8面には、大晦日から総本部に集まり新年を迎えた二次団体最高幹部らが、その際に感じた様子を興奮混じりに文章にしている。それもそのはずである。この年またぎの集会では、普段、声をかけてもらうことなどありえない雲の上のそのまた上の人物である司組長に直接新年の挨拶ができるのだ。六代目山口組組員にとって、これほどの誉れがないということが、それらの文章からは伝わってくる。

「山口組新報第」の最新号はいつにも増して、幹部や組員たちの生の声が文字にして伝えられており、現在の六代目山口組内の空気を知る上で読み応えのあるものとなっていた。
(文=沖田臥竜/作家・元山口組二次団体幹部)

●沖田臥竜(おきた・がりょう)
元山口組二次団体最高幹部。2014年、所属していた組織の組長の引退に合わせて、ヤクザ社会から足を洗う。以来、物書きとして活動を始め、『山口組分裂「六神抗」』365日の全内幕』(宝島社)などに寄稿。著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任俠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)。最新刊は『尼崎の一番星たち』(同)。

抜粋終わり


集団ストーカー、テクノロジー犯罪には暴力団も大きく関係していると思います。
指定暴力団などといいますが、結局は警察に守られているのではないでしょうか。
真面目に生きて来た多くの被害者を窮地に追い込み、犠牲にして、どのような国を作るつもりでしょう。


««前のページ  | ホーム |  前のページ»»