プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

散々

昨日、ゆうパックが来た後、玄関のドアの侵入防御が切られていました。
門を開け、入っている奴がいるという事です。
防犯カメラを置きましたが、犯人は写らないですねぇ。

今日は1時過ぎに起こされ、暫らくラジオを聞いて眠ると3時過ぎに起こされ4時の時報で起きました。
睡眠妨害も、ずっと酷く続いています。

戸建てで下に人がいないので、その分、陰部、肛門への加害が減りました。
それを補うかの様に肩甲骨の間に殺人波の照射を執拗に続けます。
今日も座椅子で横になりながら片付けを続けましたが、休む時間が長くなります。

ピーポー、ウ~、飛行機音を小さく立て続け、合間にドアバンッ、朝早くからショベルカーのショベルをガンガンと当てる音、ピーピーなど、音も増えてきました。

家の周りの音、ベランダ、壁からの加害音、ラップ音も増えました。

水道料金の引き落としの申込書が来ないので、水道局に電話をしました。
先週発送しているが、念の為、もう一度発送しますとの事でした。
先週発送した物は、どこへ行ったのでしょう?

午後、給湯器の取り換えに業者が来ると、更に被害が酷くなります。
2時間以上掛かって、やっと終わりました。
足先も熱く、顎が胸に付いたまま顔が上げられません。

身体の何処かを動かすだけで首に響いて痛く、食事も口が少ししか開かないので大変時間が掛かります。
給湯器が直ったので二日ぶりにシャワーに入れましたが、近隣の大きな音で落ち着いて入っている事も出来ません。

ここの風呂桶の中にも何か付いています。

稲城市の戸建の時も、留守中に風呂桶の中に疵を付けられました。
被害者ではありませんが、知人の家の風呂桶のホーローも、何もしないのに底が小さく掛けたそうです。

パソコンを始めるとWi-Fiを切られ、なかなかネットに接続出来ませんでした。
今もピーポー、壁から大量のラップ音、加害音が入っています。
肩、背中が痛くて堪りません。



今日のニュース テレ朝news より引用

警察官のスピード違反を同僚が“もみ消し”か(2016/06/08 18:42)

警察官のスピード違反をもみ消した疑いがあるとして、警察が捜査しています。

 捜査関係者によりますと、長野県上田警察署の交通課員がスピード違反の車を発見して停止させた際、運転手が県警の警察官だったため、違反切符を切りませんでした。県警監察課は犯人隠避の疑いもあるとして、取り締まりにあたった複数の警察官から事情を聴いていて、「事実関係が明らかになってから適正に処分する」としています。

引用終わり


同僚の違反は揉み消すんですね。
私は犯罪を犯していませんが、あたかも犯罪者ででもあるかの様に町中、スーパー等で大量に警察官が出て来ます。



自然農法を御存知ですか。
農薬も肥料も使わない農法です。
もっと若い時に知って、農業を始めれば良かったと思いました。


140606 「ヴァンダナ・シヴァのいのちの種を抱きしめて」上映会&辻信一氏×岡本よりたか氏 緊急講演会




今朝は起こされると4時20分で、すぐに起きました。
朝から小さくピーポーを鳴らし続け、何かのタイミングで大きくします。
多すぎて数える気もしませんが、10回以上は録音したと思います。

クラクション、走行音も使い始めました。
飛行機音は大きくはないものの、圧迫する様な低周波加害です。

朝から肩甲骨の間、この被害が始まる時に痺れていた所に殺人波を照射し続けています。
「痛い」「痛い」と言い続けながら、片付けていました。

座椅子に横になって暫く休み、また起きて片付ける。
一日中、こんな生活でした。
昨日、工事の大きな車が入ってから、ずっと痛みが続いています。

昨日、シャワーに入ると、給湯器が古い為に温度設定が出来なくなっていました。

不動産屋に電話をして業者と連絡を取って貰いました。
3時半前後に来ると言ったガス会社は、3時前に来ました。

給湯器のリモコンを押し、すぐに駄目と判断して不動産屋と相談すると言い帰りました。
この後、足の先を熱くされる加害が始まりました。
引っ越し当日も、稲城でも、ここでも足先が熱いままでした。

全ての事に邪魔が入るので、何でもなるべく早くしようと思っています。
シャワーも5時半位に入ります。

頭の防御を取り、裸で風呂場に入って湯を出そうとすると、昨日は使えたリモコンが、全く操作出来なくなっていました。
服を着て、頭の防御をして不動産屋に連絡しましたが、ガス業者は外に出ていて今日は来られないとの事でした。

もう、今日の仕事は止めたという事でしょう。
頭は痺れ、痛み、背中の痛みも続いて、大変な加害です。

今、またピーポーを数台という設定で音を重ねて流しています。
キーン、ブーン、近くのアイドリングの様な音、アチコチからのブライティングとやり放題です。
頭の防御のアルミも、厚くしてあるにも係わらず小さな穴が無数に開いています。

やはり、トントン拍子に決まった誘導された所です。
では、此処を止めて他を探したらどうだったか?
全てが仕組まれているので、同じ事です。

パソコンを始めると、久しぶりに眠くさせられました。
ウトウトすると、顎が胸に付き、その重さで胸が苦しくて目が覚めます。


今日のニュース ITmedia ビジネス ONLiNE より引用

2016年06月06日 12時38分 更新

「人工知能に期待する」が過半数 医療や自動運転、恋愛相手にも

AI(人工知能)に期待している人は半数以上――ビッグローブ調べ。

AI(人工知能)に期待している人は半数以上――ビッグローブによる意識調査でこのような結果が出た。

 AIに「かなり期待している人」が17%、「どちらかと言えば期待する人」が37%と、合わせて54%がAIに期待を寄せていることが分かった。

 期待する内容については「医療分野の発展」が52%と最も多く、次いで「自動運転」(40%)、「コミュニケーションの相手」(32%)などが続いた。中には、「恋人・パートナー」(7%)として期待する人もいた。

 一方、AIに脅威を感じている人は28%。「システムエラーによる事故や社会混乱」(58%)、「人類の知能を超えて、制御不能になる」(46%)、「仕事を奪われる」(25%)といったことに不安を感じているようだ。

 また、66%の人がAIと聞いて連想するものはソフトバンクの「Pepper」と答えた。次いで多かったのは米Google DeepMindの「AlphaGo」(23%)、IBMの「Watson」(20%)だった。

 5月20日~5月23日にネットで調査し、15歳~84歳の男女1114人が回答した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

引用終わり


車の運転も友人探しも、好きな人も人工知能にやって貰いたい。
本当に恐ろしい世の中です。

今日のニュースには、Sankei Bizで“【AI新時代】「ヒトラーは間違っていない!」…「悪のAI」育つ可能性も 人間が譲れぬ「一線」とは? (1/5ページ2016.6.6 16:00)”というのもありました。
是非、ご覧になって下さい。


今日も3時過ぎに起こされ、ウトウトして4時過ぎに起きました。

寝ている時にも下からの照射で、腰の辺りまで痛くなりました。
洗濯をしない時間だけ遅く起こす事で、後のタイミングを合わせやすくしている様です。

身体攻撃も同じで、洗濯を干す時間の分、殺人波を他の所で照射します。
直ぐに顔が上げられなくなり、顎が胸に付いてしまいます。
歯を磨き、口を漱ぐのも大変で、水を口に入れられません。

食事の片付けをして横になりました。
寝ても身体攻撃は360度から、頭の重さを首で支えないだけ、いくらかマシというところです。

今日は、被害記録の整理をしました。
引っ越しのドサクサに紛れて、無くなっては大変です。
痛いのを我慢しながら、何とか分かる様に出来たと思います。

この様な事をすると、直ぐに殺人波を首、背中、頭に照射して来ます。
威嚇する様な飛行機音や、重低音車、パイクを吹かしたりします。

以前に書いた物を整理している時に、平成25年に肩甲骨に照射され痺れていると書いてあるのを見付けました。
裏に若い夫婦が来た時から、背中に加害を始めていた様です。
ここから生体信号を盗み、今の奇形になる加害が出来るという事なのでしょうか?

比較的静かだったベランダが、元と同じに鳥が騒ぎ、ガタガタと大きな音を立てる様になりました。

パソコンを始めると、今迄はコツコツ、コソコソと音がしていた室外機とは反対側のベランダで、機械でも動かす様な大きな音がしています。

ベランダが静かだった間、大騒ぎをしていたお手洗い、お風呂場の向こうは静かになりました。
一体、何を目的としているのでしょう。
加害は一日中酷く、ちょっとした事をするにも首に響きズキンと痛みます。


今日のニュース zakzak by 夕刊フジ より引用

相次ぐ騒音殺人 “危険な隣人”にはどう対処すればいいのか

2016.05.23

ご近所トラブルが最悪の事態を招いた。19日、東京都江戸川区と兵庫県尼崎市で騒音を巡る争いが原因とみられる殺人事件が相次ぎ発生した。江戸川区ではアパートで、尼崎市では集合住宅で、どちらも1階の住民が2階の住民を襲撃。“危ない隣人”から身を守るにはどうすればいいのか。

 江戸川区東葛西2丁目のアパートで19日午前2時45分ごろ、男の声で「2階の男性を拳銃で撃った。これから自分の頭を撃つ」と110番があった。警視庁葛西署員が駆けつけると、1階の部屋に加害者の男(73)、2階に被害者の男性(54)が倒れているのを発見。いずれも頭部に拳銃で撃たれたような傷があり、死亡が確認された。

 それから約14時間後の同日午後4時45分、兵庫県尼崎市下坂部3丁目の路上で、母親(61)と娘(33)の2人が無職、豊島速夫容疑者(67)にハンマーで殴られたり、包丁で刺された。母親は重傷を負い、娘は後に死亡。殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された豊島容疑者は、付近の集合住宅1階に居住し、被害に遭った母親は2階に住んでいた。

 「2件とも騒音をめぐるトラブルが事件の引き金となった。いずれも1階の住民が2階の住民を強い殺意を持って襲う点が共通している」(捜査関係者)

こうした事件に巻き込まれないためにはどうすればいいのか。

 「安心できない時代の生き方」(PHP研究所)の著者で防犯アナリストの梅本正行氏は「騒音をめぐるトラブルが殺人に発展するのは今に始まったことではない」と話す。この種の事件では、騒音に関して住民同士の認識のずれが解消されずに事態が悪化し、最悪の結末を迎えるケースが多いという。

 「騒音の“被害”は、受ける方が深刻に受け止めても音を出す方は鈍感になりがちだ。事件に発展するまでには、クレームの頻度が増すなどの予兆が必ずある。『人間は追い詰められたら何をするかわからない』としっかり認識しておくことが肝要だ。異変を感じたら、引っ越しをするのが一番の対処法。すぐに動けない場合は、しばらく自宅を空けるなどの冷却期間を設けるのも有効だ」(梅本氏)

 予兆を見逃してはいけない。

引用終わり 下線は私


私の引っ越しは、隣の家で朝から「南妙~」とずっと声立てを始めたのが切っ掛けでした。
次のマンションも、隣が夜中に引っ越して来、不特定多数の人が出入りし、夜中にドタドタと動き回り、カチャカチャと瓶が当たる様な音をたてながら出入り、私の家の窓の前に立ち、覗いている様な感じでした。

公団に引っ越すと、上階で足踏みドンドン、重低音の響く音楽をかけ、お手洗いに入ると上でラジオの音、お風呂に入るとチョロチョロとコップ一杯位の水を流す音がしたりと薄気味が悪く、公団内で引っ越しました。

ここで隣からの嫌がらせ、階下からのテクノロジー攻撃で、この犯罪に気付かされました。

千葉へ引っ越すと、階下で深夜にドン、バン、ギーッ等嫌がらせ音。
深夜2時頃にピアノの音、叫ぶ様な歌声でした。

稲城市に引っ越すと、近隣の嫌がらせ音、飛行機、ヘリ、重低音車、犬の吠え立て、布団を叩く音、近くでの大声立て。

アパートへ引っ越すと、上記に加え、バイク、急ブレーキ音、クラクション、鳥の大騒ぎ、笑い声立て。
小学校で大音量の音楽、アナウンス、太鼓、キーキー、キャーキャー等々。

上記のニュースの方達は、この犯罪に関係があるかどうかは分かりません。
この犯罪の関係者としても、どちらが被害者で、加害者か分かりませんが、殺すという事は、余程の事と思います。

防犯アナリストが【引っ越しをするのが一番の対処法】と言っていますが、とんでもありません。
引っ越しをしても、そこには加害者が待ち構え、余計に酷い加害を始めます。
被害者は引っ越すな!が鉄則です。

警察に相談しても全く動かず、下手をすれば精神科に誘導されてしまいます。

上記の様な事件を防ぐには、集団ストーカー、テクノロジー犯罪を解決するしか道はありません。
集団ストーカーの被害者を危険人物扱いにしていますが、組織的に嫌がらせをする人々と、どちらが危険人物でしょう。

このアパートでも騒音の苦情を言っているのは私の階下の男ですが、バンッ音立てを始めたのは階下です。



今日も朝から身体攻撃が酷く、頭、上半身、腕まで痛くなっています。
照射している側が痛くなるので、今はベランダ側、右側がとても痛くなっています。

レコーダーによって、音の入り方が違う様に思います。
重低音は録り難いのですが、前に買った物が比較的に良く入ります。
でも、これも故障していて、イヤホーンでないと音が全く聞こえません。

飛行機、ヘリ、重低音車の嫌がらせが増えたので、このレコーダーで録り始めました。
すると、イヤホーンを耳に入れて聞く時を狙う様になりました。

聞こうとする前から目立つ音を立て、いざ聞き始めると小さい飛行機音などを流します。
頭が痺れて来たり、イヤホーンを入れていない耳の方に、キーンと高い音が入ったりします。

耳に綿棒を入れる時にも目立つ合図をしています。
脳の情報でも盗れるのでしょうか。

身体攻撃が酷くなってから、周囲で変な音が多数する様になりました。
「キーン」という音も高低、様々です。
「キンキン」「ブーンブーン」「ブーン」「ピロピロ」「ヒュ~~ン」。

大きな音なので、夜、静かになった時には良く分かります。
このほか、表現仕様の無い変な音がしています。
一体、何の波動が来ているのでしょうか。

数か月前から肛門にも加害波が来ています。
直腸癌でも作りたいのでしょうか。

腹部にも加害波が来ているので、お腹がグルグルとしょっちゅう鳴っています。
腹圧も上げている様です。
一戸建ての時は、この様な事はありませんでした。


今日のニュース テレ朝news より引用

「ふざけてやった」消防副署長ら、部下に何度も暴行(2016/04/05 16:13)

消防署の幹部らが部下の顔をたたくなどの暴行を繰り返していました。

 千葉県流山市によりますと、先月、南消防署の男性署員(22)から、「上司に暴力や暴言を繰り返され退職に追い込まれた」などと書かれた文書が届きました。市が調べたところ、男性副署長(55)ら5人が去年の夏ごろから、日常的に男性署員の顔を平手でたたいたり、「殺すぞ」「死ね」などの暴言を繰り返していたことが分かりました。市に対し、5人は「指導の延長からふざけてやった」などと話しています。男性は先月31日付で退職しています。

引用終わり 下線は私


幹部が部下に指導して、その延長で何故ふざけるのでしょう。
暴力、暴言はふざけている事にはならないでしょう。

家に居ても、外出しても「ピーポー」を何度も聞かされています。
救急車、消防車が付き纏いに出て来ます。
まさか、ふざけてはいないですよねぇ…。

集団ストーカーの被害者も職場での【イジメ】を訴える方が沢山いらっしゃいます。
仄めかしで、暴言を吐かれている被害者の方も多いです。
集団ストーカーは自殺強要ストーカー、それだけで人を殺せる、殺人行為です。

消防の男性は被害者ではありません。
被害者は何処へ訴えても取り上げて頂けませんから。


昨日の記事に、背中の痛みが少なくなったと書きました。

パソコンを止めて寝る前、小学校に背中を向けて服をたたみました。
首が動かないので、何をするにも時間が掛かりますが、まさか10分も同じ姿勢でいたとは思えません。

この間に背中を絞められ、後頭部を押されていたようです。
横になろうとすると、どちらを向いても頭から背中まで痛く、どうしようもありませんでした。

道では重低音車がゴーゴーと走っていました。

先日、大阪のデモに行った帰りに、駅ビルで買い物をして来ました。
見た事もない物が沢山置いてある店があり、色々と楽しんで買い物をして来ました。

保冷剤を入れたままに冷蔵庫へしまった物を出すと、品物が一つありませんでした。
これは、家宅侵入ではなく、店で入れなかったのだと確信出来ます。
スーパーでの被害も大変多いからです。

今日は宅配が来る木曜日でした。
ここを頼んでから、木曜日の身体攻撃、嫌がらせが大変酷くなりました。

先々週に来た野菜セットのジャガイモは、全てに黒い斑点があり、一つは中まで腐った様になって食べられませんでした。
後は勿体ないので、悪い所だけ取って食べましたが不味かったです。

具合が悪いのも、この様な物を食べているのも一因かも知れません。

先週は野菜セットに玉ねぎが入っていました。
今日食べようとすると、下に穴が開いて黒く腐っていました。
これも捨てましたが、ジャガイモも、玉ねぎも、袋詰めにする時に分かると思います。

私が捨てるのを勿体なく思い、食べる事を知っている加害者が、わざとその様な物を持って来ます。
表面上は分からなくても、これだけの事をやるのですから、何を食べさせられているのか分かりません。

ここは無農薬、有機栽培を売りにしている所なので、安い品物ではありません。
とてもがっかりしています。

今日も被害は酷く、朝から心臓加害、陰部加害。
首から背中全体が痛く、一日中防御に明け暮れていた感じです。
足も午後からはずっと熱くされ、マイクロ波も頻繁に照射されました。

小学校は春休みの筈ですが、声立ても多く、付き纏いがウロツキ回っていました。

ガンガンガチャガチャギ~っと嫌がらせの為の鉄扉がアチラコチラにあり、一日中合図をしています。
ゴミ車は一度しか来ないはずですが、行き止まりの道をピーピーと車もウロツキ回っていました。


今日のニュース ITmedia ニュース より抜粋

縄文時代は“平和”だった 暴力死亡率は1.8%――「戦争は人間の本能」は誤り?

2016年03月31日 12時49分 更新

縄文時代には、暴力による死亡率は1.8%と極めて低かった――そんな研究成果を、山口大学と岡山大学の研究グループが3月30日に発表した。「戦争は人間の本能である」という国際的な主張の再考を促し、考古学・人類学の視点から、戦争の原因を探る可能性を示唆している。

邵・枚譎ゆサ」_convert_20160331210552

暴力の証拠が見つかった情報の遺跡の分布図

約1万年に及ぶ縄文時代の人骨を全国242カ所から2582点収集し、暴力による死亡率を数量的に算出した。傷を受けた痕跡があるものは23点で、暴力による死亡率は約1.8%となった。他国や他時代の暴力死亡率と比べると、5分の1以下と極めて低いことが判明した。

 「いつから人間は戦争を行っていたのか」という問題は、これまでもさまざまな観点で研究、議論が進んできた。ヨーロッパを中心に狩猟採集民時代の大量虐殺を示唆する人骨が発掘されるなど、先史時代から「戦争は人間の本能である」とする主張も根強い。同研究グループは、これらの主張はあくまで欧米やアフリカのごく一部で発掘された人骨データによるものであり、人類全体に一般化できるかを疑問視してきたという。

 研究成果を受け「戦争が人間本能に根ざしたものと簡単に言うことはできず、他の要因にその原因を求めなければならない」と示唆。戦争や紛争を回避するには、環境や文化、社会形態など、外部的な要因の見直しと解明が必要――と結んでいる。

 成果は、英科学雑誌「Biology Letters」に30日付で掲載された。

抜粋終わり


日本でも戦争中に毒ガスを製造していたのを御存知でしょうか。
今も後遺症で苦しんでいる方がいらっしゃいます。
是非、動画を御覧下さい。

抗ガン剤で殺される 船瀬俊介氏 証拠証言集48




縄文時代に生まれても、被害者は少数の暴力死に入るのでしょうか。
私が死んだ時には、解剖をして暴力死を確認して頂きたいと思います。
自然死、事故死、自殺に見せ掛けられるのでは堪りません。


««前のページ  | ホーム |  前のページ»»