プロフィール

pgha1117

Author:pgha1117
しゅうちょうと申します。
もう引っ越しはしないと決めていましたが、またもや引っ越す破目になり、ブログを立ち上げる事にしました。
テクノロジー犯罪、組織的ストーカーの被害記録を綴ります。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ほぼ静か

今日も1時近くに布団に入りました。
尿意で起こされ、階下で時計を見ると2時48分でした。
布団に戻りラジオをつけて音楽を聞いている内に眠ってしまいました。

次に起こされると明るくなっているので起きました。
階下へ下りると4時43分でした。
最近このパターンになっています。

13時57分 御飯を炊く前に ピーポー! 近くから鳴らし、数回で止め
        ました。
18時00分 髪を乾かし頭の防御。 首の後ろに手が行くと ウ~! 
        子供の声立て! 電線の工事をする様な、電信柱から電
        信柱まで動いて作業をしている様な車の音!
21時11分 ブログを書いている途中、お手洗いに行くと ピーポー!

今日、聞こえたのはこれだけでした。
あとはオルガンで弾いている様なピーポーピーポーという小さな音がしていました。

飛行機音はいつもと同じ様に8時過ぎから始まりました。
始めは軽飛行機の様な音でした。
9時を過ぎると、いつもの様にグ~ッという押し付ける様な音が多くなりました。

目立つ大きな音が無かっただけで、いつも通り大量です。
バイク、車も何台もうろついています。
工事の音はありませんでした。

飛行機音の他は、ほぼ静かです。
何かを虎視眈々と狙っている様で不気味です。
転倒させられない様にしよう…。

今日も朝から圧迫が酷く顎が胸に付いて押している所が痛いです。
脚への加害が酷く、痺れと痛みで歩けなくなりそうです。
いつでもどこでも痰が絡み、呼吸妨害で咽ています。



今日のニュース 神戸新聞 NEXT より引用

盗撮や付きまとい46件 県規制対象後11カ月で
2017/7/14 13:00 神戸新聞NEXT

神戸新聞

公共の場所以外での盗撮や近隣トラブルによる付きまといなどを規制対象に加えた改正兵庫県迷惑防止条例が施行され今月で1年。新たな規制を適用された事件が5月末までの11カ月間で46件あったことが、県警への取材で分かった。学校の教室や公衆トイレで盗撮などをする「卑わいな行為」が28件、正当な理由なく付きまといなどをする「嫌がらせ行為」は18件だった。(石川 翠)

 改正条例は2016年3月に改正され、同年7月1日に施行された。従来の条例が禁じていた「公共の場での卑わいな行為」の範囲を拡大。スマートフォンによる盗撮行為などは、以前から対象だった駅や道路などの公共の場に加え、公衆トイレや更衣室なども禁止になった。また、ストーカー規制法が適用できない嫌がらせ行為についても規制できるようになった。
 
県警生活安全企画課によると、昨年7月~今年5月に摘発した卑わいな行為は、駅トイレや住宅浴室などでの盗撮が26件あったほか、公共の場所に盗撮目的でカメラを設置した事案も1件あった。昨年8月、南あわじ市立小学校の校長(懲戒免職)が校内の更衣室にカメラを設置したとして書類送検された事件には同条例が適用された。
 嫌がらせ行為は「女性への押し掛け」と「ネットの書き込みなどで名誉を傷つける行為」がいずれも4件、「女性への付きまとい」と「わいせつな写真を送りつけるなどして辱める行為」も3件ずつだった。県警はいずれも容疑者を逮捕、書類送検。県警は「禁止行為を広く周知し、安全な生活を守りたい」としている。

引用終わり


集団ストーカーの付き纏いや嫌がらせには適用されそうもありませんね。
毎日、襖が揺れる様にドアをバンバンとやられていると言っても通じないでしょう。
不特定多数の人が付き纏って来ると言っても相手にして貰えそうもありません。



原発反対の人を非国民ならぬ非県民と言うそうです。
日本はこんな国…。
忙しい方は10分過ぎ頃から聞いて下さい。


講演【フクシマ、原発、そして…今】 その5:言葉の変遷



過去の事

この犯罪に気付かされた時はパニック状態でした。
周りの全ての人が疑わしく、友人も変だと思いました。
家に居る事も出来ずに遅くまで外を歩き回っていました。

被害者の会で他の被害者の話を聞くと、色々な事が分かって来ました。
私を今の状況に追い込む為には、相当前から情報収集をしていた筈です。
振り返ると、変だと思う事は沢山ありました。

そして私だけがターゲットではなく、一家を狙った犯罪だという事も分かりました。
もう両親は亡くなり、被害と思われる事があった時の状況を聞く事も出来ません。
取り敢えず、私が分かる事だけは書いておこうと思いました。

まだ書けない事もあります。
これらを書ける時が来るかどうかは分かりません。
生きているうちに書けたら良いのですが…。


最近、寝る前にパソコンで落語を見ています。
好きな本も読めなくなり、旅行にも行けなくなりました。
食べる事位しか楽しみがなくなりました。

その食べる事さえも作る時から様々な妨害をされます。
食べ始めれば飲み込み辛くされ、咽させられ落ち着いて食べる事も出来ません。
それで落語を見る様になりました。

桂枝雀さんを見ながら、何故この方は自殺をしてしまったのだろうと残念でなりません。
話をしている最中に、ふっと表情が変わる時があり何が原因なのだろうと思ってしまいます。
話が横道に逸れました。

昨夜も落語を見始めると、そこからネット妨害が始まりました。
誰のを見ようとしても【このページは表示できません】となりました。
織田哲郎の歌も駄目でした。

気象庁の週間天気などは見る事が出来ました。
要するに私の邪魔、妨害なのでしょう。
1時近くに接続出来ましたが動作が遅く、パソコンを切りました。

1時02分  お手洗いへ下りる前に ピーポー!
1時15分頃に布団に入りました。
尿意で起こされ、階下で時計を見ると2時43分でした。

布団に戻りラジオをつけましたが雑音で聴き取れませんでした。
周辺の変な音を聞いている内に眠ってしまった様です。
起こされると昼間の様に明るくなっていました。

起きて階下へ下りると4時52分でした。
2時過ぎに起こされた時に防御の一部を外しています。
そこを狙う為に眠らされている様に思います。

7時19分  髪を梳かし頭の防御を終ると 小さな音で延々と ピーポー! ベランダからラップ様の音が多!
今日はピーポーが少な目だった様です。
代わりに?ピーピー車が度々位置替えをしていました。

9時02分  久しぶりにカレーを作りました。 野菜を切り終わると 飛行機音 大!
以後もグ~、キーン、様々な大音量の飛行機音を聞かされました。
この様な時は夜になっても大きな飛行機様の音を立てています。

今日も工事の音はタイミングに合わせた数分間を数回だけです。
大きな車の動く音だけはしょっちゅうでした。
工事様の音はアチコチでしています。

今日も起こされた時から圧迫が酷く、首が動きません。
脚への加害が酷く、痺れ、熱感、、痛み、脱力感で動きません。
パソコンを始めてからもウトウトと眠らされ、朦朧としています。



今日のニュース Hazard lab より引用

世界中で同時出現した巨大竜巻の恐怖!欧州〜北米で目撃
 2017年07月13日 18時22分

トルネード
オーストリア・ウィーン国際空港近郊に出現した巨大トルネード(撮影:Olga Bystrina/World Weather Nerd)

今月10日から11日にかけて世界各国で巨大トルネードが相次いで目撃された。ご存知のとおり、竜巻多発地帯のアメリカでは「ストーム・チェイサー」と言って、竜巻を専門に追跡するプロ集団も多く、『イントゥ・ザ・ストーム』や『デイ・アフター・トゥモロー』などのパニック映画が多数作られているが、ご紹介するのはオーストリア・ウィーンとカナダ中部だ。
 
 ウィーンから18キロほど南東に位置するウィーン国際空港では、今月10日、搭乗客の多くが空港に迫りくる巨大な竜巻を目撃した。この日、中央ヨーロッパ各地では、オーストリアの隣のハンガリーやスロヴェニアでも、「スーパーセル」と呼ばれる巨大な積乱雲が発生し、雷を伴う豪雨をもたらした。
 
 10日から11日にかけては北半球の広い範囲で竜巻が相次いで報告されており、大西洋の向こう側のカナダ中部のサスカチュワン州では11日夕方、「ビースト(野獣)級」の積乱雲が発生。カナダから米国中部にかけて広い範囲で複数の竜巻が目撃されている。
 
 米国や中央ヨーロッパでは、北極からの寒気と、南(カリブ海や地中海)からの暖かな空気が衝突して、大気が不安定になったときに竜巻が発生しやすくなる。竜巻は上空にいくに従って、はっきりとした時計回りの回転に変化し、巨大な積乱雲「スーパーセル」に発達する。

セル
カナダ中部サスカチュワン州サスカトゥーンに11日に発生したスーパーセル。手前の教会を呑みこむ勢いで近づいてくる(Beth Allan@adolwynさんのTwitterアカウントより)

セル
同じ日には、カナダ国境に近い米国中部のノースダコタ州からミネソタ州にかけて、上空を不気味なスーパーセルが覆った(Chad Cowan@stormtimelapseさんのTwitterアカウントより)

引用終わり


日本でも被害の起こる様な竜巻が出来る様になりました。
HAARPは関係無いのでしょうか。
更に強力になれば、台風と並んで脅威になります。


ヤマト運輸

今日は宅急便の時間指定を午前中にしていました。
12時半を過ぎても業者は来ませんでした。
以前、眠らされている間に来て不在票を入れて行かれた事がありました。

生ものが入っているので今日中に受け取りたいと思いました。
午前中に眠っていた気はしませんでしたが朦朧とさせられる時があり、そこを狙って来ます。
頭の防御を外し、ポストを見に行きました。

不在票は入っていませんでした。
二階へ上がって頭の防御をやり直すと、車の音も無くインターホンが鳴りました。
12時59分 クロネコヤマトが荷物を持って来ました。

玄関を閉めても車の音はしません。
業者と荷物は一体どこから来たのでしょう。
12時~14時指定の時はお昼前に来たクロネコヤマト。

午前中の指定にすると午後に来るクロネコヤマト。
稲城市の借家の時から車の音はしなくなりました。
業者に聞くと「走って来ちゃいました」と言いました。


今日も1時近くに布団に入りました。
尿意で起こされ、お手洗いへ下りようとすると ピーポー!
下りてお手洗いへ入るとまた ピーポー!

時計を見ると2時44分でした。
布団に戻りラジオをつけると天気予報、3時の時報。
中森明菜の特集を聞いていると ピーポー! 延々!

このピーポーで催眠術の様に眠らされてしまいました。
織田哲郎の深夜便の歌は今朝も聞く事が出来ませんでした。
起こされると明るくなっていたので起きました。 4時22分。

7時00分  足の爪を切ると ピーポー!
今日は午前中ほとんど二階にいました。
ピーポーは小さく、近隣も不気味に静かでした。

12時12分 洗い物に下りると 家の上だけ数秒間の不自然なヘリ音!
クロネコヤマトが荷物を持ってきた後、同じヘリ音 4回!
低周波の飛行機音も、妙な上空の音も多く聞かされました。

工事ガンガンもいつも通り、タイミングに合わせる時だけでした。
シャワーを浴びようと服を脱ぎ始めるとインターホンが鳴りました。
無視していると携帯に着信がありました。

これも通販の荷物で、配送はヤマト運輸になっていましたが来たのは西濃運輸!
伝票番号もネットに反映されなかったとお店からメールが来ていました。
本当にあっちもこっちも絡んでやっています。

今日も朝から圧迫が酷く、顎も胸も痛いです。
大量の鼻水と痰で呼吸妨害、どこかを刺激する事で作れるでしょう。
手足がビリビリと痺れて痛いです。



今日のニュース VIET JO より引用

世界初、幻の動物「サオラ」繁殖センターをベトナムに建設へ
2017/07/12 06:32 JST配信

 ベトナムとラオスに分布する絶滅危惧種の動物「サオラ」を保護すべく、北中部地方トゥアティエン・フエ省のバックマー国立公園で世界初となる「サオラ繁殖センター」が建設されている。同センターは、2017年末または2018年年初にも完成する見通しだ。

 これは、農業農村開発省が国際自然保護連合(IUCN)種の保存委員会(SSC)傘下のサオラワーキンググループ(SWG)と協力して進めているもの。

サオラ

「ブークアンオックス」や「ベトナムレイヨウ」とも呼ばれるサオラは、約50センチの長い2本の角を持つウシ科の動物で、ベトナム西部からラオス東部にかけての森林などに生息している。1992年に発見されたが、捕獲が極めて難しいため、「幻の動物」とされている。

 繁殖に向けた最初の任務は生きた個体を探すことだが、最後に生体が捕獲されたのは2010年8月、ラオスでのこと。しかし、サオラの専門家が少ないことや特別な世話が必要なことから、捕獲できても長く生きられず、この時もラオス政府が組織した専門家が現地に到着する前に死亡したという。

 直近では、2013年9月に世界自然保護基金(WWF)とベトナム森林保護局が南中部沿岸地方クアンナム省のアンナン山脈の山中に設置したカメラで、生きたサオラの姿が15年ぶりに確認されている。

[L.Quynh, Nguoi Do Thi, 08/07/2017 - 23:13 PM, A].  © Viet-jo.com 2002-2017 All Rights Reserved. 

引用終わり


人間の目に触れないようにすれば絶滅しないで残っていけるでしょうか。
生きていける自然の環境を残して欲しいです。
オランウータンも減っているとか…。
森の人とも共存していった方が、人類も長持ちするのではないですか。


髪はずっと長くしていました。
ショートにして毎月美容院へ行く様になったのは25才を過ぎた頃だと思います。
頭部が右に傾いているのを美容師さんに直される事もありました。

いつ頃から首が曲がっていたのか、ハッキリしません。
美容師さんに直される前から自覚していたと思います。
首に加害波の攻撃が始まったのは稲城市のアパートからだと思っていました。

先日思い出したのですが、被害初期に首、肩、肩胛骨の辺りに痺れを感じていました。
被害者の会で、光による加害は鏡で防御出来る事を知りました。
首から鏡を下げて肩と肩甲骨の辺りに行く様にして生活していました。

寝る時に外すだけで、家の中でも外でも鏡を入れていました。
数か月、もしかしたら1年位もそんな生活をしていたと思います。
その内に痺れを感じなくなり、止めたのだと思っていました。

たぶん痺れを感じる加害波ではなく、他の物でずっと攻撃を続けていたのでしょう。
一度始めた加害は止める事が無い様に思います。
形を変えて執拗に狙って来る犯罪です。


今日も1時近くに布団に入りました。
起こされてラジオをつけると2時過ぎでした。
知らない洋楽を2曲聞くと天気予報、3時の時報でした。

俳優が唄った歌特集を聞き、織田哲郎の歌を聞き始めると眠らされてしまいました。
起こされると4時のニュースが終わったところでした。
2時過ぎから周囲ではゴーゴー音、バイクもうろついていました。

5時29分  食事を終わりゴミを纏めていると ウ~!
今日は火曜日、早朝からウ~で始まりました。
以後も毎日やる事を始める前にはウ~、ピーポー!

12時02分 食事を終わりゴミを纏めていると 頭上ヘリ音!
朝食ウ~、昼食ヘリ音! 異常!
14時39分には襖がガタガタと揺れる共振ヘリでした。

今日も早朝から飛行機様の音を立て続けていました。
シャワーに入る前と出た後には轟音の飛行機でした。
今日もしつこくバイク、車、ピーピー車がうろつきました。

工事の音は食事、お手洗い、シャワーの時だけです。
大きな音でガン!ガシャン!と嫌がらせ!
音を立てない時は静かにして眠らせようとしています。

今日も朝から圧迫が酷く、顎も、押されている胸も痛みます。
何かの音を合図に手の痺れが酷くなり、利かなくなります。
眠らされた後は脱力感で、足を引きずって歩いています。



今日のニュース Infoseek 楽天 NEWS より引用

エスカレーターで車いす転落、巻き添えの女性死亡 高松のニトリ店舗、無料貸し出し車いすで
産経ニュース / 2017年7月11日 19時57分

 高松市上天神町の家具インテリア店「ニトリゆめタウン高松店」の上りエスカレーターで10日、車いすの妻(79)と付き添いの夫(81)=いずれも同市=が転落し、後方にいた女性(76)が巻き込まれて死亡したと11日、香川県警が発表した。妻は肋骨(ろっこつ)を折るなどの重傷、夫も左腕に軽傷を負った。

 夫婦はゆめタウンで無料で貸し出されていた車いすを利用。エスカレーターでの車いすの使用は禁止されていたが、夫は「エスカレーターがそこにあったのでつい乗ってしまった」などと説明しており、県警が詳しい状況を調べる。

 事故は10日午前10時40分ごろ発生。夫が車いすの妻を2階から3階に向かうエスカレーターに乗せていたところ、3階の降り口付近でバランスを崩し転倒した。段差に引っかかったとみられる。夫婦の後方にいた渡辺清美さん=同市=が巻き込まれ、エスカレーターの中段付近まで転落。全身を強打し、同日夜、搬送先の病院で死亡が確認された。

 店の従業員が駆け付け、エスカレーターを緊急停止させた。妻と車いすは、エスカレーターの乗り口付近まで転落したという。

 同店によると、エスカレーターの乗り口付近には「車いすのご利用はご遠慮ください」と書かれた看板を設置していた。

引用終わり


貸し出しの車椅子との事で、普段から使い慣れている訳ではない様ですね。
車椅子も自分の手足と同じ様に動かすには時間が要ると思います。
便利だけに気を取られると危ないです。



誰も責任を取れない…。


13分「福島原発事故で亡くなった方、今も続く健康被害。誰が責任をとれるの?」守田敏也さん舞鶴講演より#4



先日のニュースで子供の遊ぶ声は騒音かというのを載せました。
すると昨夜19時半頃から近くで大人と子供、会わせて10人位も居たでしょうか、声立てを始めました。
目だったのは男のわざとらしい笑い声と、子供が時々キー、キャー。

最近は外で何が有っても見もしません。
昨夜は久しぶりに窓から覗いて見ました。
向かいの左側の家の玄関に電気を点け、玄関前に何か置いてありました。

女がそこから何かを取ると私の窓の下へ来ました。
窓の下には3.4人の子供がいました。
そこで何かをすると、私の家の外階段の方へ移動して行きました。

わざわざ私の家の近くを動いているのでストーカーに間違いないでしょう。
花火をやっているのかと思ったのですが、その様な音は一切ありませんでした。
御手洗いに下りた時に見て部屋に戻ると20時半頃に静かになりました。

全ての声が遠ざかって行きました。
以後も向かいの家に帰って来て片付ける音はしていません。
加害者がやる事に起承転結はありません。

工事もそうです。
朝来て挨拶をして仕事を始め、終わって片付けて帰るという一連の音はありません。
工事の進捗状況によって音が変わって行くという事もありません。


今日も1時近くに布団に入りました。
暑さと息苦しさで途中で防御を外しました。
起こされるとラジオは聞こえず、明るくなっていたので起きました。 4時19分。

7時46分  お米を研いでテーブルで土鍋に入れ始めると ピーポー! 手の痺れが酷くなりました。
以後も12時50分に佐川急便が来るまで、しょっちゅうピーポー!
午後からは少なくなりました。

8時59分  煮物、お鍋に調味料を入れる前に 飛行機音 大!
以後も飛行機、ヘリの大音量を何回も聞かされました。
今日も早朝からバイク、車、ピーピー車がうろついています。

朝から圧迫が酷く、顎も胸も痛みます。
大量の鼻水と痰で息苦しく、咳が出ます。
脱力感、筋肉操作でしょうか、体中が動かせなくなります。



今日のニュース Aol. より引用

亡なった親友のためにエサを半分残し続ける犬
AOL News Staff  2017年07月10日 11時55分

18歳のイーストン・デューファーさんは、家で飼っていた犬を1頭亡くした。ツイッターでは、残されたもう1頭の行動を伝えているのだが、それを読むと胸が張り裂けそうになる。

アイダホ州のデューファーさん一家は、スティッチとクッキーという名前の2頭のラブラドルレトリバーを飼っていた。2頭は、おもちゃや大好きな骨を共有し合い、エサや水のお皿は一緒の物を使うなど、とっても仲良しだった。

餌

「この2頭の姿を見たい方はこちら(スティッチが上でクッキーが下)」

デューファーさんによると、クッキーはスティッチに半分エサを残すように訓練されていた。「クッキーは子犬の頃から、スティッチのためにエサを半分残すことを分かっていた(スティッチはクッキーがちゃんと食べるのを確認していた)」という。

そして、先日、スティッチはこの世から去ってしまったが、クッキーはエサを分けるのを止めないという。未だに用意された半分の量を食べ、いつでもスティッチが食べられるようにしているのだ。以下は、そのお皿の写真だ。

餌

米メディア『Today』によれば、クッキーは「習慣」で餌を残していると専門家は説明するが、デューファーさんは、クッキーなりのなりの追悼の仕方だと信じているようだ。

引用終わり


私もクッキーが習慣で餌を残しているのではないと思います。
犬にも人間と同じ様に感情や知恵や個性があると思います。
もしかしたら、人間以上のものも…。


««前のページ  | ホーム |  前のページ»»